抜け毛が細いとはげるハゲる?

最近、抜け落ちた自分の髪の毛を見て見ると
「なんだか細い感じがする。」

「昔より髪が細くなっている。」
そんな髪の悩みを最近感じている方は多いのではないでしょうか?

「髪が細いとハゲる。」
髪が細いとセットしても整髪料をつけても髪がすぐにペタッと張り付いてしまい髪のボリュームがなくていかにも将来ハゲそうな感じがしますし、当の本人も気がきではありません。

今回は髪が細いとハゲるのか解説していきます。
筆者である私も実は髪が細くて悩んでいました。抜け落ちた髪の細くて心配していましたが、数年後に見事に薄毛で悩む事になりました。
「髪が細いとハゲる」という話は本当だったんだと思い知らされました。
しかし、「髪が細いからハゲる」というのは実は大きな違いがありますので詳しくご説明いたします。

最後まで読んでいただければきっと安心できるでしょう。

生まれつき髪が細いタイプ

髪の毛が細い方にいくつかタイプがありますが、生まれつき髪の毛が細い方はハゲてしまうのかと過度に心配する必要はありません。

少なくとも今のところハゲてしまう心配はしなくてよいのです。

そもそも人間の髪の毛は個人差があり髪の色に関しても同じ日本人でも少し茶色の黒髪や真っ黒な髪の人など様々で、髪の太さは0.05〜0.15mmと太さに幅があります。

このように人によっても髪の毛の太さが異なりますし、同じ人の髪の毛であっても細いもの、太いものがあるのです。

そして髪の毛が細いからはげやすい、といったようなデータは今のところありません。

生まれつき猫っ毛といわれるくらいに髪が細いのにハゲない人はたくさんいますので、悲観的になる必要は全くありません。
むしろ、生まれつき髪が細いままであればまだハゲるという悩みからは暫くは解放されます。

つまり生まれつき髪の毛が細いからといって、ハゲるとはいえないのですし研究データーもありません。

生まれつき髪の毛が細い方が気をつけた方がよいのはヘアスタイルです。

毛が細いとボリュームが出にくく、ペタンとした髪型になってしまったり、なんとなく毛量が少なく見えてしまうことがあります。

これはつまり、はげてはいないのに髪の毛が薄いかのように見えてしまうということ。

さて、髪の毛が細い方には、生まれつきではなく「最近髪が細くなった気がする」「以前と比べて抜け毛が細い」という方もいらっしゃいますよね。

注意が必要なのは、先ほどの先天性でなく後天的に髪の毛が細くなった方です。

後天的に髪の毛が細くなる原因には、大きく分けて2つの場合が考えられます。

  • 生活習慣やストレス、加齢、体の不調などで髪の毛が細くなった場合
  • 男性型脱毛症(AGA)の影響で髪の毛が細くなった場合

この二つが大きく髪に関係してきます。
それぞれの原因について解説していきます。

髪が細くなる原因その① 生活習慣、ストレス、加齢、体の不調

 

日ごろの不規則な生活乱れた食生活睡眠不足などによって髪の毛が細くなることもあります。
直ぐに髪が細くなるといった影響があるわけではなく、数年経ってから日頃の生活習慣の乱れが蓄積されてきて徐々に髪が細くなっていきます。
また、仕事や人間関係のストレスなどが原因で頭皮への血行が不足してその結果、髪の毛への栄養が十分に行き渡らなくなってしまい髪が細くなります。
体の健康状態によっても髪に影響がでますので日頃の髪の状態は観察することも大切です。

もし思い当たることがある場合は、まずは生活習慣を見直してみましょう。

生活習慣の見直しは簡単なことではありませんが、まずは自分がどんな生活を送っているか振り返ってみるだけでも髪の為に価値があるはずです。

生活習慣によって、はげていないのに髪が薄いように見えてしまうのはもったいないですよね。 ぜひ規則正しい生活を送ってみてください。
また、食生活でもファーストフードやコンビニ弁当ではなくバランスの良い食生活が必要になります。

食生活が乱れても髪に影響がでますので、バランスの良い食生活は重要になります。

またもう一つ、加齢によっても髪の毛が細くなることがあります。

これは誰しもに起こりうることですから過度に心配せず、同じく規則正しい生活を送るよう心がけてみてください。

髪の毛が細くなる原因その② 男性型脱毛症(AGA)

 

AGAによって髪の毛が後天的に細くなった場合は、より注意が必要です。

AGAは、男性がはげる一番の原因で、一度AGAを発症すると早い段階から処置しないとハゲはどんどん進行していきます。一時的な抜け毛とは違い、いわば進行性である点が特徴になります。

このAGAを発症すると、髪の毛が細くなったり、抜けやすくなったりします。抜け落ちた髪の毛が先端になるにつれて徐々に細くなっている状態での抜け毛は要注意です。AGAによる原因かも知れません。

AGAは症状が進行していくと、徐々に髪の毛が薄い状態になり、最終的にはげてしまうのです。
また、ヘアサイクルが乱れるため通常の健康な髪のヘアサイクルは5年~6年で髪の寿命を終えて、また新たに髪が生えてきますが、AGAを発症するとヘアサイクルの期間が短くなり、髪が成長しきるまえに抜けてしまう場合が多いのです。
この場合のヘアサイクルは数か月~2年位と髪の寿命を終えてしまいますので、髪の成長が追い付かず結果的にハゲてしまうのです。

ハゲた頭の人でも太陽の光の明るい場所で見ると、鳥のヒナの様にハゲた部分に産毛らしき毛が太陽の光に照らされて見えますが、まさにAGAによりヘアサイクルが乱れているので、髪が成長しきれないまま抜けてしまい、結果的には数年かけてハゲていくのです。

もちろん髪の毛が細い方全員がAGAというわけではありませんが、中にはAGAのサインが出ている方もいらっしゃいます。

AGAと髪の細さの関係について

AGAを発症するとなぜ、髪の毛が細くなるのでしょうか?

AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンという物質が、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで起こります。

AGAになると、髪の毛を生み出す場所である毛包が小さくなってしてしまいます。

これが原因で髪の毛が細くなったり、髪の毛の成長期が短くなったりして、正常に髪は成長出来ずに最終的にハゲてしまうのです。

AGAは薄毛ホルモンであるDHTが分布する生え際のM字部分を中心とした前頭部、頭頂部から始まることが多いとされています。

ですのでそうした部分を中心に髪の毛が細くなった方は、AGAを疑ってみるとよいでしょう。

AGAへの対策に関して

 

AGAには、治療薬としてデュタステリドやプロペシアなどの医薬品が存在しています。

AGAになってしまった場合は、AGAクリニックによる薬の服用による治療が選択肢となってくるでしょう。

ただ、ひとつご注意いただきたいのは、治療薬には副作用などのリスクがあるということ。また、海外個人輸入でのミノキシジルやプロペシア、フィナステリド系の個人輸入は避けましょう。

私も監修に参加しているオンラインクリニックにも詳しく記載されていますので参考にされてください。
 海外個人輸入の医薬品は偽物が多く、成分がどのような物が入っているか全く不明です。
万一、重篤な副作用があった場合の補償が個人輸入での医薬品に関しては全て自己責任になりますのでリスクが高いのです。

ハゲ治療として医薬品の服用をする場合はAGAの専門クリニックでAGAスキンクリニックが有名です。
まずはAGAの相談できるクリニックに行く事をオススメします。
最近ではクリニックでも無料カウンセリングを受け付けているクリニックも多くありますので参考にされてみてください。

AGAスキンクリニック
大切なのは自己判断せず、まずは医師の診察を受けてみてくださいね。

近年デュタステリドなどの新薬の登場でAGA治療は進歩を遂げていますが、安全に、安心して服用できるよう、医師の指導のもと治療を行っていくのが基本です。

「髪が細いからハゲる」は間違い、しかしAGAには要注意

「髪の毛が細いとハゲる」という事について検証してきました。

お伝えした通り、ただ髪の毛が細いというだけではげにつながるわけではありません。

過度な心配は不要なのですが、注意が必要なのは後天的に髪の毛が細くなった場合です。

特に、生え際のM字部分などの前頭部、頭頂部の髪の毛が特に細い場合はAGAの可能性がありますので、こうしたケースにあたる方は、ぜひ専門医の受診を検討してみてください。

髪の毛が細い方は、そのタイプや原因はさまざまなことがおわかりいただけましたでしょうか。先天性の髪が細いのはまだ安心。後天性で髪が細くなるのは要注意という事ですね。
抜け毛にいたっても、抜け毛の先端につれて徐々に細く槍の様になった抜け毛は何かしらの異常脱毛ですので注意が必要になります。

その場合は早めの生活習慣の改善、ストレスの軽減、良質な睡眠、適度な運動、禁煙、飲酒に注意して改善をしましょう。

また、早めの頭皮ケアや髪に良い補助食品も重要になります。

原因をしっかり見極めて、あなたにあった対策をオススメします。

チャップアップサプリ(薄い)

育毛剤愛用者の人気No1サプリ ボストン

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア