医療用ウイッグの必要性

ここではAGA(男性型脱毛症)での薄毛についての説明ではなく、円形脱毛症あるいは抗がん剤や薬物によって薄毛になったり髪が抜けてしまった方の為にお役にたてる情報をお送りしたいと思います。

現在、日本で4人に1人はガンになる世の中ですがガンの治療として抗がん剤が多く用いられますが、その一方で抗がん剤の副作用によって髪が一時的に抜け落ちてしまう副作用もあるのが現状です。

医療用ウィツグは一般的に抗がん剤の影響などで髪が抜けてしまった場合に多く利用されていますが

一般的に医療用ウイッグは髪のカラーの種類や髪質、ヘアスタイルの種類が一般のおしゃれウイッグより種類が少ないのが欠点でもありました。

医療用ウイッグは毛量はおしゃれウイッグよりも多く通気性も良いなどの改良もされてはいますが、やはり医療用ウイッグとおしゃれウイッグではヘアスタイルに関してはおしゃれウイッグの方がスタイルが豊富であり、抗がん剤などの影響で髪が抜けてしまった方でもおしゃれウイッグを着用される方が増えているようです。

大手カツラメーカーでは、外出できない・したくない方のために訪問サービスがあります。

自宅や病室へ無料で訪問してもらえます。

脱毛のために外出できず塞ぎこんでいた方が、訪問サービスでウィッグを購入し笑顔を取り戻したという話はたくさんあります。

ウィッグにより以前の姿に戻ることで気持ちが前向きになり、治療を乗り切る助けにもなるのです。

塞ぎ込んだ気持では体の免疫の低下してしまいますので、気持ちを前向きにすることで体の免疫もアップして心も明るくなれます。

医療用ウイッグはそういった観点からもすすめられています。

また訪問サービスでは、専門店のサロンと同様に専門家のアドバイスを受けながらウィッグを選ぶことが出来ます。

利用の際は事前に予約が必要ですのでメーカーに問合せてみてください。

これからの新しいサービスとして美容室が医療用ウイッグが必要な方の為に新しいサービスとして、お店やサロンに来店しなくてもいいように、自宅でオンラインによる遠隔で好みのヘアスタイルや髪型の調節などが出来る独自システムが出来ましたので今後、このブログで進捗状況を詳しく解説していきます。

医療用ウイッグとおしゃれウイッグの違い

一般的なウイッグと医療用ウイッグではどう違うのでしょう?
コチラをご覧ください。

医療用の部分用かつらの見分け方

一般的に、かつらには「医療用」と「おしゃれ用」があります。両者には明確な定義や区別する基準はありません。しかし医療用かつらは、主に抗がん剤治療や放射線治療によって生じる脱毛症や、円形脱毛症を対象にしており、肌への刺激や耐久性などで一定の品質を満たす必要があります。そのため医療用かつらは「JIS規格(日本工業規格)」という一定の基準をもとに作られているものが多い傾向にあります。この規格では、直接頭皮に接触するネット部などのパッチテストや、洗濯や汗によるによる耐久性試験をクリアしなければならない、などいくつかの細かい基準が定められています。

ただ、「医療用かつら」という名称はJIS規格を満たしていなくても商品に付ける事が出来るため、医療用かつらとして宣伝・販売されているかつらの全てがJIS規格を満たしている品質の保証された商品であるとは言い切れないため、そのことは心得ておくようにしましょう。

JIS規格を満たしているかどうかを確認する方法は、「Medウィッグマーク」の有無を確認することです。JIS規格を満たしている商品には「Medウィッグマーク」が表示されているので、このマークの有無で、品質が保証されている医療用かつらであるか見分けることができます。医療用かつらの購入を検討されている方は、名称だけではなく「Medウィッグマーク」が表示されているのかを確認することをお勧めします。

医療用・おしゃれ用かつらとJIS規格の有無

医療用かつら

・JIS規格を取得している商品・JIS規格を取得していない商品(※購入の際に要確認)

おしゃれ用かつら

・JIS規格を取得していない商品

オンラインクリニックより引用
https://port-medical.jp/media/articles/82

医療用ウイッグではJIS規格を取得しているウイッグと取得していないウィッグがあるようですので確認と美容師さんに頭皮の状態などを見ていただいて自分の頭皮状態にあったウィッグ選びが必要になります。

医療用ウィッグ・医療用かつらとは、病気やけがによる脱毛をカバーする為に作られたものです。
医療用は価格は通常のウィッグやかつらに比べて
高価ではあります。

しかし品質が良いものは、ウィッグだとまったく
わからないほど自然で、気持ちを前向きに変えてくれます。
値段の高価なウイッグが必ずしもすべての人に合うというものではありません。しかし、自身の髪の状態と頭皮の状態、そして何より大切な髪が抜ける前の自分に戻すことが出来るヘアデザインを再現できる美容師さんを探すのも大切な事です。

医療用ウイッグは昔と比べて種類が増えた、お洒落なセンスを盛り込んだとは言え、失われた髪の代用こそが本来の目的である訳です。

この失われた髪の代用

医療用ウイッグとおしゃれウイッグの大きな違いはここにあります。
おしゃれではなく、本来あるべき髪の代用こそ医療用ウイッグの大きな目的になります。

ですので、大きくヘアスタイルチェンジするのではなく今まであった髪の状態にウイッグで戻してあげることが重要であり、また気持ちの面でも明るくなれるのです。

また抗がん剤などの副作用の影響での脱毛でなく、円形脱毛症による髪の脱毛においてもこちらのポート社のオンラインクリニックにて紹介されていますので参考までに印用させていただきました。

https://port-medical.jp/media/articles/82

円形脱毛症は4つの脱毛パターンに分けられます。

分類 特徴
通常型円形脱毛症 髪の毛が部分的に円形に抜けた状態
・単発型:脱毛部が1つのもの
・多発型:脱毛部が複数あるもの
全頭脱毛症 脱毛部が頭全体に広がった状態
汎発性脱毛症 脱毛部が頭だけでなく全身に広がった状態
蛇行状脱毛症 髪の生え際が帯状に抜けた状態

部分カツラには、人工毛の植え付けられた特殊なフィルムを直接脱毛部に装着するタイプのものがあります。フィルムは半透明で薄く自然な仕上がりとなり、いくつかの種類から地肌の色にあったフィルムを選ぶことも可能です。さらに、自分の好みの大きさにフィルムをカットすることが可能なため、比較的脱毛範囲が狭い通常型円形脱毛症(単発型)に適しています。状態にもよりますが、5~14日程度装着することが可能で、クレンジングオイルを使用することで剥がすことができます。
円形脱毛症は頭頂部に出現するとは限らないため、通常型円形脱毛症の単発型では頭部どの部位でも装着しやすいフィルムタイプがお勧めです。

haircare_18.png

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア