AGAの初期症状はどうなるのか?

もし自分がAGA(男性型脱毛症)だったらどのような初期症状があるのか?
男性型脱毛症(AGA)と分かった場合はどのような対処法があるのか?

抜け毛が多くなると自分がAGAではないかと心配になります。
今回はAGAの初期症状についてと、初期症状の対処法を解説致します。

AGAは早期発見・早期治療が重要であり、そのためには、AGAを発症した初期に現れる症状を理解しておく必要があります。
AGAの初期症状が現れるメカニズム、チェックすべき主な2つの症状にはどのようなものがあるのかを説明していきます。

まず多くの方が一番に思うのが男性型脱毛症の初期症状は、抜け毛が目立ち始めると考えられがちです。

これは確かに間違ってはいませんが、それよりも前の予兆段階があることも事実です。

何の前触れも無く、ある日突然に自分がAGAになって毛髪が抜けるという事はなく、数年間かけてジワジワといくつかのステップを経て抜け落ちることになります。

AGA初期症状として確認しておきたいのは「毛髪の太さや硬さ、ボリューム」という点です。

前と比べて毛髪が柔らかくなったと感じたら、それはAGAの初期症状の可能性があるかも知れません。
もともとが髪の質が柔らかく猫っ毛であれば判断はしにくいかと思いますが、抜け毛が増える前は太く黒い髪だったにもかかわらず抜け毛が増えてきだしてから何だか髪が軟毛になってきて、髪の色も薄くなってきて、髪もフニャフニャして弱々しくなってきていれば要注意が必要です。

毛髪が抜け落ちる前にはこの「軟毛化」という段階を経ることになりますので、抜けた毛髪を手で触って確認してみることをお勧めします。

ただし、全ての抜け毛がAGAに直結するというわけでもありません。

単なる生え変わりの時期によって抜け落ちているというケースがほとんどで、この他にも強い力が加わったために抜けたとも考えられます。

しかしながらAGA(男性型脱毛症)の兆候として危惧し、対策をするのは悪いことではありませんし、むしろそうして髪の健康を気にかけた生活を送ることは、AGAにならないために非常に重要となります。

健康な状態を維持している場合、毛髪はヘアサイクル(毛周期)により5年程度の時間をかけて少しずつ育っていき、太く強く、抜けにくく成長していき、最後に抜け落ちて生え変わることになります。

ヘアサイクルは成長期から退行期、休止期という期間を経ることになり、成長の期間では個人差はありますが5年程度の時間を要するというわけですね。

男性型脱毛症はこのヘアサイクルの成長の期間を短くしてしまう症状です。

つまり、通常は5年もの歳月をかけて成長していくにも関わらず、AGAの場合には2年や3年といった短い時間しか成長のための時間を割くことができなくなってしまいます。

成長期が短ければその分成長できなくなってしまうわけですので、したがって軟毛化が進むというわけです。

薄毛化が進行しないように気をつけたい方、AGAにはなりたくないという方は、軟毛化というサインをできるだけ早い段階で察知する必要があります。

ボリュームが少しずつ減ってきている気がする、抜け毛の量が多くなってきている気がする程度ならば、先に述べたように他に原因がある可能性もありますので、一概に全てがAGAの初期症状であると言い切ることはできませんが、しかし、毛髪が生えやすい環境を整えてあげることはするべきだと言えます。

ポートメディカル オンラインクリニックより引用
https://port-medical.jp/media/articles/67

髪の毛は「成長期」「休止期」「退行期」を繰り返す「毛周期」というサイクルによって生えかわります。

毛周期
毛周期 期間 内容
成長期 約2~6年 新たな毛を作る器官である「毛包」が成長し、毛が太く長く成長していく
退行期 約2週間 毛の成長が停止する
休止期 約3~4か月 毛は抜け落ちる

髪の毛は2~6年程度かけて毛包が成長し、太く長くなっていきます。しかし男性型脱毛症(AGA)では、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが毛包に作用することで、成長期が数カ月~1年程度に短縮してしまいます。そのため毛包や髪の毛の成長が十分に進まず、細く短い毛が増えてきます。これがAGAの初期症状につながります。

 

aga_01_#01.png

 

主なAGA初期症状の特徴

AGAの初期症状には主に「抜け毛の量が増える」「髪の毛のハリがなくなる」という2つの特徴があります。それぞれについて詳しく説明していきます。

若年層にも発症し得るAGAは、男性にとっては非常に恐ろしく感じると思われますが、正しい知識を持っていれば初期のAGAは対処していくことが可能です。

一度、AGAを発症すると今までの生活スタイルで過ごしているとAGAによる薄毛化は進行しますので早めの対処が必要になります。

AGAは毛髪の軟毛化から始まり、その後いくつかのパターンに従って進行していくことになります。

まず代表的とも言えるのが前頭部、額の生え際、剃り込み部分から徐々に抜け毛が進んでいくというパターンです。

次に頭頂部付近から少しずつ髪のボリュームが無くなっていくというパターンです。

これらは日本人にも多く見られるAGAの進行パターンで、日本で発症している方のほとんどがこれらに当てはまることになります。

男性型脱毛症を引き起こす悪玉ホルモンのDHTは前頭部や頭頂部に多く、その影響でAGAを発症すると生え際部分や頭頂部が徐々に薄毛になります。

額の生え際や頭頂部の毛髪がよく抜ける、髪が薄くなってきた気がする、髪が柔らかくなってきた気がするという方は、特にAGAの可能性がありますので注意が必要です。

抜け毛が多くなってきた

髪の毛は毛周期を繰り返しており、髪の寿命は約5年ほどの毛周期になります。髪は休止期になると自然に抜け落ちます。個人差はありますが、通常の毛周期であっても髪の毛は毎日100本程度抜け落ちます。そのため、抜け毛を見つけたからと言ってすぐにAGAなどの脱毛症を発症しているとは限りません。
しかし、AGAを発症するとDHTの影響を受けた髪の毛は成長期が短縮されるため、数カ月から1年程度で退行期、そして休止期に入り、抜け落ちるまでのスピードが上がります。そのため、AGAの発症初期は抜け毛が増えます。

また、短い髪が抜けるのも毛周期がなにかしらの異常によりヘアサイクルが短くなっていますので注意が必要です。

 

髪の毛のハリがなくなる

成長期が短くなると、髪の毛が太く長く成長する前に退行期・休止期に入り、抜け落ちていきます。そのため髪の毛の太さがなくなり、その結果髪の毛が充分に成長出来なく、髪にハリを感じられなくなります。

20歳を過ぎたあたりから、成長ホルモンの分泌が減ります。それを境にAGAを発症する男性も多くいます。最近では10代から抜け毛が多くなり悩んでいる男性も多くいます。「今までよりも抜け毛が増えた」や「今までよりも髪にハリが感じられなくなった」と気がついた場合は、AGAを発症している可能性があります。AGAクリニックを受診したり、育毛剤を購入して早めに治療を開始することをお勧めします。

AGA初期症状で薄毛対策はどうしたらいいか?

生活習慣の改善が間接的なAGAの予防につながる髪の毛や頭皮も体の一部なので、成長や健康維持には十分な栄養と酸素を必要とします。

 規則正しい生活習慣が乱れるとストレスや睡眠不足などにより血行不良を引き起こしやすくなります。

髪の毛は、頭皮の毛細血管から成長に必要な栄養や酸素を取り入れているため、血行不良は髪の毛の成長の妨げてしまう可能性があるのです。
また、身体の中で栄養素を運ぶのが髪は最後になりますので、血流の不足は髪に栄養分を運べなくし髪を弱らせることになります。
 髪の毛の健康や成長をサポートするためには、生活リズムを整えることが大切です。
生活リズムを整えるためのポイントは、食生活の改善、適度な運動、ストレスを解消する事、アルコールの飲み過ぎをやめる、禁煙、良質な睡眠をとるなどがあります。

髪の毛に良い栄養素を摂取する

バランスの悪い偏った食生活を送っていると、頭皮や髪の毛が栄養不足になり、健康な髪の毛の成長に影響を与える可能性があります。

直接AGAを予防・改善させる食べ物はありませんが、髪の毛や頭皮の健康良いとされる栄養素には、髪の毛の主な構成成分である「タンパク質」、タンパク質の合成をサポートする「亜鉛」、タンパク質の代謝に髪の発育に良い「ビタミンB群」などがあります。

実は、男性は誰しも薄毛因子は持っているといわれていて、その薄毛因子がいつAGAとなって発症するかはわかっていません。
日ごろの乱れた生活や食生活によって発症する可能性もあります。

軟毛化のサインを察知した場合、何かしらの対策をとったほうが良いですが、具体的に何から始めていけば良いか分からないという方も多いと思われます。

そんな場合には、まずは育毛剤を購入する前に生活習慣と食生活を正すことから始めてみることをお勧めします。

毛髪と生活習慣、食生活は非常に密接した関係にあることが分かっており、これらが悪化してしまうと毛髪が育たなくなってしまいます。

例えば食事に関して言えば、そもそも髪の毛を作るために必要な栄養素を食事によって補給していなければ、材料が無いわけですから作りようが無いわけです。

亜鉛などが髪を作るのに効果的と言われていますが、単に亜鉛だけを摂取していれば良いというわけでもありません。

栄養バランスの取れた食事を心がけていく必要があります。
一人暮らしで外食が中心になる方は多くいらっしゃいます。
外食に頼ってしまうとついつい食生活が偏りがちになり栄養バランスが崩れます。

それによって髪のヘアサイクルにも影響が出やすくなりますので、食生活が偏りがちでなかなか亜鉛やビタミンなど髪の栄養に必要な栄養素をとれない場合は育毛に特化したサプリメントも非常に重要になります。

その場合、育毛サプリメントを購入する場合は値段は8000円以上のサプリメントは全く必要ありません。
育毛業界の育毛開発プロデューサーである私は過去に長年にわたり育毛商品の開発をしてきたなかで、製造工場や原料の見極め、製造コスト、品質などを吟味した中で8000円以上の髪のサプリメントはメーカーの利益が大幅に上乗せされている場合が多く、サプリメントの効果は全く値段が高いからと効果があるわけではないのでネットの広告には注意が必要になります。

重要なのは製品にかけたクオリティーの高さと、成分量、髪に必要な栄養成分、製造方法になります。
育毛に特化したクオリティーの高い育毛サプリメントをいくつかご紹介します。

このボリュームが欲しかった!_ボストン

毛髪のためのサプリ

チャップアップサプリ(ハゲない)

「チャップアップ育毛サプリ」
また生活習慣については、主に睡眠時間を重視してみると良いでしょう。

毛髪が成長する時間帯は、成長ホルモンが分泌される時間帯でもあります。成長ホルモンは夜10時から深夜2時までに、睡眠中に最も分泌されるホルモンですので、この時間帯は寝るようにするといった努力をするのがお勧めです。

生活習慣や食生活を規則正しく改善し、その上で抜け毛が止まらなかったり、薄毛が進行しているようであればAGAクリニックに相談に行ったりすることをオススメします。

最近、AGAクリニックは多くありますが、クリニックにもAGAに関して詳しい医師とそうでない医師にわかれます。
髪に関して熟知したAGA専門医に相談することをおすすめします

AGAスキンクリニック

“薄毛”にお悩みの方は、専門病院の
【AGAスキンクリニック】へ

コチラも人気のある発毛方法です。

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア