頭皮が硬いと薄毛になりやすいのはホント?

薄毛、抜け毛の大きな原因の一つに頭皮環境の悪化から薄毛や抜け毛に悩む人が多く、間違った知識やケアを実践してしまいさらに状況が悪化したり、一向に改善されなかったりするケースが後を絶ちません。

頭皮は髪を育てる為の重要な土台であるっことは御存じの方も多いはずです。色々なネット情報でも頭皮は髪にとって重要な土台とは言われていますが果たして育毛製品を使用するだけで頭皮環境は正常化するのでしょうか?
答えはNOです。常日頃の生活スタイルも重要になります。
今は問題なくても年齢を重ねることで変化してしまう可能性があります。手遅れにならないためにも今から頭皮を柔らかくするヘアケアや正しいシャンプー方法などを日々の生活に取り入れましょう。
髪フサフサ.com 最新育毛情報では頭皮の柔らかくする方法について解説します。

コチラも人気のある発毛方法です。

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

 

柔らかい頭皮が何故、重要なのか理解しよう

頭皮が硬いとどうなのでしょうか?
貴方も頭皮をさわってみて自分の頭皮に弾力があるか見てみてください。
若いころは頭皮を触ると柔らかくて指でマッサージすると凄く弾力性があったのに、年とともに頭皮が硬くなっている感じがする方は要注意です。
頭皮が硬いと髪も細くなり抜けやすくなります。
薄毛の方の多くは頭皮が張り裂けそうなくらいにパンパンに風船のように張っている方を多く見ます。
薄毛になる要素が多いほど、頭皮は硬くなりその影響で頭皮の毛細血管が細くなり、髪に送る為の栄養分が供給不足になります。
それが原因で髪が細くなり抜け毛が増えて、薄毛になりやすくなります。


また育毛剤を塗っても頭皮が硬いと浸透しにくく育毛剤の効果が出にくくなります。

頭皮の環境を整えることは髪も美しくなり、薄毛や抜け毛などの髪のトラブルが少なくなります。髪をサポートする頭皮という土台がしっかりしなくては丈夫で健康的な髪が増えません。もちろん髪のケアも重要ですが、頭皮のケアはさらに重要なのです。

薄毛や抜け毛の原因の多くはは、生活スタイルの悪化や食生活の乱れやストレスなどもありますが、これによって髪にも影響してくるのです。またフケやかゆみが多くなることも何らかの頭皮トラブルが原因で頭皮がダメージを受けているという証拠になります。フケは頭皮についている角質細胞が剥がれたものだと言われています。

そのため頭皮の角質細胞が古くなり剥がれ落ちて、新しい角質細胞が頭皮を覆うため、フケが出ること自体は問題ありません。しかし、大量にフケが出る場合は頭皮に対して何らかの強いダメージがあることがあります。

原因は、さまざまありますが、よくある原因は乾燥した時に出るフケと頭皮の皮脂の量に左右される場合です。フケや頭皮のかゆみなどが強くなった場合は、頭皮だけでなく髪にも影響が出てしまいます。そのため頭皮ケアを入念にする必要があるのです。

頭皮が硬いと抜け毛や薄毛になりやすい

先程も少しお伝えしましたが、頭皮が硬いと薄毛になりやすいのです。

頭皮が硬くなってしまうと血液の循環がスムーズにいかなくなることもあります。さらに毛穴にも皮脂の汚れが詰まりやすい状況になっているため毛根に栄養が届きにくくなっています。
さまざまな頭皮のトラブルが重なって、髪が抜けたり生えてくる髪が細かったりしてしまうのです。

女性の場合の薄毛の原因の多くは血流不足による薄毛は多いので注意が必要です。

逆に頭皮が柔らかい場合は、血液の流れもスムーズで、髪を育てる環境がしっかりしています。さらに吸収した栄養が髪に行きやすくなり、健康的で丈夫な髪を育ててくれます。
頭皮が硬くなると様々な髪や頭皮トラブルを引き起こしやすくなっているので、頭皮を柔らかくすることは髪の薄毛や抜け毛を防止する事で重要になります。

頭皮が硬くなる原因とは

頭皮が硬くなる原因の多くは、ストレスや、栄養バランスが取れていない、睡眠時間が十分に確保できていない、血行不良、紫外線などです。他にも頭皮に合わない洗浄力の強いシャンプーや刺激が強いシャンプーを使い、頭皮環境を知らぬ間に悪化させています。
まず血行が良くない場合というのはさまざまありますが、大きな要因はストレスが原因になります。
人は誰しも大なり小なりストレスは抱えているものですが、仕事や人間関係で大きなストレスをためると人間の体はストレスが発生すると、身体全体が固くなってしまいます。


またデスクワークなど長時間同じ姿勢でも固くなってしまい、筋肉が硬直して、血液の流れが崩れてしまう可能性があるのです。また肩こりや首筋が張ってしまうなど筋肉が萎縮する状況が続いてしまうとストレスが強くなり、頭皮にも影響が出てしまいます。

普段何気なく過ごしていることが身体に負荷をかけて、生活習慣を崩していることもあるのです。

紫外線を浴びることも頭皮にはあまりよくありません。
強い日差しの中長時間いると大量に紫外線を浴びてしまいます。紫外線は、頭皮にある皮脂を酸化させやすくしてしまいます。その結果、酸化した皮脂が毛穴に詰まってしまい、血行を鈍らせてしまう原因になってしまうのです。
頭皮の肌の皮膚も同じ皮膚ですので肌と同じようにケアが大切になります。

頭皮を柔らかくするためのケア

頭皮を柔らかくすることは、健康的で丈夫な髪を維持するために必要なことです。

頭皮を柔らかくする方法は、日々の頭皮への優しいマッサージや生活習慣を整えることが大切ですバランスのとれた食生活も重要です。仕事で睡眠時間が少ない方は極力睡眠時間を確保して、ストレスをため込まないようにしましょう。
しかし、そう簡単にストレスをためない、睡眠時間の確保と言ってもなかなか難しい場合があります。
簡単に出来る改善方法をご紹介します。

すぐ実践できる頭皮改善方法

頭皮が固くなることは、髪の健康にも良くありません。
フケが多くなったりかゆい部分が多くなってきたりした場合は、日々の生活を見直してみましょう。
ポイントは、バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠時間の確保、シャンプーを変更、ドライヤーの正しいあて方の5つです。

頭皮を柔らかくする食事を摂る

 

バランスのとれた食事をすることが頭皮を柔らかくしてくれます。まず取る栄養素として、あげられるのはタンパク質です。髪の元となるメチオニンはアミノ酸になっています。
タンパク質はアミノ酸で構成されています。


アミノ酸は髪を作る為には欠かせませんので食事でない限り摂取できない栄養素なので意識して摂るようにしましょう。動物性タンパク質は、肉や魚、植物性タンパク質は、大豆、納豆、豆腐などになります。

次に重要な髪の栄養素は亜鉛です。


髪の主成分であるケラチンはタンパク質ですが亜鉛が少なくなるとケラチンがうまく作れなくなります。
亜鉛は、髪の組織を作る上でなくてはならないものなのでしっかりと取りましょう。


亜鉛が含まれる食事として有名なのは牡蠣が亜鉛を多く含みます。

肉であればレバー系やモモ肉、魚であればウナギやイワシなどがあります。他にも海藻類やアーモンドなどがあります。
またサプリメントにも亜鉛は販売されていますので通常の食事で亜鉛が取れない場合はサプリメントでの補給もオススメします。

ヘアケアサプリメントBOSTONはこちら
ビタミンは、身体にも必要な栄養素ですが髪も同じです。髪のトラブルにある頭皮の炎症を抑える作用もあります。
またビタミンは、活性酸素の活動を抑えて細胞の酸化を防ぐ効果もあります。活性酸素は、身体に入ってきた菌を取り除く働きがありますが増えすぎると逆に身体に悪影響を与えてしまいます。髪に良いビタミンはビタミンEとされていますが、ビタミンEだけを多く接種するのではなくビタミンをバランスよくとる事が重要になります。

多くあるビタミンの種類ですが大まかにビタミンの働きになります。

ビタミンAは、細胞をサポートして頭皮の健康を保つ働きをします。頭皮のかゆみやフケで悩んでいる方に有用な成分です。ビタミンAが含まれている食物は、「緑黄色野菜」です。
ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートし、血の流れや頭皮を丈夫にします。また抗ストレス効果をもつホルモンの合成にも役立つ成分です。ビタミンCを取ることがストレスの緩和に繋がります。ビタミンCを取るのであれば「野菜」や、「柑橘類」などがあげられます。
ビタミンEは、毛細血管を拡張する働きがあるため栄養をスムーズに運んでくれます。栄養がスムーズに髪に行けば健康的な髪を維持することが可能となります。ビタミンEは、魚介類やナッツなどに入っています。

https://port-medical.jp/media/articles/125

ポートメディカル オンラインクリニックより引用

適度な運動で頭皮を柔らかくする

髪のトラブルは現代社会で増加しています。

日々のストレスや長時間同じ姿勢で仕事をすると身体全体が固くなっていき頭皮にも影響が出てしまいます。頭皮を柔らかくするためにも適度な運動がポイントになります。

しかし、なかなか運動する時間が取れない、ジムに行きたくてもいけないなど悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。忙しい時でも簡単にできる運動としてストレッチや有酸素運動があります。

例えば、パソコンなどのデスクワーク中に10分ほど背伸びしたり、腕を伸ばしたりすることでも効果が高いのです。このストレッチは、固くなった身体をほぐす目的もありますが、同時に心もリフレッシュするのでストレス軽減にもつながります。

さらに身体を動かいしたいと考えている方は、有酸素運動が効果的です。有酸素運動は、
軽い負荷を継続的に身体にかける運動のことです。ポイントは、あまり激しい運動をしないことです。
筋トレなどの無理をする運動ではなく、長時間無理なく運動することで継続させることができます。
有酸素運動は、ジョギングやウォーキング、水泳なども効果的です。有酸素運動を継続してまずは自分に合った運動を選択しましょう。

朝の通勤時に一駅多く歩いてみるのも一つの方法ですし、少し早歩きの散歩もストレスの緩和と有酸素運動になります。

十分な睡眠で頭皮を柔らかくする

睡眠不足は頭皮の血行が悪くなってしまう場合があります。


また睡眠不足は、自律神経のバランスをくずことにもつながります。自律神経は、心と身体のバランスを保ってくれる神経と言われています。

例えば、リラックスしている時に呼吸が遅くなったり、怖い体験をしたときに心拍数が上がって呼吸が早くなったりするときです。自律神経には、緊張に影響する「交感神経」とリラックスに影響する「副交感神経」があります。
良質な睡眠にはまずストレスの解除が必要になります。
睡眠もレム睡眠、ノンレム睡眠の3クールが必要になります。

睡眠不足など日々のたまった疲れが取れず、身体に蓄積してしまいます。疲れと同時にストレスもたまりさらに悪化してしまい、頭皮の血行にも影響が出てしまうのです。生活習慣を見直して頭皮の環境を整えるためにも十分な最低でも6時間の睡眠時間を確保しましょう。

寝る時間をしっかりと確保できるようになったのであれば、次は質の良い睡眠を心がけましょう。
身体と心の疲れを十分に取ることが睡眠の目的です。
適度なアルコールを飲むのも精神を落ち着かせて、血行が良くなることで眠りにつくことが出来ます。


夜はなるべく成長ホルモンの分泌が盛んな夜10時から深夜2時までには寝て朝に気持ちよく起きることがストレスの軽減につながるのです。

使っているシャンプーを変えてみる

頭皮を柔らかくするためにも自分にあったヘアケア用品を使うことは大切です。

シャンプーもその一つです。自分の髪に足りない栄養をヘアケア用品で補うことは頭皮ケアに繋がります。髪を構成するケラチンは主成分がタンパク質です。

タンパク質は、アミノ酸でできておりシャンプーの中には最新ではアミノ酸が多く含まれているシャンプーもあります。

頭皮を柔らかくするためにも刺激の強いシャンプーは控えましょう。

頭皮はデリケートな部分です。刺激が強いと炎症やかゆみの原因にもなりますので、低刺激のシャンプーで優しく頭皮をマッサージするように行いましょう。また洗浄力の強いシャンプーを使っていると皮脂が多く分泌されやすくなります。
これは洗浄力の強いシャンプーを使い皮脂を全て取り去ってしまうと、頭皮は皮脂を過剰に分泌してしまいます。
なぜなら、頭皮にはある一定の皮脂は髪や頭皮を守るためのバリア機能として必要になります。
そこに洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取り去ってしまうと、頭皮はバリア機能を失う為に過剰に皮脂を分泌してしまいます。
これによって過剰に皮脂分泌がされて様々な頭皮トラブルを引き起こしやすくします。
シャンプー選びは重要になります。

ドライヤーの正しいやり方

髪に必要以上に熱を加えることは、あまり良いことではありません。

しかし、濡れたままで放置することの方がもっと危険です。

髪の構造である「キューティクル」は魚のようなうろこでできており、それが重なって表面を保護しています。髪が濡れたままの状態だとキューティクルが開いているため、髪が傷みやすい状況になります。

髪を乾かさずにそのまま寝てしまうと摩擦によってキューティクルが剥がれてしまう可能性があるのです。

また抜け毛の原因にもなりやすいので、髪は乾かすようにしましょう。

キューティクルの働きを正常な状態にするためにも髪を乾かすということは重要なのです。
余計な熱を与えないようにして、しっかりと乾かすためにもドライヤーを正しく使う必要があるのです。

まず、シャンプーが終わった後にタオルドライをします。髪をこすらないように水分を押し出すイメージです。その後、頭皮に風を当てるようにドライヤーをかけます。

髪からドライヤーを20㎝から30㎝は離して同じところに当たらないように注意しましょう。

髪が乾いてきたら、ドライヤーを冷風に変えて髪全体を冷やしましょう。これによって髪をしっかりと乾かすことができます。

頭皮を柔らかくするために重要な食べ物

頭皮を柔らかくするためにバランスよく食事することが重要です。
特に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、亜鉛などです。例えばタンパク質であれば、動物性たんぱく質のステーキ、生姜焼きなどの肉類、植物系のたんぱく質であれば豆腐や納豆などがあります。
ここで大切なのは食事のバランスです。「主菜」「副菜」「乳製品」「果物」の比率が偏らないようにしましょう。

頭皮を柔らかくして丈夫な髪を作る

頭皮を柔らかくして丈夫にするためにも食生活を見直すことは大切です。
髪だけに栄養があるものを摂取しても、土台となる頭皮がしっかりとしていなければ意味がありません。
土台である頭皮に栄養を活かせるためにもビタミン類をしっかりと取りましょう。
頭皮の乾燥やフケを抑えてくれるビタミンA、血管や頭皮を丈夫にするビタミンC、毛細血管の働きを活発にするビタミンEを取りましょう。しかしこれらビタミンは単体で取たりまた取り過ぎても尿として排出されてしまい効果が薄いので、タンパク質や亜鉛など他の栄養素と一緒に摂るようにしましょう。


何事もバランスよく接種するのが一番効果的になります。

育毛に有効な育毛サプリメント

髪に必要な栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルが基本となります。
これ以外で髪に良いとされる栄養素は、頭皮環境を整える働きをするリコピン、ホルモンに影響があるイソフラボンなどがあります。
リコピンはトマト、イソフラボンは大豆に含まれており、最近ではイソフラボンが育毛に有効という研究結果もあります。

最新育毛情報では育毛に最も効果の高いノコギリヤシを主成分とする育毛サプリメントもあります。

ノコギリヤシはヤシ科の植物で前立腺肥大や薄毛の予防の対策に使用されるとても、薄毛予防サプリの中では、重要視されている成分です。

ノコギリヤシは薄毛の原因とされている5aリダクターゼを抑制する働きがあるので、育毛サプリの中に含まれています。
ノコギリヤシは本来はイギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどの国々で、前立腺肥大の治療薬として認可されています。ヨーロッパ諸国では、立派な医薬品として頑張っています。

もともとは薄毛ではなく、前立腺肥大(頻尿、残尿など)の治療薬として研究が行なわれていたノコギリヤシ薄毛の原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるということで注目されている自然成分です。

多くの男性が悩んでいる薄毛は「男性型脱毛症」といわれるもの。男性型脱毛症の特徴は、ある特定の男性ホルモンによって引き起こされることが明らかになっています。


その男性ホルモンが多くなると、毛母細胞を弱め、薄毛や脱毛といった症状を引き起こすのです。

ノコギリヤシには、その男性型脱毛症の原因にもなっている男性ホルモンの生成を抑制する働きがあることが分かっています。

薄毛男性の敵であるその悪玉男性ホルモンは、主に前頭部と頭頂部の抜け毛を引き起こすことが分かっています。

悪玉男性ホルモンの抑制としてノコギリヤシのサプリメントを服用することにより前頭部と頭頂部の抜け毛を予防することができるのです。
プロペシアなどのケミカル系の医薬品ではありませんので手軽に薄毛予防として服用できる成分になります。
残念ながら医学的にはノコギリヤシの成分が発毛に効果があるとは実証出来ていませんが、ノコギリヤシの成分が育毛には補助的な役割をするといわれています。
ノコギリヤシの他にも、コラーゲンペプチド。亜鉛なども育毛には非常に有効とされています。
これらの育毛に特化した成分を含む育毛サプリメントもありますのでご紹介します。

 

育毛剤愛用者の人気No1サプリ ボストン

ヘアケアサプリメントBOSTONはこちら

このボストン育毛サプリメントは育毛サプリメントでは有名な企業で製品開発された育毛サプリメントになります。


ノコギリヤシを主成分として、イソフラボン、亜鉛、コラーゲンペプチドを成分配合してある髪の育毛にとっても非常にバランスの良い成分配合の育毛サプリメントになります。

このボストン育毛サプリメント育毛サプリメント部門で1位を獲得してお客様満足度92.6%の育毛サプリメントになります。

育毛剤愛用者の人気No1サプリ ボストン

摂取しなければならない基本栄養素とサプリメントと一緒に取ると効果が見込めます。また日ごろの忙しい仕事のなかで毎日の食事でバランスよく栄養を取ることは難しいことです。その場合はサプリメントを取って補いましょう。サプリメントは育毛効果を補助するサポートということです。

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア