ハゲのパターン

ハゲと一口にいますが、そのハゲの形にもいくつかのパターンがあります。ここではハゲかたの種類を紹介してみます。

コチラの記事もよく見られています。
AGA治療の症例写真
プレミアムグロースファクター再生療法の症例写真

 

1M字剃り込み型
ハゲがそのまま頭頂部と前頭部左右の生え際の剃り込みを入れたようにM字の様になっている状態、

2.M字剃り込み進行型
1の範囲がさらに進み、生え際は耳の先まで交代している状態。

3、Ω型(オーム)
前頭部から後頭部にかけて完全にはげている状態。一般にハゲと言う言葉から多くの連想されるのはこのタイプのハゲになります。まさにハゲの完成形になります。

4.てっぺん型
頭頂部がほぼ円形にはげており、河童のお皿のようになっている状態。

5.M字てっぺん型
生え際のM字はくっきりとはげていき、頭頂部は薄毛で頭頂部は薄毛でハゲの前触れを思わせます。

6 .M字てっぺん進行型
1.4が進行した状態。生え際と頭頂部の二箇所から上げていき、やがてハゲがつながるのは時間の問題。

7.Ω孤島型
Ω型にハゲながら、前頭部は小さなひとかたまりの頭髪が孤島のように残るタイプ。

このように、実に7種類ものハゲのパターンを紹介しましたが、どのようにハゲが進行していってもやがてはΩ型のハゲに進行していくことになります。

そうなる前に予防するのも大切なことでしょう。
しかし、いくら予防してもはげてしまう人もいるのが現実なのです。

だからといって諦める事はありません。
ハゲは生命に関わる病気では無いのです。ハゲによって人間の価値が決まってしまうものでもありません。
ただ残念なことに、周りのハゲに対するイメージは相変わらずマイナスイメージとなるようです。
もし、あなたがそのことについて悩んでいるのであれば、1人で悩んでばかりいないで、いちどAGA専門医に相談してみてください。なぜなら、ハゲはかなりの程度まで解消できるのです。

人工毛を結びつける増毛法はどうなのか?

増毛のテレビCMなどで現在かなり目にしているのが残った頭髪の一本一本に数本の人口毛を結び付けたり接着したりする増毛法です。

さてこの増毛法それなりの定理が定期的に必要とされます。というのも、人口毛を結びつけられた自毛は伸び続けることになり、結び目の部分は髪が伸びる事により上へ上へとなってしまうからです。

そうなる前にメーカーやサロンに行き、再び結びなおしてもらったりする必要が出来てきます。

もちろん、その度に費用がかかることになり、このやり方では、半永久的に増毛のための費用がかかり続けることになります。人工毛の場合、1本あたり数十円と安い価格イメージがありますが、増毛に必要な人工毛は10,000本近くになるはずですから、これをほぼ毎月繰り返すとなるとその合計金額はかなりの金額になります。

また、人口毛を結びつけられた髪は負担がかかり、折角生えて残っている一本の自毛に数本の人口毛が結びつけられてしまうのですから、髪は重さの負担がかかり、人口毛を結びつけられた髪は時にはゴッソリ抜けたりします。

また定期的なメンテナンスをやめた時点で急激にハゲ、薄毛状態へと向かいますから周りの人からは急激に髪が薄くなったと思われてしまいやすいです。

人口毛を結び着けるだけを目的とした美容サロンなどに行くのは美容サロンに折角生えて残っている髪に結びつけられて通い続ける事を理解の上で実践されて下さい。
中には育毛、発毛のメカニズムや育毛法など全く知らない美容師さんに増毛メニューとして勧められて人口毛を自毛に結びつけられて後から結びつけられた自毛ごと抜け落ちてしまうといった事もよくあります。

自毛に人口毛を結びつける増毛法は私としてはオススメしてない増毛法です。

早く発毛させるにはどうする?

一般的に市販されている養毛、育毛剤は対症療法的なものである限り、ほとんど効果は無いかと思います。
ところがここに、現在で唯一効果の高い育毛剤として世界的に認められ、米国FDA (食品、医療品局)が認可したミノキシジルと言う育毛剤があります。

これはもともと米国アップジョン社が開発した血圧降下剤(血圧を下げる薬)でこの薬を継続使用した患者さんの頭髪、ヒゲ、胸毛などの体毛がどんどん濃くなる現象が起こり、一躍注目を集めました。

ここに着目して新たに育毛剤として開発されたのがミノキシジルだったのです。
ハゲ薄毛の治療に対してこのミノキシジルを使用して高い有効性と安全性に特化した発毛クリニックも多くあります。

このミノキシジルは、男性のハゲ薄毛にだけ効果があるわけではありません。
円形脱毛性や女性の薄毛にも有効に働くことが既に実証されています。

ミノキシジルがハゲ、薄毛に対してなぜ有効なのかと言うのははっきりした根拠は実はまだわかってはいません。
ただ、頭髪などの髪の毛の周辺に作用するものではなく、毛髪、体も全ての成長サイクルをコントロールする遺伝子に直接作用するものと推定されています。

ですから使用例の60%80%と言う画期的な有効率が現れたのだと考えられます。
ハゲ、薄毛に悩む方は一度、AGAクリニックでカウンセリングを受けてミノキシジルを試す価値は十分にあります。

フィナステリド

フィナステリドとは内服する薄毛治療薬です。
米国皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では、ミノキシジルとともに強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)も内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めています。

商品名はプロペシアになります
もともとは前立腺肥大症の治療薬で、副作用として毛が濃くなることから、育毛剤として使用されるようになりました。

男性ホルモンのテストステロンが男性型脱毛性の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)変換を阻害する作用があり、その結果、薄毛の症状が改善されます。

毎日1ミリグラム内服すると半年~1年後には発毛効果が現れます。

6割から7割の方に効果があると言われています。アメリカでの臨床試験では、軽度及び中程度の頭頂部及び前頭部の男性型脱毛性の方の半数が、35ヶ月服用を続けたところで効果が認められたと言う結果が出ています。

そして2年間服用を続けたところ、83%の方は薄毛の進行が止まり、そのうちの67%わけが濃くなったと報告されています。
また、効果は年齢や薄毛の部位によって異なります。年配者より20代~40代の若い方の方が効果も現れやすく、薄毛が始まって間もない方の方がよく効くとされています。

しかし、産毛にまで進行してしまった薄毛の場合はあまり効果がないと言われています。

ですので早めの対処が効果的と言えます。

部位では頭頂部には比較的よく聞きますが、生え際や額の両側の剃り込みの後退にはあまり発毛効果が期待できないようです。M字部分や生え際部分の発毛は信頼出来るAGAクリニックに相談してミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドの処方をしてもらう事もM字、生え際部分の発毛には有効です。

男性ホルモンを抑制する薬の為、性欲減退、インポテンツ、胃の不快感、腹痛、肝機能障害などの副作用が報告されています。

男性ホルモンに直接作用すると言う薬の性格上、女性や子供への使用は固く禁止されています。特に妊娠中の女性が服用し、胎児が男の子だった場合は性器が奇形になる恐れもあります。

このフィナステリドはミノキシジルと同様に服用を止めると数ヶ月から半年で効果が消滅します。
薬の効果によって進行を止めたい、現状をキープしたい方は一生薬を服用し続ける必要があります。またAGAクリニックでの処方箋が必要となります。

海外個人輸入でのミノキシジルやフィナステリドの個人輸入は内容成分が偽物が大変多く出回っています。
また、個人輸入で購入して服用し、万一、重篤な副作用が起きても保証されませんので細心の注意が必要になります。

市販の育毛剤で効果が感じられない場合はAGAクリニックでカウンセリングを受けての発毛治療の方が専門医による適切な診断と安心な医薬品治療で髪が生えて、しかもトータル的なコストを考えると生えるか分からない育毛製品を毎月購入するより、AGAクリニックに行く方が後悔しない育毛治療法でもあります。

 オススメAGAクリニック

 プレミアムグロースファクター再生療法の症例写真

AGA

あなたの薄毛は治療できる!
発毛治療の【AGAスキンクリニック】

AGAスキンクリニック

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア