若い頃からはげてしまう若ハゲ(若年性脱毛症)は、男性ホルモンの中のテストステロンとDHTの中で、DHTの割合が多い人に起こると言われています。
DHTは、毛根にある5 αリダクターゼと言う還元酵素からテストステロンが変身したものです。変身したDHTは、皮脂腺や毛嚢に作用して皮脂の分泌を促進します。

皮脂は多すぎると、頭皮や毛穴に負担をかけるだけでなく、5 αリダクターゼを刺激して、さらにDHTを増加させてしまいます。

実際に頭髪の悩みを持つ人にはべたつきがちな頭皮を持っていることが多いものです。
また、他の体毛の毛根には成長に必要なタンパク質合成を促進させるのに、頭髪の毛根には逆にタンパク質合成を抑制してしまいます。

このようにDHTは、ひげや胸毛は濃くするのに、頭髪の部分はハゲに導くと言う誠に困った働きがあります。

DHTが生み出す悪循環は若ハゲを助長していると言っても決して過言ではありません。

若年性脱毛症は、遺伝であることが非常に高く、それも家計の中で男性のみ現れる遺伝で受けつがれています。
遺伝子検査+育毛剤【Persona(ペルソナ)】

Persona(ペルソナ)

私たちは両親から1個ずつの毛髪遺伝子を貰います。その遺伝子の組み合わせは、

1、正常な遺伝子と正常な遺伝子。
2、ハゲ、薄毛の遺伝子と正常な遺伝子。
3、ハゲ、薄毛の遺伝子とハゲ、薄毛の遺伝子。

この三つが考えられます。

ちなみに男性は優性遺伝の為、ハゲ薄毛の遺伝子が1つでもあればはげてしまう確率は高いと言うわけですその確率は次の通りです。

a、父親にはげ、薄毛の遺伝子が1つでもある→ 50パーセント。
b、母親にもハゲ、薄毛の遺伝子がある→ 75%。

これに比べて、両親ともに正常な遺伝子を持っていた場合、子供にハゲ、薄毛が現れる事は遺伝子学的にはありません。

ただし、食生活や生活環境の乱れ、ストレスなどで薄着になることもありますので注意しましょう。

さて、ハゲ薄毛の体質を親から受け継いでしまった男性は、男性ホルモン活性の高まり始める思春期からDHTが多く作られることにより、毛根の成長低下や毛嚢の縮小が進んで脱毛症が現れることになります。

ちなみに女性にハゲが少なく、あっても薄毛程度なのは、頭髪の成長にプラスに働く女性ホルモンがいつも男性ホルモンより優位にあることのほかに、脱毛の仕方に違いがあるからです。

毛髪は、通常1つの毛根から2本から3本生えています。
脱毛の時、女性は2本から3本の中から1本だけが抜けますが、男性は1つの毛根から生えている全ての毛髪が一度に抜けてしまいます。

ですから、女性の薄毛は目立ちにくく、男性の薄毛は一つの毛根から一気に髪が全て抜けてしまうので薄毛が短期間で目立ってしまうのです。

早めの抜け毛防止のためのケアが必要になります。

自分自身がAGAになってしまうのか?
抜け毛が多くなると誰しもがそんな不安に襲われます。
最近ではAGA遺伝子検査キットで調べることも可能になっています

遺伝子検査付き 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

Persona(ペルソナ)

 

AGAの遺伝子検査キットとは

AGAの遺伝子検査は、AGAの専門クリニックなどで受けられますが、インターネットなどで販売されている「遺伝子検査キット」を使用して自分がAGになる可能性が高いのか遺伝子診断キットで受けることも出来ます。

遺伝子診断キットの中には、「検査説明・取扱説明書」「遺伝子検査同意書」「検査用の容器・器具」「返信用封筒」などが入っています。検査同意書にサインをしてから、検体を採取して、サービス会社に返送します。検査結果が届くまでは、約1ヶ月かかります。検体採取の方法には、綿棒で頰の粘膜をこすりとるタイプと容器に唾液を入れるタイプの2つがありますが、どちらも簡単に行えるので気軽に検査を受けることが可能です。

AGA遺伝子検査キットで調べていること

AGAの原因の一つは「DHT」という男性ホルモンですが、薄毛が遺伝しやすいということは、多くの薄毛に悩む方がまず最初に思うことですが、残念ながらAGA発症には遺伝的な要素が深くかかわっていることがわかっており、最近の研究では「AGAを発症した人の遺伝子には、ある程度共通した特徴が見られる」ことがわかっています。
AGAの遺伝子検査では、この遺伝子の特徴を調べることで、自分がAGAを発症しやすいかどうかを知ることが出来ます。
もちろん、遺伝的特徴が見つかったからといって、必ずしも自分がAGAを発症する訳ではありません。
AGAの発症の原因は薄毛による遺伝の他にもストレス、食生活、睡眠など色々な要素が重なり、いつAGAを発症するか不明です。

ですから、AGAの遺伝要素が強くても日ごろの生活スタイルや髪のケアをすることにより、AGAの発症を抑えることも可能になります。

また、遺伝子検査会社によって調べる遺伝子の数や種類、検査の正確性は異なるので、検査結果に差が出る可能性はあります。
AGAの人の遺伝子には、ある程度共通した特徴があることが明らかになっています。
この遺伝的特徴の有無を見ることで、AGAを発症しやすいかどうか調べています。AGAの発症には遺伝的要因が関与しているとされていますが、もちろん遺伝的特徴があるからといって、必ずAGAを発症するわけではありません
AGAの遺伝子検査はあくまでも「AGA発症のリスク」を見ているのですのでAGA発症のリスクを最小限に抑える為にも日ごろのケアの方法を見直すためには有効な手段だと思います。

遺伝子検査で調べる事は?

遺伝子検査で調べるものは、CAGリピート数GGCリピート数になります。
私達のDNAは、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という4つのDNA塩基からなっています。

その中のある場所にC(シトシン)、A(アデニン)、G(グアニン)と繰り返す場所があり、その繰り返しの数がCAGリピート数です。このCAGリピート数が高ければ、アンドロゲンレセプターの活動力が高いという事になります。

また、同じくG(グアニン)とC(シトシン)だけを繰り返す場所があり、その繰り返しの数をGGCリピート数と言います。上のCAGリピート数とこのGGCリピート数の合計値が低ければ、AGAになりやすく、逆に合計値が高ければなりにくいという事になります。

男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感度が高いとAGAが発症しやすくなりますが、この感度とCAGリピート数には以下のような関係があります。

CAGリピート数が高ければ男性ホルモン受容体の感度は低く、逆にCAGリピート数が低ければ感度は高くなります。

その理由としては、CAGリピート数が高くなると、それを元に作られるポリグルタミン配列も長くなります。すると、この配列が立体構造をとった時に障壁となり、男性ホルモンとの結合を妨げてしまうからです。

逆にリピート数が低いと、その障壁も小さくなるので、男性ホルモンと受容体との結合が容易になってしまいます。

このことからCAGリピート数は、AGAのなりやすさにおいて非常に重要な指標と言えるでしょう。

しかし、
AGA遺伝子検査キットはAGAの発症とは関連性が低いこともあげられています。
コチラに詳しいAGA遺伝子について記載されています

自身がAGAになるのか?という不安から解放されることによって薄毛ストレスから解放されるためには市販のAGA検査キットで判断するのも良いかと思います。
薄毛にこのまますすむのか、自分は遺伝でハゲるのかという見えない恐怖で日々過ごすのは耐え難いといった方には検査キットは非常に有効な手段になります。

また、確実性のあるAGA遺伝子検査においては専門クリニックにて受診されることをおすすめします。

コチラのサイトはAGAについて詳しく解説されています。

AGAの診断方法と診断基準より引用
https://port-medical.jp/media/articles/18

現在、国内で使用されている遺伝子検査キットの多くは、男性ホルモン受容体の遺伝子多型(いわゆる「CAGリピート」と「GGCリピート」)を調べるものです。しかし、この遺伝子多型とAGA発症との関連性は低いことが明らかになっています。株式会社DeNAライフサイエンスが提供しているmycodeは、これとは別の遺伝子を検査しています(20番染色体上のPAX1/FOXA2の変異を調べている)。よって、市販されている検査キットでは、確実に全ての疾患関連遺伝子を検索でき可能性が高いと考えます。AGAを発症するような遺伝的背景を持っているかどうか不安な方は、一度医療機関を受診して医師に相談することをおすすめします。

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア