レーザー植毛とは?
なんだかレーザーと聞いただけですごく画期的な医療技術に感じます。
このレーザー植毛とは一体どのような技術なのでしょうか?
ここでは、レーザー植毛についてとAGAクリニックの医師について解説していきます。

日本初上陸!最先端FUE式植毛ロボットARTAS

ハゲ専門医の基本。

ハゲ薄毛治療の専門医として患者さんの相談や治療にあたる時クリニックの医師はこんなことに気をつけています。
まず患者さんのハゲ、薄毛の状態やそれを解決するための適切な治療法をわかりやすく説明した上で、患者さんの同意を得ることを怠らないようにしています。
これは医療の世界では原則中の原則と言っていいでしょう。
2つ目として患者さんに対して嘘の類は一切口にしません。
ハゲ薄毛の現場、今後の予測など、全て真実をそのままに伝えることを信条とします。
医師と患者さんとの間に嘘が介在したら最初からのお互いのコミニケーション等は成立しないからです。

最後に、ハゲ薄毛を解決するための治療法選択するのは医師ではありません。
医師は最適な方法を提示することはできますが、しかし、最後に決断するのは手術を受ける本人である患者さんなんです。
費用等の点も含めて、患者さんに十分な説明をさせていただいた上で、患者さん自身で決断していただく、これが患者さんの意思を尊重すると言うことです。
もしも話し合いの結果、どうしても納得いかない部分があれば、お互いが率直にそのことについて話し合いを重ねれば良いのです。


ハゲの進行具合、年齢、持病の有無などをクリニック医師はこれまでの経験や知識を活かしながら、患者さんの気持ちになってハゲ治療に当たります。
医師としての基本原則を忘れずにハゲ薄毛の治療に専念するこのことクリニックの医師は忘れないように心がけています。

生毛移植術とは。

生毛移植について簡単に述べると次のようになります。

後頭部や側頭部に残っている自分の上好生きたまま移植する治療法。
現在、唯一確実に地毛復活させることが可能な治療法。
欧米では既にハゲ治療の主流。
アメリカだけでも年間100万人以上の方が次も移植術で薄毛の治療を行っております。

生毛移植術5つのポイント。

移植した上は毛根が生きているので、健康も同様に伸び、何度でも生え変わります。
自分の毛だからナチュラルで安心。
ヘアスタイルも思いのままです。
カツラや人工毛のような手間は一切かかりません。
蒸れることもなく、洗髪や激しいスポーツも気軽にできます。
自毛移植なので、炎症や拒絶反応起こすこともなく、後遺症の心配もありません。(ちなみに欧米を始めとする多くの国々では、人口も植毛は人体に対する危険性から禁止されています)

このことから確かな技術の声も移植によるハゲ薄毛治療はあなたに素晴らしい明日をもたらすことでしょう。


脱毛症は、命に関わったり、体に不都合がある病気ではありません。
しかしハゲ、薄毛ということで気が滅入り、せっかく優れた素質を持ちながら社会の中に入っていくことができない人が非常に多くなっています。


 薄毛に悩む方には医療として増毛が必要になっています。

レーザー植毛法の現状。

レーザー植毛法とはその名の通り、従来の植毛法レーザー装置を使って行う手術のことです。この新しいタイプの植毛法は実は15年前からあり、美容技術の進んだアメリカで研究が進められてきました。

当初は、レーザーで開けた穴が杯になって黒ずんでしまい植毛される場所の栄養補給6が再生されにくいため、なかなか生きた髪の毛をその上に植えても生着してくれないと言う問題点がありました。
そして度重なる研究の結果10年ほど前からようやくアメリカでは実用化されるようになりました。

レーザーが本当に効果があり安全なのか?

その成果についても慎重に検証されてきましたが、生着に問題なく、時間の短縮、出血の減少につながることから多くの地毛植毛クリニックではレーザーの導入に踏み込んでいるクリニックが多いようです。

レーザーといっても、今のところコヒレント社製ウルトラパルスレーザーに専門のコンピュータを搭載した機種でないとうまくいかないのが現状です。
植毛術のは採皮(毛根を含む頭皮を切り取ること)株分け、移植(目的地に穴を分け、株を植え込むこと)
この工程に分けられます。

この移植の際の穴あけをレーザーで行うのがレーザー植毛の実際のところです。
他の株分けは、従来の方法と異なるわけではありません。


それだけのことかと思われる方もいるものと思いますが、均一な移植用の穴を多数、短時間に整然と作れること、出血が少ないこと、株の植え込みの際にポップアウト(従来の植毛法では株植え込みの際に近くに多数埋め込もうとすると、先に移植した株が飛び出してしまうことが多い。この現象ポップアウトと言う)がないこと、大きめの株であれば短時間に多くの毛髪を移植することなどができることが多いのです。

クリニックでは、株分け技術の画期的改善(スタッフの充実、言い換えればスタッフここの株分けのスピードアップ、毛根損傷率の著しい減少)からバンドル植毛術(ケアの単位の株を移植する方法)が主流になってきているので、グラデーション植毛術における大きめの株の移植にはレーザーを、その他の細かい株移植(バンドル、単一植毛術)にはレーザーとの併用するという傾向になっています。

レーザー植毛法10のポイント。

1. 1回の手術で、5,000本までの時も植毛が可能である。
2. レーザーを使えば均一に、密度を濃く穴が開けられるので、家の向きや量も思いのまま仕上がる。また周辺部と違和感のない自然な流れや豊富な密度保てる。
3. 定着率はほぼ100%
4. 最新の方式を採用しているので、他人に気づかれずに薄毛を回復できる。
5. 通常の手術時間は1時から2時間と従来の手術の2分の1から3分の1に縮小できる。
6. 従来の植毛日よりも傷の回復が早く、化膿の心配がない。
7. 
レーザーなので、出血や腫れがほとんどない。
8. 包帯、ガーゼの必要もない。
9. 当日からシャワー、3日後からシャンプーが可能である。
10. 術後はすぐに日常生活に戻れ入院通院の必要は無い。
 

レーザー植毛は今後の自毛植毛にはなくてはならない技術になっています。
生え際の植毛の自然性や毛流の自然さは医師の技術になりますので、クリニック医師の経験や症例が重要になります。
これからの自毛植毛はどんどんレベルが上がっていますので、美容師や理容師にも植毛したと分からない自毛植毛技術があるクリニック選びが大切になります。

日本初上陸!最先端FUE式植毛ロボットARTAS!

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア