どんな育毛サロンや育毛剤を使用しても効果なかった人が驚きの効果

しかも副作用のある医薬品治療でなく全く副作用の心配のないヒト幹細胞培養ローションで数か月で買ったがでています。

ヒト幹細胞ローションは最近では育毛にも注目されていますが、この体験者写真のような効果が出るのは、厳選されたハーブミックスとヒト幹細胞のカクテルミックスでないと効果が全くでない。

このハーブとヒト幹細胞のカクテルミックスを使用し、その浸透効果を最大限に発揮するポレーションの機械により最大限に細胞の奥まで浸透し毛母細胞を活性化します。

このヒト幹細胞とハーブのカクテルミックスとポレーションの機械について詳しく知りたい方はお気軽にお問合せください。

ヒト幹細胞は髪のもとになる細胞を作る働きをします。

普通に一般的な育毛剤は今ある髪を維持、あるいは髪の成長を促進して抜け毛を防ぐ役割になりますが、

ヒト幹細胞培養ローションは髪を発毛させる細胞を作る働きがあります。

従来の医薬部外品育毛剤は抜け毛予防や髪の維持。発毛に関しては従来の育毛剤は発毛して髪がフサフサになる事はまずありません。

あくまで、予防と維持になります。

ヒト幹細胞培養液のローションは髪の再生に必要な細胞を作り、髪を発毛する環境へと導きます。

結果として数か月で驚きの効果です。

ヒト幹細胞と植物幹細胞は違うのか?

「細胞の活性化」という言葉をよく耳にしますが、細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、はじめて活性が始まります。
つまり、カギ穴に当てはまるカギをさしてあげないとエンジンが掛からないのと同じなのです。

ジクソーパズルでもパズルの形が合わないと完成しないのと同じように、細胞にも合うパズルのピースと合わないピースがあるのです。
植物由来の幹細胞には、抗酸化作用やうるおいを与える効果があるといわれています。
しかし、そもそも植物の細胞にはレセプターとリガンドの仕組みはありません。


レセプターとリガンドの仕組みは動物特有の情報伝達手段
で、植物の場合は細胞膜のマイクロチャンネルという経路を通じて命令物質が出入りする仕組みです。

このように、植物の細胞と人の細胞では、仕組みがまったく異なるので、人の細胞のカギ穴(レセプター)にピッタリ合うカギ(リガンド)を持っているわけではないのです。
このため、植物の幹細胞由来の成分が人の細胞に対してどのように作用するのかは、明らかではない点も多いのです。
それに対して、ヒト幹細胞やヒト脂肪由来幹細胞培養液には、細胞のカギ穴(レセプター)に一致するカギ(リガンド)となる成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)そのものが豊富に含まれていることがわかっています。
このため、組織再生効果があるとされ、再生美容の分野や育毛の有用成分としての可能性が今後大いに期待されています。

 

ヒト幹細胞培養エキスには様々な成長因子が含まれています。

KGF: 発毛促進因子 毛母細胞成長因子(別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)
 細胞分裂を促進するタンパク質の一種で、本来は人間の体内で作られます。
 ノーベル生理学・医学賞受賞で脚光を浴びたiPS細胞で知られる再生医療のうち、毛髪再生医療の最新治療に
 生かされている成分です。
HGF-1:肝細胞増殖因子
 毛髪強化因子の発現を促進し、休止期の毛髪を成長期へと誘導します。
VEGF:血管内皮細胞増殖因子
 新生血管の形成を促し、毛根に十分な栄養を運ぶ血管の形成を促進します。
bFGF:線維芽細胞増殖因子
 血管に作用して血流を促進し、毛根まで十分な栄養素を血液に乗せて供給します。
IGF:インスリン様成長因子
 細胞の成長と発達に関わり、毛母細胞の分裂を促進することにより発毛を促進します。

今後の最新育毛はこのヒト幹細胞とハーブミックスカクテルの育毛ローションが最も効果の期待できる育毛、発毛法となります。

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア