帽子やヘルメットはハゲやすい?

薄毛が気になりだすと帽子で隠したくなる。
そう思うのは誰しも髪がなくなってきたら隠したくなるものです。

ハゲや髪が薄いなどで悩む人は年々増加しています。
またバイクや仕事柄でヘルメットをかぶる事が必要な状況の方も多くいます。よく聞く話に帽子やヘルメットを被っているとハゲになるというのもがあります。

ヘルメットを被ると密着部分の頭頂部がハゲになりやすいなどの声もよく聞きます。

今回は、帽子やヘルメットでハゲてしまうのか?
また、帽子のの正しい被り方や役割、ハゲている人が帽子を被る際の注意点を解説していきます。仕事柄ヘルメットを被らなくてはいけない方、また薄毛隠しに帽子を被っている方は参考にしてみてください。

ハゲと帽子は関係あるのか?

ハゲや薄毛など髪のトラブルを抱える人の原因の多くは、ストレスや頭皮環境の乱れ、不規則な食生活、睡眠不足など日常生活の乱れがほとんどです。
しかし、仕事で安全のためにヘルメットを被るなど、仕事柄やむを得ない場合も髪のトラブルに発展する可能性があります。

日常生活のなかで髪のトラブルの原因になりやすいのが帽子やヘルメットを被る事での血行不良や蒸れによる頭皮が不衛生になることで頭皮トラブルを起こして抜け毛を誘発しやすくなります。

しかし、帽子やヘルメットを被っている方全ての人が薄毛になるという事はありません。
日頃のケアをきちんとすることにより防げますので心配はありません。
日常生活やおしゃれなどで被る場合は、帽子の正しい被り方や注意点を理解して実行すれば髪のトラブルに発展しにくくなります。

帽子を被っているとハゲやすいはウソ。

帽子をずっと被っていると、ハゲやすくなってしまうという話をよく聞きます。実際のところ、長時間において帽子を被っていることは頭に良くないようです。
特に通気性がない物、例えばヘルメットなどです。

ヘルメットや帽子などの通気性が良くないものを頭にかぶって長時間過ごすと頭皮が蒸れてしまい、菌が発生しやすくなってしまいます。
菌が発生し、繁殖したまま長時間放置してしまうと髪のトラブルに発展してしまう可能性があります。また、帽子やヘルメットを被ることにより頭皮が圧迫されやすく血行不良を起こしやすいのです。
頭皮が蒸れる、血行不良による頭皮ダメージは髪の成長や維持にはダメージが大きいです。

帽子やヘルメットを被る際の注意点

自分の頭のサイズに合わない小さ過ぎるヘルメットを長時間被っていると、頭がギュッと締め付けられて頭皮の血行を悪化させてしまいます。
その結果、酸素や栄養が頭皮に行き渡らなくなり、毛母細胞から新しい髪の毛を作り出すことができずに抜け毛を引き起こし、薄毛になってしまいます。 このように、外部からの圧迫による血行不良が原因で薄毛になりやすくなります。
特にヘルメットは通気性が極めて悪いので頭に合わないサイズのヘルメットの使用は控えましょう。
安全面においてもサイズの合わないヘルメットは危険ですので自分の頭のサイズにあったものを被るようにしてください。

また薄毛だからと長時間帽子を被り暑さで頭皮が蒸れたりするものです。頭皮は皮膚の中でも非常にデリケートな部分です。
蒸れた状態で長時間いると頭皮環境を悪化させる菌の代表としてアクネ菌や、黄色ブドウ球菌などがありますが、通気性の悪いものを頭に付けていると、これらの菌が発生し、繁殖しやすい状況になってしまいます。
結果的に長時間被りっぱなしの状態でいると菌が増加して頭皮が炎症を起こし、頭皮環境を崩してしまい抜け毛が増えたり、ハゲたりしてしまうのです。
このため、帽子やヘルメットを長時間被る行為は頭皮に悪影響を与える可能性があるのです。

帽子を被ると頭が痒くなるなどの症状が出やすい方は帽子を被るのを控えた方がいいでしょう。

どうしても被りたい場合は帽子の被り方を理解してハゲを予防しよう

帽子やヘルメットは頭皮に密着しているので頭皮の汚れや常在菌が発生しやすので、被った日はしっかりとヘアケアするのが重要になります。
もちろん帽子のほうも靴と同じように毎日同じものでなく連続で同じ帽子を被らないようにクリーニングしましょう。靴やスニーカーも毎日同じ靴ばかり履いていると靴内部に菌が発生しやすくなります。
それと同じように帽子やヘルメットを被る人は毎日同じ物を頭に被るのではなくローテーションするようにしてください。

また長時間被ることもなるべく避けるようにしましょう。
もし長時間被った場合は、頭皮や髪をこまめに汗などをタオルで拭いたりケアをして、そのまま放置しないように気をつけましょう。

また帽子は、素材によって特性が違ってきます。外の環境や自分の頭皮環境と照らし合わせてみることをおすすめします。
極力蒸れなどの防止としてメッシュ素材の帽子をお勧めします。他にも綿素材の洗いやすい帽子もおすすめになります。

頭皮をなるべく蒸れさせなく快適に過ごせる帽子素材を選びましょう。

 

帽子でできる薄毛対策もある

帽子を被ることは実は薄毛対策につながります。
その理由としては、帽子を被る事により帽子が外部からの刺激や頭皮を保護してくれるからです。
例えば、ゴルフや夏や日差しが強い日などです。
こういった日は紫外線が強く、髪や頭皮に良くありません。帽子を被らないまま強い紫外線を浴びていると、ダメージがそのまま頭皮にいきます。
その結果頭皮環境が崩れて、薄毛や抜け毛が増えてしまう原因になってしまう可能性があるのです。

夏にうけた紫外線のダメージは秋になってジワジワ出てきます。
夏の強い日差しに頭皮ケアなどをせずに紫外線を毎日浴びていると、そのダメージが秋から冬の季節の変わり目に多く出やすくなります。
夏には髪の抜け毛など全く無縁だったのに、秋から冬にかけてかなり抜け毛が多くて髪が薄くなってきたという人は多くいます。
この季節に適切な頭皮ケアや育毛をしていかないと薄毛やハゲの原因になるヘアサイクルが狂いやすくなりヘアサイクルが狂うことにより健康だった髪がどんどん細くなり、また新たに生えてくる髪の毛も短い髪でも抜けやすくなります。

このヘアサイクルの崩れは最も薄毛を加速しやすくなるので注意が必要です。

他にも睡眠不足やストレス、不規則な食事など髪のトラブルになってしまう原因は他にもありますが、外部からの刺激も髪のトラブルに発展してしまいます。帽子を被る場合の注意点や帽子が薄毛の防止になるという理解と意識をして帽子を被れば薄毛対策につながります。

帽子もヘルメットも被ってもその後の頭皮ケアが大切という事ですね。

薄毛のメカニズム

髪は一説には肌の部分が変化したものと言われています。
頭皮から押し出されるように出たものが髪なのです。先ほどもお伝えしましたが髪にはヘアサイクルがあり、薄毛やAGAを発症した場合はヘアサイクルの周期が短くなっている状になります。

髪は、毛母細胞が分裂して成長します。
頭皮から出ている「毛幹」と呼ばれる部分と頭皮の中にある「毛根」の2つに分けられます。

髪が伸びる部分は、毛根の先が膨らんだ「毛球」と呼ばれる部分になります。毛母細胞は、毛球の中心にあり髪の成長を促しています。

髪は、一日に少しずつ伸びており、一定年数成長すると自然に抜け落ちる仕組みになっています。
その抜け落ちた部分から、新しい髪がまた生えてくるといったヘアサイクルを繰り返しているのです。
ヘアサイクル期間の中で、毛母細胞が分裂し髪が成長しているので成長期が長ければ髪はその分成長します。その際の髪の特徴として、太くなる傾向があります。

毛髪は一本ごとにヘアサイクルが違います。すべての髪の周期は異なっているので一気に抜け落ちるということはありません。

しかし、薄毛の方はヘアサイクルの期間が短くなっています。
しかも成長するスピードが速いわけではないので、黒く太く髪が成長して伸びる前に抜けてしまいます。
この状態が連鎖的に他の髪にも発生することで、徐々に髪のボリュームがなくなっていき薄毛になってしまいます。

このヘアサイクルを正常に戻すには最適な育毛ケアが必要になります。
キャピシルとリデンシルによるヘアサイクルの正常化

Deepre3D

まとめ

帽子を被ることは薄毛対策につながります。
しかし、長時間被ったまま放置しておくと蒸れてしまったり、自分の髪質に合わせた帽子を被っていなかったりすると薄毛になってしまう可能性があります。

ヘルメットを被る場合には自分の頭にきちんとサイズの合ったヘルメット選びとヘルメットの内部が蒸れないようにタオルを頭に巻いたりして蒸れと直接ヘルメットが密着しないようにしましょう。
帽子やヘルメットはこまめに選択やクリーニングをすることにより常在菌の増殖も防ぎ、頭皮が清潔でいられる工夫をすることで防げます。

抜け毛薄毛により帽子で隠したい人はヘアサイクルを正常な状態に戻す為に帽子を被る注意点を理解して頭皮のケアや育毛ケアによってヘアサイクルを正常化にすることを先ずは心がけて下さい。

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア