ここ数年、AGAクリニックや自毛植毛行うクリニックが増えてきましたが、設備と技術のレベルは大きく異なります。
古い植毛法を採用していたり、最新の植毛法でもクリニック医師の技術が伴ってなかったりする場合も少なくありません。せっかく勇気を絞って高いお金を支払って古い植毛技術だったらものすごく後悔しますよね?

もう一つ、折角自毛植毛しても思ったような成果や理想的な髪型を得られず、トラブルになるケースもあります。

安全で効果の高い自毛植毛を受けるために信頼できるクリニックを見極めるポイントを紹介しましょう。

自毛植毛でオススメクリニックの見極め方

まずは株分けの技術。
後頭部から採取したドナー株が移植した部分で元気に生き続けられるかどうかは、虚血時間(血が通っていない時間)の短さで決まります。
ドナーについて詳しくはコチラ

ドナーの株分けは繊細で高度な技術が必要で、それを短時間で正確に行える技術が求められます。
機械式植毛法はどんな毛根の切断率が高く、発毛率が低いのでなるべく避けましょう。

植え付けのスピード。
サイズの異なるドナー株を組み合わせて、自然で密度の高い仕上がりになるように上つけるのも高度な手作業の技術が必要になります。植え付けが短時間で終わるほど定着率が高まるため、スピードが命となります。

縫合技術。
ドナー採取部は頭皮を縫い合わせるため、その部分に傷跡が多少残りますが、きれいに縫い合わせればほとんど目立つ事はありません。クリニックで自毛植毛の縫合した部位の写真などを見せてもらいどの程度の傷跡が目立つかをチェックしたりします。

カウンセリング。
薄毛は非常にナーバスで心の悩みと直結する問題で、そうした心の揺れを理解し、納得するまで何度もカウンセリングをしてくれるクリニックは誠意を持って治療してくれることでしょう。逆に医師がカウンセリングを行わず質問にも曖昧にしか答えない横柄なクリニックは注意が必要です。クリニック医師とのカウンセリングは自毛植毛をする為の第1歩ですのでクリニック医師とのコミニケーションは重要になります。

アフターケア。
自毛植毛は、植毛の効果が得られるまでに時間が半年以上かかるので不安になる方も多いはずです。
植毛後も気軽にカウンセリングに応じてくれるクリニック選びをしましょう。その際気をつけたいのは追加料金がかかるかですカウンセリング料やアフターケアの料金がかかるかをきちんと相談して確認しましょう。

モニター症例。
自毛植毛のモニター症例の結果が実例写真で多く公開されているクリニックは、植毛される方の満足度が非常に高い証拠になります。

自分の理想的なヘアスタイルを想像したりして植毛後の楽しみにもなりますし、モニター症例の写真を確認する事で自然な感じに見える植毛技術か満足出来る植毛技術かを判断する事が出来ます。

モニター症例がたくさんあるクリニックは技術に自信があるクリニックと判断しても良いでしょう。逆に実例写真がないクリニックは要注意です。

植毛して違和感はない?

自毛植毛のドナーに使うのは、自身の頭髪の中で、太さや髪質の状態が1番良い後頭部の髪の毛です。
どんなの毛根組織を薄毛の部分に植えると、移植した後に生えてくる髪は、もとのドナーの髪と同じ髪質になります。

つまり、自分の髪の中で、最も太さや質感が良い健康な髪が生えてきます。また周囲の髪の色と異なる色の髪が生えてきたら目立ちますが、微妙な色合いも含めて同じ自分の髪が生えてくるためとても自然になります。

ちなみに、細めで柔らかい髪質の人は細くて柔らかい髪が生え、太くて硬い髪質の人は太くて硬い髪が生えてきます。
植毛した部分があまりに自然のため自毛植毛を行った方の多くが、移植部分に後頭部の髪が生えてきてるとは誰も気づきません。それくらいに自然に濃くなります。周囲の方に違和感をもたれる事はありません。

剃り込み部分だけ植毛できる?

20代から30代の男性で、生え際を気にする人が増えています。
若い男性は前髪を下げて左右に分ける髪型にしてる方が多く生え際が薄いのが気になるようです。しかし自毛植毛で剃り込み部分を植毛して生え際のラインを一直線にしたいとの希望の方がいたとしますが、しかしこのタイプの植毛はオススメはできないでしょう。
なぜなら男性は歳とともに必ず左右の剃り込み部分がM字に剃り込み部が上がってくるのに対し、自毛植毛で生え際部分を水平に一直線に植毛してしまうと一生涯、生え際が水平に一直線に髪が生えていて何とも不自然な生え際になってしまいます。

また2030代のこれから薄毛が進行するタイプの方は自毛植毛した生え際部分より更にハゲてきてしまうと折角、植毛して生え際部分を自然な感じに植毛したのに、更にハゲてきた部分を後から植毛しなくてはなりません。

ですので、生え際部分の自毛植毛はクリニックの医師ときちんと相談して数年後、10年後の生え際部分の状態を想像し、クリニック医師と想像しあいながら植毛をするようにしましょう。

植毛法、育毛法のどちらを選択?

薄毛が気になり始めた時、どのような対策をとればよいでしょうか。
方法は3つあります。
1つ目は塗る育毛剤です。半年以上使い続けて、洗髪後の排水溝の抜け毛を減らせたり、髪の状態をキープできれば、その育毛剤はあなたの頭皮と髪に合った育毛剤といえます。

2つ目はAGAなどの医薬品の男性ホルモン抑制薬です。いわゆる男性型脱毛が原因となっている場合は男性ホルモンを抑えて薄毛の進行を遅らせることができます。AGA治療薬は7割以上の方に有効で特に頭頂部の薄毛に効果的です。ただし多少の副作用があるためクリニックの医師の診察を定期的に受けながらクリニックで処方してもらわないと使えません。

3つ目は自毛植毛です。生涯髪が生え続ける後頭部の髪を、毛根ごと髪が薄い部分に移す方法になります。アフターケアは不要で効果は一生涯続きます。自毛植毛は薄毛の最終的な治療法であり1番確実な方法になります。
女性ARTAS2
風呂あがりに頭皮が見え出したらTOMクリニックへ

気づかれずに髪を増やせるか?

まず育毛剤を使った場合は、他人に言われるほど髪がフサフサになる事は残念ながらありません。
またカツラに関しては一般的な髪の密度よりもかなり髪の毛が多く、自身の元々の髪より黒かったり、かぶると違和感があり特に生え際部分は不自然な感じになります。

その自毛毛植毛でしたらそのような心配は全くありません。自分の髪を植えるので髪の色も質感ももともと自身の髪が生えている髪の毛と全く同じになります。また植毛した上が10センチ程度に伸びるには約1年ほどかかります。実はこれは自分の髪の毛が自然に伸びるスピードとほとんど同じです。髪はゆっくりと成長していきますから他の人に植毛したことを気付かれる事はありません。

植毛は育毛剤と併用しても効果的。

テレビでは盛んに育毛剤のコマーシャルが流れ、ネットでも多くの商品が宣伝されています。どれも効果ありそうな宣伝文句ですが、育毛剤を使っても髪の毛がふさふさになる事はありません。
育毛剤には抜け毛を多少減らしたり、薄毛の進行を遅らせたりする程度の効果しかなく今の髪の維持ができれば成功となります。

折角育毛剤を使うなら購入して後悔のない育毛剤を選びたいですね。
しかし、どの育毛剤を選んでいいか分からない。
多くの育毛剤を見てきた私が選ぶ、厳選した育毛剤をご紹介いたします。
成分、こだわり、価格に関してトータル的にバランスのとれた育毛剤になります。
初期の脱毛、薄毛には自毛植毛でなくこの育毛剤だけである程度は満足いただける効果はあるハズです。

詳しくはコチラをクリック

育毛剤の効果はどれも大差は無いので時々に合った予算と好みで選ぶのが良いでしょう。

日本では医学的に発毛効果が認められているのはミノキシジルとフィナステリドの2種類のみです。金額的には1ヵ月に6,00010,000円程度のものが妥当です。ミノキシジルとフィナステリドはクリニックで処方されるためAGAクリニックに行くのがオススメです。

自毛植毛直後は植毛した部分の髪は一度抜けるので、再度新しい髪が生えてくるのにミノキシジル育毛剤やフィナステリドを服用する事で髪の発毛率と植毛した髪の生着率を高めるのにオススメです。

さて、今回は自毛植毛についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

自毛植毛は信頼のできるクリニックで治療したいものです。
今回はおすすめのクリニックをご紹介いたします。
AGAスキンクリニック

あなたの薄毛は治療できる!
発毛治療の【AGAスキンクリニック】

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア