ミノキシジルタブレットが体にもたらす影響

AGAの治療では、最新育毛としてミノキシジルが配合された外用薬の使用が推奨されています。ミノキシジルの発毛・育毛効果は医学的に証明されており、日本でも多くの方が「リアップ」などのミノキシジルを配合した育毛剤を使用しています。

しかし、一方で飲む最強発毛薬としてネットで広まっている「ミノキシジルタブレット」という通称「ミノタブ」はミノキシジルの内服薬として、国内での製造販売が許可されていません。ここでは、ミノキシジルタブレットの効果、副作用、個人での購入がおすすめできない理由などを紹介していきます。

もともとは血圧の薬

ミノキシジルときいてご存じの方も多いかと思いますが、ミノキシジルの最初の目的は髪の発毛ではないのです。
実は、ミノキシジルは、AGA治療の外用薬として使用されていますが、もともとは「血圧を下げる薬」として開発されました。
降圧剤として開発された
ミノキシジルには、血管を拡げて血圧を下げる作用あり、患者さんから体毛が濃くなった、髪が生えて来たなどの「多毛」の副作用が現れたのです。

これをきっかけに、ミノキシジルの発毛・育毛効果が発見され、医学的な研究を経て、アメリカのアップジョン社が発毛剤・育毛剤ロゲインとして最初に製造・販売されるようになりました。
今のところ発毛として最も高い確率で発毛するのはこのミノキシジルを含む育毛剤とされています。
しかし、このミノキシジルも長年育毛剤として使用すると体に耐性がついてきて徐々に発毛の効果が無くなり、同じミノキシジル成分の%の濃度を使用しても効果が出なくなり、そうなるとミノキシジル濃度をどんどんアップさせていかなくてはならなくなるといった現状もあります。
そんな中で、ネットで「服用するだけで発毛」、「最強発毛薬」「手軽な発毛薬」として頭皮に塗るタイプのミノキシジルで効果がない薄毛の方が、内服薬のミノキシジルタブレットを服用するとその発毛効果が高いという事で話題となりミノキシジルタブレットを服用してハゲ治療に挑む若者も多くなりました。
手軽な発毛薬としてのミノキシジルタブレットですが問題の副作用はないのでしょうか?

日本では、ミノキシジルタブレットの製造販売は禁止されています

発毛・育毛効果が認められている「ミノキシジル」ですが、日本では大正製薬のリアップが製造販売している「外用薬」のみ使用が許可されています。そのため、ネットなどで噂の内服タイプの「ミノキシジルタブレット」は、製造・販売自体が禁止されているのです。

また、血圧の薬として開発されたと紹介しましたが、日本では「降圧薬」としての使用も認められていません。認められていない理由としては、下記で示すような重篤な副作用が出現する可能性があるからです。
また、アメリカのほうでも降圧剤としてのミノキシジルの使用は現在はされていません。

ミノキシジルタブレットの副作用と危険性

薄毛治療のミノキシジルタブレットですが最も気になる副作用の危険性はどのような危険性があるのでしょうか?
気になる方は多いかと思います。
コチラの医師による監修のもとで詳しくミノキシジルタブレットの副作用と危険性について記載されていますので引用させていただきました。
参考にされてください。

ポートメディカル オンラインクリニックより引用
https://port-medical.jp/media/articles/97

先にもお伝えしましたが、ミノキシジルタブレットはもともとは血圧の薬です。血圧を低下させる作用があり、副作用として血圧低下、めまいやふらつき、手足のむくみ、吐き気、腹痛、体毛の増加などがあります。
低血圧の方が服用すると、血圧降下剤として開発された薬ですので更なる血圧低下を招き危険です。それに加えて、心嚢液(しんのうえき)という心臓の周りを取り囲んでいる袋(心嚢)に満たされている液体が増え、心臓が動きにくくなる症状(心タンポナーゼ)や、心筋に障害が生じる可能性があります。動物実験で、心臓への危険な副作用が示されており、個人差はありますが、これらの副作用によって命が脅かされる危険もあります。
米国では、数種類の血圧を下げる薬を使用しても、血圧のコントロールが得られない場合に限り、医師からの処方される場合がありますが、FDA(米国の食品医薬品局)は、ミノキシジルの心臓に対する副作用を、処方せん薬の添付文書記載の中では最も重い警告である「黒枠警告(Boxed Warning)」に指定しています。
haircare_20.png
日本では、副作用の危険性から医療用医薬品としても認可されていない薬です。個人輸入などで購入することは可能ですが、内服したことで心臓に重篤な副作用が生じる可能性があることを知っておきましょう。また、薬疹などの副作用が生じた場合でも、国の「医薬品副作用被害救済制度」を受けることはできません。

この中にも書かれていましたが、ミノキシジルタブレットの個人輸入は非常にリスクが高いことがわかります。
インターネットの情報商材などでミノキシジルタブレットの服用をすすめて個人輸入で購入させて服用を促す業者もいますので注意が必要です。
あくまで個人輸入は自己責任になりますので重篤な副作用が起きても自己責任になってしまいます。

ミノキシジルタブレットで初期脱毛は見られるか

ミノキシジルタブレットを服用して数日後から2週間後に猛烈な抜け毛が起こる方が多いようです。
「抜け毛の量が今までにないくらいに抜けてしまう」
「今でも髪が少ないのに、さらに抜け毛が増えて心配になる」
「本当にこのまま抜け毛が増えてさらにハゲてしまうのでは?」などなど、
ミノキシジルタブレットを服用するとほとんどの方がこの初期脱毛を経験することが多いです。
この初期脱毛は、AGA治療薬を開始して間もなく起こる一次的な脱毛をいい、副作用の1つとされています。この症状は、「ヘアサイクル」という髪の毛の成長サイクルが関係しています。
髪の毛は、ある程度成長すると、古い毛が抜け落ちて新しい毛に生え変わるという成長サイクルを繰り返しています。
いくつかのAGA専門クリニックのホームページには、「AGA特有の細くて短い髪の毛が、太く長い髪の毛に生え変わるために生じる症状であり、薬の効果が現れ始めている証拠である」と記載されています。
これは、AGA治療で用いられる外用薬と内服薬の両方に起こり得ると解説しているサイトもあります。
ミノキシジルタブレットを服用すると起こる初期脱毛はいわば、新しい健康な髪が生えてくるための通過点と考えていただければと思います。
この初期脱毛ですが個人差はありますが、一日に100~200本くらい抜け毛がありますが数週間するとこの初期脱毛は無くなります。
数か月この初期脱毛がある場合は服用は中止してください。
 

ミノキシジルタブレットには体毛が濃くなる副作用も

ミノキシジルタブレットを服用してから、背中に毛が生えて来たり、指や腕の毛が驚くくらいに濃くなったりする方もいます。

前にも説明しましたが、ミノキシジルは副作用で全身の多毛が生じたことをきっかけに、薄毛治療に使用されるようになりました。
ミノキシジルは、ヘアサイクルの司令塔である毛乳頭細胞に働きかけ、発毛効果の高いアデノシンを分泌し、血行・発毛促進、しっかりとした髪を育てる効果が期待できます。

とはいえ、ミノキシジルタブレットはあくまでも高血圧の薬であって、薄毛治療薬としては未認可です。

薄毛に効果が大きい反面、副作用も多く注意が必要な薬であることも、頭に入れておきましょう。
現在、日本ではミノキシジルタブレットの製造販売は許可されていません。ミノキシジルタブレットには、多毛以外にも多くの副作用があり、副作用のリスクが治療効果を上回ると判断されていないのです。
AGAの症状を改善することは重要ですが、認可されていない薬を使用して、その副作用から新たな病気を発症してしまっては意味がありません。必ず薬には、病気を治療する効果とそれ以外の効果(副作用)があることを心得ておきましょう。

髪の発毛は大切ですがそのために体に大きなリスクも背負う事になりますのでAGA治療は専門医に相談するのが一番です。

ミノキシジルタブレットで多毛になった時の対処法

 

ミノキシジルタブレットの内服で体毛が濃くなってしまうのは、ある程度仕方がないことのようです。
多毛の度合にもよりますが、全く気にならない方もいますし、かなり最初の自分との体毛の変化に困惑される方もいます。
必ずしも体毛が濃くなるわけではありませんが、万一、多毛になった時の対処法をお伝えします。

体毛を抜く・もしくは剃る

体毛が気になった時、手軽にできる方法です。

一本一本抜くのはかなり時間がかかりますが、太く目立つ毛があるときは、ピンポイントで抜くとすっきりします。

また、広範囲を一気にツルツルにしたい時には、カミソリなどで剃ってしまうのがおすすめです。

カミソリを使用したことのない肌にカミソリを使用すると肌がカミソリ負けすることもありますので、シェービングフォームやローションを必ず使うようにしましょう。

また、電気シェーバーは、カミソリより肌に優しくあたるので、肌の弱い方は電気シェーバーを使用するのも手軽に剃れますのでお薦めです。

ミノキシジルタブレットを処方しているクリニックもある


ミノキシジルタブレットは、服用による副作用の危険性が高く安全性が保証されていないため、日本での製造販売は認可されいません。
以前、糖尿病の薬を服用されている方がこのミノキシジルタブレットを個人輸入で購入して服用したところ、全身が腫れて顔は目も開けれないくらいに腫れあがり重篤な副作用に苦しんだ方がいました。このようにミノタブは重篤な副作用の恐れがあります。

そのため、日本国内では薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。「ミノキシジル」には発毛、育毛効果が認められていますが、日本では「外用薬」のみ使用が許可されています。日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでは、男性、女性ともにミノキシジルの外用薬での治療が推奨されています。
日本では認可されていない「ミノキシジルタブレット」ですが、医師の判断で処方することは可能な場合があり、AGA治療を行っている専門のクリニックでは、海外のミノキシジルタブレットを輸入し、医師の判断のもと処方している施設もあるようです。
AGAクリニックの医師はいくつもの症例により最適なAGA治療としてミノキシジルタブレットを服用する場合がありますが、この場合もミノキシジルタブレットを服用はクリニック医師の責任と判断になります。

個人での判断によるミノキシジルタブレットを服用するのはオススメできません。

副作用には、血圧を下げる作用があるだけではなく、「心臓に重篤な副作用をもたらす可能性」もあります。そのため、海外でもAGA治療を目的とした使用は認可が下りておらず、血圧の降下剤としてのみ、医師の管理の下で処方されています。
例え、医師の判断で処方を受けたとしても、国内において有益性や安全性が検証されていないことを心得ておく必要があります。ミノキシジルタブレットは主に心臓や血管系に作用するので、特に持病がある方などには重大な健康被害が及ぶ可能性があるのです。AGA治療を受ける際には、医師とよく相談をして治療効果と副作用について理解した上で治療方法を決定していきましょう。

ミノキシジルタブレットの購入がおすすめできない理由

 

ミノキシジルタブレットの服用を促す育毛業者も中にはいますが、果たして他人の体へのリスクをその育毛業者は考えているのでしょうか?ミノタブを購入して服用するべきか、AGAクリニックに一度相談するべきか、もう一度ゆっくり考えましょう。
ミノキシジルタブレットは、日本での製造・販売が認められていませんが、最近ではインターネットを経由して海外から「ミノキシジルタブレット」を個人輸入することができることがあります。このようなサイトから購入した海外の薬は、製造ラインが不明でどのような成分が入っているのか分かりませんし、そもそも日本では認可されていない薬であり、安全性の検証もされていません。ミノキシジルタブレットは偽物も多く存在します。

万一、偽物の医薬品を服用してしまった場合、偽物医薬品の成分の中身がどのような成分が含まれていたのか不明です。健康リスクは非常に心配になります。

ポートメディカル オンラインクリニックより引用
https://port-medical.jp/media/articles/97

haircare_10 (1).png
ミノキシジルタブレットは、上記で示したように、心臓などに重篤な副作用が生じる可能性があるため、自己判断での購入はリスクが高いと言えます。海外では、数種類の薬を用いても改善しない高血圧の治療に使われる場合がありますが、医師の診察や処方が必要です。通常1日5mg程度から開始し、徐々に増量していき、1日10-40mgを内服している患者さんが多いとの報告があります。しかし、繰り返すようですが、これらは難治な高血圧の患者さんの治療であり、かつ専門医の指導の下で行う治療です。自己判断での内服は危険性が極めて高く、決しておすすめできません。

まとめ

ミノキシジルの外用薬を使用する

内服薬であるミノキシジルタブレットは、血液の流れとともに、有効成分が全身を駆け巡ります。
そのため、髪を生やしたいと思って飲んだミノキシジルタブレットの成分は、頭髪だけでなく、全身の毛穴に作用します。

ミノタブの有効成分、ミノキシジルは、内服に比べ、皮膚からの吸収効果が低いです。

ミノキシジルを使いたいけど、副作用は最小限にしたい、そんな時は、ミノキシジルの外用薬にすれば副作用の減少が期待できます。 しかし、副作用のリスクがあることはミノタブよりは少ないといえますが抜く作用のリスクは変わらないので注意してください。

また、ミノキシジルタブレットを服用を希望される方はAGAクリニックに行き、医師に相談する事がリスクを最小限にすることが出来ます。
AGAスキンクリニック LP2

【AGAスキンクリニック】
院長自らが悩み、体験した“薄毛治療薬”

コチラも人気の発毛方法です。
 
【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア