tabako

タバコは薄毛やハゲの原因になるのか?

タバコを吸う人にとってタバコが薄毛や抜け毛の原因になるのかが心配になるかと思います。


タバコに含まれるニコチンやタールは体には悪いのは勿論悪いのは承知してるが辞めれないタバコ。


喫煙することにより果たして抜け毛や薄毛になりやすいのか?

薄毛とタバコの関係について今回も詳しく掘り下げていきたいと思います。

タバコを吸ってるから誰しも薄毛になるわけではありません。

「薄毛因子のある人はやはりタバコから薄毛になる可能性も高いかと思います。」

タバコは薄毛、ハゲに影響ある?

喫煙は薄毛のリスクが非喫煙者よりも高くはなります。
髪や肌や頭皮環境にも良くないのは重々承知だけど辞めれないのもタバコでしょう。
タバコによるビタミンの消耗、血管収縮、肝機能の低下も挙げられています。

喫煙者でこのような症状や髪の異常はないですか?

髪が細くなった、髪のハリやコシがない、肌に艶がない、髪に艶がない

タバコが体や髪に与える悪影響

喫煙による頭皮や身体への影響、血管への影響はどう影響するのでしょうか?詳しくまとめてみました。

  • ビタミン不足により薄毛が促進
  • 喫煙により髪に必要な栄養が運ばれない。
  • ニコチンにより血管が収縮してしまう。

タバコは髪に必要なビタミンを消費してしまいます。
ビタミンB,ビタミンC,ビタミンEは髪にも体にも必要な栄養素ですがこれを消費してしまいます。
サプリメントなどでビタミンを補っても喫煙により大量に消費されていますからサプリメントで補ってもプラスマイナスゼロという感じになってしまいます。

喫煙リスクとタバコによるビタミンの消費についてこちらで詳しく書かれています。
一般社団法人日本健康倶楽部 第5回禁煙で血管の健康を守る。

http://www.kenkou-club.or.jp/kenko_tokusyu_sh0608.jsp

タバコを吸うことによって、ビタミンCが多量に消費することはわかりましたが、なぜタバコを吸うことでビタミンCが消費されてしまうのでしょうか。
タバコを吸うことで、ニコチンなどの多量の有害物質が体内に送り込まれ、それを攻撃するために多量の活性酸素が発生します。その活性酸素と戦うために消費されるのがビタミンC等なのです。
また、体内に入ってきた有害物質を代謝して無害化するための酵素が分泌されるのですが、有害物質とビタミンC等のビタミン類の識別が難しいため、結果的に多量のビタミンが失われることになるのです。

ビタミン不足により薄毛が促進

タバコを吸うことによって、ビタミンCが多量に消費することはよく知られていることですが、たばこ1本で破壊されるビタミンCの量はなんと、25~70mg!
1日に必要なビタミンCの量が約100mgですので、たばこ1本を吸うことで破壊されるビタミンCがいかほどのものかということが、おわかりいただけるかと思います。

apples-428075_640

ビタミンCが不足すると、骨や筋肉、血管などをつくるコラーゲンの吸収が悪くなってしまいます。
特に糖尿病などの持病をお持ちの方の場合は血流が悪くなったり血管がもろくなったりしてしまうため、注意が必要な部分です。なぜタバコを吸うことでビタミンCが消費されてしまうのでしょうか。

喫煙により、ニコチンなどの多量の有害物質が体内に送り込まれ、それを攻撃するために多量の活性酸素が発生します。
その活性酸素と戦うために消費されるのがビタミンC等なのです。

また、体内に入ってきた有害物質を代謝して無害化するための酵素が分泌されるのですが、有害物質とビタミンC等のビタミン類の識別が難しいため、結果的に多量のビタミンが失われることになるのです。

ビタミンCのほかにも髪に重要なビタミンBもあります。

ビタミンB、またビオチンと呼ばれるビタミンは髪の毛、爪、皮膚などの生成に非常に重要となります。
またビタミンの種類には髪のもとになるビタミンもあります。

髪の原料になるアミノ酸とコラーゲンを作る大切な役割のビオチン

ビオチンビタミンB7と呼ばれ、アミノ酸やコラーゲンを作る過程に携わり、 皮膚や髪の健康を維持してくれるビタミンです。

また髪の毛というのはケラチンと呼ばれるたんぱく質によってできています。

ケラチンは18種のアミノ酸によって構成されているため、髪の毛を作るのにアミノ酸は必須です。
またケラチンを構成するアミノ酸の一つ、プロリンはコラーゲンの構成成分になっています。
特に髪の毛のツヤツヤ感や太さのもととなり、不足すると髪が弱々しくなりフニャフニャな髪質になりやすいです

健康な髪が育ちにくくなるのとアミノ酸は血流を促進させる力もあります。、育毛や抜け毛の悩みにはアミノ酸とコラーゲンは欠かせません。
ビオチンはアミノ酸の代謝を促し、コラーゲンの生成を助けるので育毛には最適な栄養源なのです。
しかし、水溶性で多く摂ってもすぐに体外に尿として排出されてしまうので数回に分けて摂取することが理想です。
またビオチンは皮膚を健康に保つ役割も持っているので、髪の毛に栄養を運ぶ頭皮も健康に保ち、育毛の効率を良くしてくれのです

ビタミンを補うにはどうしたらいいのか?

喫煙者は、非喫煙者の2倍のビタミンCの摂取が必要とされています。
そのためには通常の非喫煙者よりもビタミンCを多く含んだ食べ物を摂る必要があります。
ビタミンCを多く含む食品は、主に野菜・果物に多く、柿、アセロラ、イチゴ、レモン、キウイフルーツ、みかん、ブロッコリー、ほうれん草、キャベツ、じゃがいも、トマトなどが挙げられます。
生で食べられ、食べやすいものが多いので、普段の食生活で容易に摂取することが可能です。
また、最近はサプリメントなどの栄養補助食品がありますので、食品として摂るよりも、栄養補給として摂ることができます。

頭皮の血行が悪くなる

喫煙により血行不良になりやすいですが何故、喫煙により頭皮の血行不良になるのでしょうか?

タバコによる薄毛の原因の第一が、タバコに含まれる有害物質による血行不良です。タバコの成分のニコチンが体内へ入りこむと、自律神経を刺激し血管を収縮させます。血管が収縮すると血圧の上昇に繋がり、元に戻るまで時間がかかります。

血圧が上下すると血液がスムーズに流れなくなり、血行不良に陥ります。血液は毛細血管を通じて酸素や栄養を身体全体に巡らせる役割がありますが、血行不良になるとそれらを隅々まで運ぶことができなくなります。

そうなると必然的に優先順位が低く、また血液のポンプに一番到達しにくい頭皮への運搬がなくなってしまいます。
そして毛母細胞の活動も阻害され、成長出来なくなった髪の毛は細くなったりコシが無くなり、結果として薄毛になります。

頭皮の硬さが血行不良により硬くなってくると要注意です。

 

薄毛の人の頭皮は風船を膨らませたようにパンパンに張っています。頭皮も皮膚も同じで、柔軟性のある健康な頭皮でいられますが、加齢などで減少すると体の皮膚の柔軟性が失われるのと同じように、頭皮の柔軟性も失われてしまいます。

通常の健康な頭皮はある程度の弾力がありますが、血行不良により頭皮が硬くなってくると頭皮の毛細血管が栄養を運べないために抜け毛が増えて、頭皮もどんどん硬くなります。

頭皮が柔らかい状態だと、毛穴にも柔軟性があり、毛穴の開閉がスムーズに行われます。そうすると普段のシャンプーの際にも頭皮が動きやすく、毛穴の奥深くに詰まった余分な皮脂や汚れを浮き上がらせることができるのです。

ところが、頭皮が硬くなっていると、開閉がスムーズにおこなうことができず、毛穴が開いたまま汚れが入りやすくなってしまいます

それにより一つの毛穴から通常数本生えている髪も細い髪は抜けやすくまた、頭皮に柔軟性がないと、張り巡らされている毛細血管の収縮も弱くなり、血行も悪くなります。それにより血液からの栄養が届かず、どんどん髪の毛がやせ細ってしまうのです。


適度なマッサージは必要です。

髪の毛は、毛根部分にある“毛乳頭”が毛細血管から運ばれる栄養を受け取り、それを毛母細胞に送って細胞分裂をくりかえすことで成長していきます。しかし、疲れやストレス、運動不足などで血行不良になると、十分な栄養が行き渡らず、髪がやせ細って抜け毛や薄毛などのトラブルを招きます。

さらに、髪のもととなる毛母細胞は細胞がある限り分裂を繰り返しますが、栄養失調では細胞そのものが弱々しい状態になってしまいます。頭皮の血行促進を高めることで毛母細胞に栄養を行き渡らせ、1本1本の髪にエネルギーが供給できます。すこやかで元気な髪を育てるために、血行促進はとても重要なのです。

血行は、頭皮そのものにも影響を与えます。

頭皮も顔の皮膚と同じなので、肌と同じようにターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

健康な頭皮は、適度なうるおいがあり炎症などのトラブルに負けないパワーがあります。しかし、血行不良になるとターンオーバーが低下して、乾燥したりして頭皮がカサカサになったり、毛穴がつまってしまうなど頭皮の環境が悪化してしまいます。

特に、頭皮は普段動かす習慣がないため知らず知らずに硬くなり、またタバコの影響で血行が滞りやすくなります。

健康な頭皮は指のはらで動かすと、一緒に動きます。もしカチカチになって動かない場合は、血行が鈍っている可能性があります。

頭皮をマッサージすることで頭皮環境はもちろん、疲れがたまりやすい頭や目もスッキリします。さらに、頭皮の血行を高めると体全体がリラックスでき、ぐっすり眠れる効果があるといわれています。

ニコチンによる血管収縮が髪に栄養が届きにくくなります

smoking-1026559_640

抜け毛、薄毛の心配な方はまず血行促進と血管拡張が絶対条件となりますのでタバコの影響で血行不良、血管が細くなるのは一番避けたいことです

また薄毛治療においてもタバコを吸う喫煙者と非喫煙者では血管収縮の影響の違い、また栄養を運ぶ役目の血流不足、ビタミン不足による違いがでてきます。

近年、コマーシャルなどでよく耳にする薄毛治療(AGA治療)におきましても、AGA治療にも使われるミノキシジルには血管拡張作用により発毛を促すのですが、せっかくのミノキシジルの効果もニコチンによって血管拡張されないとせっかくの効果も台無しになります。

タバコを吸うと毛細血管という小さな血管が収縮して血液の流れが悪くなってしまい『血管障害』が起こります。
もちろん血管は全身にありますから上記でお話した“手”だけではなく、全身の血管に同じような事が起こるのです。
そして、血管は年齢が進むとタバコを吸っていない方でも動脈の壁が硬くなり『動脈硬化』という状態が起こってしまいますから、更に血管系の病気になりやすくなってしまうわけです。
また、タバコは血液を固まりやすくする作用もあり、血管内で血栓を作りやすい状態にしてしまいます……。健診結果で「赤血球増多症」と診断された方は十分注意です!

健保からのお知らせより引用 http://www.jidousha-s-kenpo.or.jp/tabako.html

タバコを吸うことにより血流不足や血行障害が起きやすいことが分かります。

血流不足により毛根に栄養が行きわたりにくくなり毛根の栄養不足による抜け毛は多くなっています。

また、生え際にはたくさんの神経が集まってますが薄くなると生えにくいのが頭頂部の薄毛よりもミノキシジルでも生え際は効果が出にくいので血行促進して生え際の薄毛進行は止めるためにも薄毛心配のある人はタバコはおすすめできないです。    

   agaニュースより引用

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

喫煙による血管収縮で薄毛を進める

タバコの喫煙による悪影響には血管収縮があげられます。
これは血管が細くなることにより血流が不足し血行障害になり毛根に栄養分が運び込まれないことにより脱毛を引き起こしたりします。

まずニコチンが体内に及ぼす影響は、末梢神経の収縮と血圧の上昇、心拍数の上昇があげられます。

引用先 横浜市健康福祉局より

ニコチン ニコチンは毛細血管に吸収されて作用します。口腔粘膜、鼻腔粘膜、肺、皮膚のいずれからも吸収されます。また、ニコチンは煙にして吸い込む方法では極めてよく吸収されるため、数秒後には全身に達します。喫煙による体の反応のうち、気道への刺激以外の急性症状はほとんどニコチンによるものになります。ニコチンが体に及ぼす影響としては、末梢血管の収縮と血圧の上昇、心拍数の増加があります。末梢血管の収縮は手や足の血流量の減少をひきおこし、体温を下降させます。また、ニコチンによる血管の収縮と血圧の上昇は血管の内側の壁にダメージを与えます。ダメージを受けた血管はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を取り込みやすくします。さらにニコチンの作用によってLDLコレステロールを変性させ、動脈の壁に浸透しやすくします

このように喫煙により末梢神経が収縮されます。

血管が収縮されてしまうと毛細血管への循環障害が増してしまうため循環機能を失った毛根は栄養補足の為に髪に栄養がいきわたらなくなり脱毛しやすくなります。

タバコによるストレス

タバコを吸うとストレスが解消したように感じるのは錯覚です。

head-1597572_640

たばこを吸ってストレスが減ったと感じますが、体内にニコチンが入ることによりニコチンの離脱症状によるイライラや集中不足、落ち着かなくなるなどの禁断症状が消えるのをタバコを吸うとストレスが消えるという錯覚にすぎません。

禁煙するとこのような効果を実感できます。

咳や痰がとまる、味覚や臭覚が鋭敏に、美味しく感じるようになる。
肩こりがなくなった、目覚めが爽やかになる、口臭がしなくなった、肌の調子が良くなる、抜け毛が無くなった等、体には禁煙がいい様です。

しかし、それまでには禁煙によるストレスもありますが禁煙ストレスによる薄毛の影響はどうでしょうか?

抜け毛を増やすという禁煙のストレス。
でも本当は、そのストレス自体そもそも「タバコが生み出したもの」だということを見落としてはいけません。

タバコのニコチンには、脳のドーパミン神経を刺激し、ドーパミン物質を無理やり出させる作用があります。
ドーパミンとは、幸福感をもたらす脳内物質なのですが、喫煙を続けていると、タバコがなければドーパミンが作り出せない体になってしまうのです。

このリラックス効果は、ドラッグなどによるいわゆる“ハイな状態”と同じで、身体からその効果が消える際に「離脱症状」と呼ばれる強烈な不快感やイライラなどの症状を引き起こします。

やっかいなことに、こうした症状は再び体内にニコチンを取り込むとおさまるという特徴があり、このため一度タバコを吸いはじめるとなかなかやめられないニコチン依存といった状態に陥ってしまうというわけなのです。

つまり「タバコを吸うとホッとする」のではなく「タバコを吸わないとイライラする身体になってしまっているというだけのこと。

禁煙によるストレスは薄毛に影響するのか?

さて一方で、禁煙を続けても薄毛につながる事例もあるのだとか

それは禁煙によるストレスが薄毛に作用するからです。
ストレスとは様々な体への影響があります。

通常、タバコをやめることで血行が良くなると、頭皮の血液循環も良くなります。

そうなると、髪にも栄養が十分に行き届くようになり、薄毛にも歯止めがかかると考えられます。
そうなると髪も元気になり、太く、強くなると期待できそうですよね。

しかし、タバコをやめることで、ストレスが生まれることを考慮しなければなりません。

愛煙家の人であれば、禁煙した時のストレスは更に大きくなるでしょう。

ストレスが過剰な状態になると、自律神経のうち、交感神経が優位になります。体が活発な状態になるともいえますが、ストレス状態が慢性化すると、今度は血管が収縮を始めます。

血管収縮は、ニコチンの作用と同じですね。

髪に届けられる血流が低下するので、結果的には薄毛につながる可能性があります。

私の過去の経験ですが、一本吸ってしまうと数日以内には薄毛になるのが嫌だと思いながらもタバコの誘惑に負けてしまいます。

タバコを吸うと有害物質が体に蓄積するといわれています。またタバコは男性ホルモンを増加させます。

男性ホルモンいわゆるテストステロン、ジヒドロテストステロンの分泌量が喫煙者は非喫煙者より一割から三割増えるらしいです。

何本タバコを吸うと薄毛になるのか?

何ミリのタバコだと薄毛にならないか?

この辺りは個人差があるので何とも言えないのですが、ストレスなく禁煙できる人は髪の為に禁煙した方が一番です。

禁煙ストレスを解消するには、まずは禁煙ガムやパッチなどを使い軽くなってきたら、音楽、ジョギングなどリラックスする、身体を動かす時間を日常生活に規則的に取り入れるといいでしょう。

無理のない禁煙からはじめよう

今では禁煙外来などの保険対象となる禁煙に対して無理なくタバコを辞めれる外来などもあります。

この禁煙外来は医師から処方された飲み薬でのニコチンやタバコの煙が嫌になる処方薬で比較的禁煙効果は高く、無理なくタバコを辞めれる禁煙方法の一つです。

一回でタバコをスパッとやめるのは自身がないかも知れません。

完全に禁煙に成功するためには、何度かの失敗があると言われています。一度や二度の禁煙の挫折は、むしろ禁煙に向けた必要なステップとも言えます。また、それだけニコチンの依存性は高いということでしょう。

もし、禁煙に失敗したときには、それは、失敗ではなく「禁煙の中断」だと考えるようにしましょう。

「タバコを吸わない期間が1日でも長いことが、健康のためには大切」と自分自身に声をかけ、1日禁煙できたから次の日も禁煙という感じでの蓄積は最初の一週間はもやもやしますがそれを過ぎればタバコの依存も頭から徐々に離れたいきます。また、途中で禁煙失敗しても再度挑戦することが大切になります。

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア