おすすめ記事になります。

最大44%OFF!BOSTONスカルプエッセンスのお得なコースを選択

抜け毛が気になったらコレ
スカルプエッセンスは薄毛に効果あるのでしょうか?
最近は育毛剤の人気よりこのスカルプエッセンスというワードを頻繁に見ますがはたして薄毛にどのような効果があるのか?
育毛剤よりスカルプエッセンスの方が薄毛に効果あるのか調べてみました。

代表的なスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンスはボストンサプリメントを育毛業界で発表して話題となり、育毛の為のサプリメントとしてはボストンは有名な会社です。

そのボストンが新たに、育毛業界で唯一「ピディオキシジル」「キャピキシル」「フラーレン」の最新育毛成分を配合した育毛スカルプエッセンスとなっています。業界でも限界濃度。

 

BOSTONスカルプエッセンスキャンペーン実施中!

 

これほど最新でしかも原材料として非常に高価な育毛成分を凝縮した育毛商品は他にないため注目が集まっています。

まずキャピシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社により開発された成分で、成長因子(アセチルテトラペプチドー3)と植物(アカツメクサ花エキス由来のビオカニンA)から抽出された自然由来の成分です。

AGAの原因物質であるDHTを産生する5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるとされています。
また、アセチルテトラペプチドー3は毛包構造維持に働きかけると言われ、髪と頭皮にやさしい原料素材です。

ピディオキシジルはミノキシジルの誘導体で、分子構造が非常によく似た構造をした育毛成分です。ミノキシジルは化学合成成分で副作用などが気になる方にはオススメ出来ませんが、ボストンスカルプエッセンスは副作用が気になる方でも安心してご使用になれます。

なぜなら、

ピディオキシジルは育毛効果をよりアップさせた成長因子などを配合しています。

ミノキシジル発毛剤として効果が認められている一方で、ミノキシジルは動悸や痒み、その他の副作用が起こる事も知られています。
一方でピディオキシジルは、ミノキシジルと同等の効果を持ちながら副作用がほとんど起こらないことで注目されています。
ピディオキシジルは本来、まつ毛の育毛として海外で効果がある成分として大人気になりました。

しかし、日本では育毛剤としては認可されません。

何故なら、日本では医薬部外品指定成分を配合しなくてはならなく、仮に医薬部外品指定成分を配合した場合はキャピシルとピディオキシジルの効果の利点がなくなる恐れがあります。

ですので、キャピシルとピディオキシジルの髪への作用を最大限発揮させる為に、敢えて医薬部外品指定成分を配合せずに、スカルプエッセンスとして開発された点はかなりのこだわりとしてプラス評価になります。

ボストンスカルプエッセンスは髪専用に改良されて、限界濃度で製造されたスカルプエッセンスになります。

「ピディオキシジル」「キャピキシル」は、共に発毛治療薬ミノキシジルと同等・それ以上の育毛パワーが注目されているにも関わらず、自然由来の成分で副作用の心配がないのが今まで副作用の心配をしながら使用していたミノキシジルとの大きな特徴です。

ミノキシジルが使えない方や副作用が心配な方でも安心して使えるのがボストンスカルプエッセンスです。

近年有効な発毛作用を持ちながら副作用がないという自然由来の天然成分『キャピキシル』がまつ毛育毛業界、髪の育毛業界ではクローズアップされ続けられており、数多くのキャピキシル製品が育毛市場に登場しています。

この理由はキャピキシルを構成する成分がミノキシジルの3倍の発毛力を持つ組成であることと、天然由来成分であるキャピキシルには、血圧降下剤がベースとなることから副作用が発生する可能性のある化学合成のミノキシジルに対してその副作用リスクがないという利点があります。

キャピキシルは単体でも髪への効果が高い成分とされてきました。そのためにキャピキシル成分を中心に製品を成分構成するというのがこれまでの育毛、美容業界の考え方であったのであろうと思います。

しかし『ボストンスカルプエッセンス』は育毛業界に初めてピディオキシジルを活用し、さらに注目のノーベル化学賞受賞成分である抗酸化成分フラーレンをも加え、キャピキシルと相互的に作用する新しいコンセプトの医薬部外品育毛剤には真似の出来ないスカルプエッセンスを完成させました。

このノーベル化学賞受賞成分の抗酸化成分フラーレンを配合したボストンスカルプエッセンスは他の育毛スカルプエッセンスにはない画期的な成分としてプラス評価になります。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
抜け毛が気になる方へ。実績ある毛髪大作戦のヘアケアエッセンス!!
        年齢性別問わず得られる満足感!!
   『毛髪大作戦Growth Project.BOSTON-スカルプエッセンス-』
詳しくはこちら↓↓↓

キャピキシル配合の男性用育毛剤BOSTON(ボストン) スカルプエッセンス

 

フラーレンが頭皮に与える影響

フラーレンとは近年発見され、化学者の間で一大センセーショナルを巻き起こした炭素の同素体(同一元素だけで校正される分子)で、炭素原子60個で構成されるC60などの多面体の総称で、サッカーボールのような構造をしているのが特徴です。

活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化力があります。フラーレンの抗酸化力をビタミンCと比較すると、170倍、最大250倍以上と高い抗酸化力が確認されています。近年では、HIVの特効薬として効果があるとされ、研究や臨床実験が行われています。

フラーレンは、その抗酸化力により頭皮の環境を整え、毛の成長サイクルを正常に整えたりします。高い抗酸化作用があり、活性酸素による細胞の老化を防ぐ効果があり、紫外線ダメージやストレスなどから細胞が酸化すると、肌のバリア機能が正常に働くなり頭皮トラブルが起こりやすくなるほか、細胞が変質したり劣化して新しい細胞も作り出されず老化してしまいます。。紫外線などでダメージを受けた頭皮環境を整え、正常な細胞分裂を保つことで発毛を促進し、抜け毛を防ぐ効果があるとされています。

また、コラーゲンの生成を促進する効果があることから、肌の潤いを保ち、頭皮のハリや弾力を正常したり守る効果があります。

オレアノール酸配合もプラス材料

高価なプロキャピルも配合

オレアノール酸とは、プロキャピルという物質を構成する成分の一つで、AGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を産出する還元酵素である5αリダクターゼを阻害する作用があると言われています。

 

闇雲に配合した成長因子は無意味。
薄毛を誘発する可能性もあります

効果的な成長因子を厳選

成長因子は時に抜け毛を誘発する
成長因子もあるので注意が必要

ボストンスカルプエッセンスは、キャピキシルに配合されている成長因子(アセチルテトラペプチド-3)のほか、
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(EGF)
ビオチノイルトリペプチド-1この2つの成長因子を配合しています。
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(EGF)は、ヒアルロン酸やコラーゲンのように人の肌に存在するタンパク質の一種で、細胞分裂や新細胞の再生を促進させる働きがあるため、皮膚のターンオーバーのサポートが期待できます。近年では成長因子は育毛に効果的と様々な会社がこの成長因子を配合した育毛剤がありますが、キャピシル、ピディオキシジル、フラーレン、成長因子配合のスカルプローションは他にはないでしょう。また、成長因子はヘアサイクルが乱れて長くなった休止期の期間を短縮し、成長期に早く戻るよう働きかける作用があることがわかっています。

スポイトの目盛りで適量がわかる

この濃度が頭皮になじむ感じが良い

ボストンスカルプエッセンスは、通常の液体育毛剤やミノキシジルなどと比較すると液体に少し粘度があります。整髪料の様なべたつきではなく、サラッとした非常に頭皮に塗ると頭皮に無駄なくなじむような感覚です。

少しの粘度がある事で液だれしにくく、頭皮に馴染んで吸着して毛根への浸透を効率的にするための考慮が開発と成分濃度が濃いというのが納得できる感じです。

また、スポイトに目盛りがついているので一回の使用適量がわかり使いやすいのも特徴です。

購入後も安心の180日の返金保障がありますので、購入後のアフターフォローは万全です。
誰しも、育毛剤を色々な製品の中から選んで購入した後でも、「本当に自分にはこの育毛剤で良かったのか?」「この育毛剤は自分の頭皮にはあっているだろうか?」など不安になるものです。
しかし、この180日間の返金保障制度があれば万一の時にも安心できます。
薄毛に悩んで、様々な育毛剤や育毛製品を購入してきても全く効果を感じられなかった方には、
最適で自分に合った育毛製品を知る事ができるはずです。

180日間返金保障についてはボストンスカルプローションのサイトでご確認下さい。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
抜け毛が気になる方へ。実績ある毛髪大作戦のヘアケアエッセンス!!
年齢性別問わず得られる満足感!!
『毛髪大作戦Growth Project.BOSTON-スカルプエッセンス-』
詳しくはこちら↓↓↓

 

スカルプエッセンス

コチラも人気の発毛方法です。
【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア