マンガARTAS

薄毛治療・AGA治療は専門病院、TOMクリニックへ

年間300,000人近くが受ける自毛植毛。

日本では、薄くなってきた髪をなんとかしたいときに最初に思い浮かぶのはカツラで隠すと言う方法では無いでしょうか?
カツラは被った途端、薄毛をカバーでき効果が実感できることから、愛用している方も多いでしょう。
しかしながらカツラは薄毛をカバーでき効果が実感できたと言う根本的な髪を生やすといった治療方法にはなりません。

また長期間にわたって長時間カツラを使用し続けると、カツラの内部が蒸れて残存している髪にまでカビが生えたり、カツラ装着時に頭皮が荒れて痒みがでたり、脱毛の原因になってしまうこともあります。
また、カツラの手入れやメンテナンス費用やスペアのカツラなどカツラにかかる費用は年間に驚く金額がかかります。

次に思いつく薄毛対策は育毛剤でしょうか?
現在日本でも数多くの種類の育毛剤が発売されていますが、実はどれも髪が生えると言うものではありません。
発毛といった効果効能は医薬部外品育毛剤にはありません。
薄毛の進行を遅らせるか現状の髪を維持する程度の効果でしかなく髪がフサフサに戻る事はありません。

では植毛はどうでしょうか?
テレビや広告の影響もあり日本で植毛と言うと人口の毛を植え込むことだと考える人が多いようです。しかし世界的には薄くなっている部分に自分の毛を再分配して薄毛を改善する時も植毛が最も安全で効果的な方法として認められています。
自毛植毛とは自分自身の後頭部から側頭部の頭髪を採取し、薄毛が気になる部分に再分配する移植技術です。

後頭部から側頭部にかけての毛は、薄毛を誘発する男性ホルモンの影響受けにくく、ほぼ一生涯太い髪のままはい続けています。そして薄くなった生え際などにこの部分の毛髪組織を移植した場合移植先での環境に左右されずに後頭部と同じように髪が生えてきます。
将来薄毛が進行してもともと前頭部や頭頂部に入っていた髪がすべて産毛になって見えなくなっても後頭部に毛が生えている限り植毛された毛も前頭部や頭頂部で生え続けます。

後頭部の毛はこうした特徴はドミードミナントと呼ばれます。
自毛植毛の場合は自分の組織を自分の別の場所に移動するいわば自家製の移植なので拒絶反応は起こらず、炎症も起こりにくいのが特徴です。
人口毛の場合は必ずといっていいほど拒絶反応が出てせっかく植毛した人口毛が全て脱落することが多いようです。しかも、体が拒絶反応して人口毛を拒絶して頭皮もかなりのダメージを受けてしまい、他の育毛法が出来ないくらいの頭皮ダメージとなってしまう可能性がある為、人口毛の植毛は注意が必要です。

自毛植毛は希望の場所に太くて強い髪が一生涯、生え続けると言う意味で医学的に理想的、究極的な最終毛髪治療法になります。

自毛植毛の最終目標は、生え際などの自然な仕上がりと密度になります。
本人が薄毛と自覚せず、他人からも薄毛と思われない程度の密度を確保することなのです。そのために世界中の専門医が様々な植毛方法を考案して繊細な技術が開発や工夫されてきました。
そして頭髪の最小単位である毛包ごとに移植する毛包単位移植(FUT)が現在の主流になっています。
現場では、手先のドナーの株分けと、手作業による植え込みのFUT法が最も優れた効果的な方法として確立しています。

自毛植毛先進国のアメリカでは、手作業の植毛に熟練したスタッフを要請することこそが、質の高い自毛植毛を提供する上で最も大切とされています。

質の高い自毛植毛の特徴を紹介します。

  • 限られた数の植毛用毛髪(ドナー)を全て無駄なく採取する。
  • 植毛株に損傷を与えず、迅速かつ丁寧に植毛する。
  • できる限り高い密度で植毛する。
  • 自然な毛の流れを整える。
  • 既存の上の間に移植しても既存の上にダメージを与えない技術。
  • 1度で大量2,000株から2,500株以上の植毛を行う技術がある。
  • ドナー採取後に傷を目立たなくするよう縫合技術がある。
  • 将来の薄毛進行を見据えた色もデザインを行う。
  • 豊富な地毛植毛件数の実績がある。
  • モニター症例の結果が多くある。

このように自毛植毛は高度な技術が求められますが、植毛の方法はいたってシンプルになります。
局部麻酔で行うため痛みなどはなく、たいていの方はうたた寝をしているうちに完了します。植毛後の痛みもほとんどありません。中には多少頭皮のつっぱり感を感じる方もいますが痛みと言うほどの不快感ではありません。

また、優れた技術を持つクリニックでは短時間で完了するので、日帰りが可能です。地毛植毛体験者の6割が20代~30代で仕事の休日に植毛し、すぐに職場に復帰する方が多いようです。
ただし、ヘルメットをかぶるような仕事の場合はヘルメットによる摩擦で植毛した株が抜ける危険性があるため、4日間程度は休みが必要になります。

自毛植毛の場合は、植毛した直後から髪がフサフサになるわけではありません。

移植した家は約1ヵ月後にいちど抜け落ちて、その後23ヶ月後から産毛となって生えてきます。目に見える太さに育つのが45ヶ月後からです。
この頃多少髪の毛がくせ毛のような感じに生えてきたりします。

しかしそれも徐々に直毛になり普通に太い髪が生えてきて、5センチから10センチの長さに伸びるには1年後にはなります。
優れた技術を持つクリニックでは、自然に生えている上と同じような毛包単位の植毛を行っており生え際など見た目が自然に仕上がるようになりました。

一昔前までは生え際など繊細な部分も人形の様な植え込み技術しかなく、生え際の植毛が自然な感じの生え際の仕上がりではなく、人形の頭に毛を植毛した感じの不自然な生え際の仕上がりだったのが近年の高い植毛技術によって生え際の仕上がりが自然な仕上がりになったようです。

自毛植毛訴求強め
薄毛治療・AGA治療は専門病院、TOMクリニックへ
一言で薄毛の悩みといっても薄毛の状態は十人十色。1人として同じ状態の方はいません。

特に生え際は顔の輪郭を決める重要な部分で、どうデザインするかでその方の印象を大きく左右します。ですから10年、20年後あるいは30年先まで頭髪の状況を予測し、将来的にも不自然にならない生え際をデザインする必要があります。

また薄毛を目立たなくするためには科学的に綿密な植毛計画を立て、植毛したけど残っている髪の密度を調和させることで頭髪全体がバランスのとれた密度に見えるように整えることも重要になります。

つまり自毛植毛はオーダーメイドの対策が求められています。

一人ひとりに本当に適した植毛法で行わなければ、自然な仕上がりとボリューム感を実感できません。自毛植毛を行っているクリニックは、薄毛の状態と希望に応じて最適な植毛法を選べるように患者と向き合っているクリニックがオススメです。
どの植毛法も最高の技術を提供出来るように常なった自毛植毛の技術に務めているクリニック選びが重要になります。

自毛植毛は自分の上が永久的に入ってくる。後頭部に残っている髪が、頭の前半分にフサフサに生えてきたらどんなに良いだろうかと思う方は多いでしょう。

まさにそれを医学的に実現する方法が自毛植毛になります。
医学的にも最も理想的な現代医学の薄毛に対する最終的な治療方法になります。男性型脱毛症で薄毛が進行するのは、前頭部から頭頂部の髪の毛です。

この部分は毛根を弱める作用のある強力な男性ホルモンに支配されている領域になります。ですからこの部分に生えている髪は薄毛になりやすいと言うわけです。

では後頭部から側頭部の毛を薄毛部分に移植した場合移植された際どのような運命になるでしょうか?
後頭部から側頭部の毛は強力な男性ホルモンが支配している場所に移植された後も、男性ホルモンの影響受けにくい性質を損なうことなく移植場所に定着します。

元々、前頭部から頭頂部に生えている髪がAGAの影響によって全部産毛状態になっても移植した髪だけは正常な太さをキープし続け髪が太く生えてきます。

しかし、自毛植毛を行った直後は髪が増えた事はまだ実感はできません。移植した頃は約1ヵ月後に一旦抜け落ちるため植毛に失敗したのではないかと不安になる方も多いのですが、23ヶ月後には新しく生まれ変わった毛が産毛となってどんどん生え始めてきます。その後は太く黒くなる毛となって10ヵ月から1年ほど経過した頃には密度とボリューム感が出て自由なヘアスタイルを楽しめるようになります。

カウンセリングの大切さ。2つのポイント。

多忙でも出来る限りクリニックに来院してカウンセリングを受けることが好ましいでしょう。

クリニックの医師は手術前に患者さんのあらゆるプロフィールをいろいろな角度からチェックし地毛植毛手術の適応性や出方を選択してしなければなりません。

医師と患者が正面から向き合う。医療の世界ではどんな場合においても医師と患者さんとが密にコミニケーションを取る事はとっても大切なことです。クリニックの医師は手術前に患者さんと向き合い出方法や注意点について詳しく説明します。

例えば雑面を希望する患者さんにとって新しいヘアスタイルを決める事はとても大切なことになります。手術の時も移植によって決められるヘアスタイルは毛の分布などを考えてデザインが決められます。

しかし、100%自分の希望通りのヘアスタイルにするにはいろいろな要素をチェックしなければなりません。

医師と患者さんがそのことについてよく話し合い、納得の上で手術する方法が決められます。患者さんの希望と現実的な可能性との接点を乱す。ここから全てが始まると言っても良いでしょう。
患者さんにとっても、いろいろなカウンセリングでの話し合いの中で、自分の手術を担当してくれるクリニック医師がどんな人間なのかを知る事は大切なことです。

医師の説明不足や患者さんの誤解のないようにその他の不必要な心配事や不安な要素を一掃してから自毛植毛手術に臨んでいただきたいものです。

 
AGAスキンクリニック
あなたの薄毛は治療できる!
発毛治療の【AGAスキンクリニック】

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア