実は皮脂は薄毛の原因ではない

皮脂が薄毛や脱毛の原因となると誤解してる方が多いようです。
ただし、皮脂が過剰になると薄毛の原因になります。

皮脂が薄毛の原因ではなく、皮脂が過剰になると薄毛の原因になる?
これは一体どういった事なのでしょう?

今回は薄毛の常識、非常織について解説していきます。

皮脂が毛穴に詰まると、ほこりや細菌が付着して毛穴を塞いだり、感染して炎症起こして脂漏性皮膚炎等になり薄毛や脱毛になると言う説が流れています。

実はこれは大きな間違いで髪の表面のキューティクルを紫外線や外部刺激から守るために、毛根のひとつひとつに皮脂腺があり分泌しています。
つまり皮脂は髪や頭皮を守るために欠かせないものとなります。

髪の毛は毎日少しずつ伸びるので毛は汚れが不着した皮脂や汚れは自然と外に押し出されます。
ですから、皮脂が多くても気にする実は必要はありません。

ちなみにホームレスの人にハゲがいないのがその証拠です。皮脂が脱毛の原因では無いのです。
最近では美容室でヘッドスパなどで皮脂が薄毛の原因とばかりに目の敵にして髪を洗いすぎる美容室などがありますが、皮脂が不足すると髪が傷みやすくなり、不足している皮脂を補うために皮脂腺が発達し、ますます大量の過剰に皮脂分泌になります。その結果頭皮や髪の脂症が進んでしまいます。

そうなると過剰に皮脂が頭皮に付着してしまい髪が抜けやすい状態になってしまうのです。
適度な皮脂髪や頭皮には必要で、過剰な皮脂髪や頭皮には必要ないのです。

ですから、シャンプー時に皮脂を全て取り去ろうとして何度も洗髪したり、洗浄成分の強いシャンプー剤を使用しての洗髪は頭皮に適度な皮脂を落としてしまうと、身体は自然に「頭皮を潤す為に皮脂をたくさん分泌させなくては」と反応してしまい過剰に皮脂分泌をしてしまうのです。
過剰に洗髪、洗浄成分の強いシャンプー剤を使用するのは避けた方がいいでしょう。

 

薄毛、抜け毛が気になる方には見ていただきたいオススメ情報

海藻を食べると薄毛に良い?

ワカメやもずく、ひじきなど海藻類はミネラル豊富な食品になります。

ミネラルは髪質を良くするための効果がありわかめを食べることで強く丈夫な髪を保つ事には役立つ食品になります。

その結果として、切れ毛などによる髪のダメージは少なくなるかも知れません。しかしミネラル成分に実際は育毛の効果はなくて髪が生える等の薄毛解消にはなりません。

薄毛の原因は、遺伝や年齢や男性ホルモンや酵素によるもので、これらは食品の栄養素で解消できるものではありません
ですからワカメや海藻類に限らず日々の食事によって薄毛を改善して発毛させると言うのは無理になります。

しかしながら、髪に良いと言われる食品はいろいろあります。ワカメなどの海藻類のほかには、サバ、アジ、イワシなどの青魚類。ほうれん草、卵、大豆類、乳製品などが挙げられます。

これらは栄養が豊富な上、血液の流れを良くしたり、サラサラにしたりする効果があり体の健康状態が良くなり、髪も健康な状態になるでしょう。

身体と髪は密接な関係があり、身体の栄養分が不足しがちになると髪にも影響がでてしまい、髪にもハリやコシがなくなり、髪の色も少し薄く元気がない状態になります。
毎日少しずつバランスよく摂るようにお勧めします。ただし、いくら髪に良い食品でも、それしか食べない食生活は良くありません。

いろいろな栄養素をまんべんなくとれるようにバランスの整ったヘルシーな食事を心がけることが大切です。

 

シャンプーは毎日したほうがよい?

髪を清潔に保つためにシャンプーは欠かせません。

しかしシャンプーをしすぎると髪を痛める原因となります。

髪の表面にあるキューティクルはデリケートで、洗髪時の摩擦によって簡単に傷んでしまいます。髪を乾かすために使うドライヤーの熱も、キューティクルを痛める原因になります。
ドライヤーを使うときはなるべく低温にして髪や頭皮から20から30センチは離すようにしましょう。

また、シャンプーをする時間帯も実は重要になります。

夜にシャンプーした場合は寝てる間に皮脂が分泌されて髪の表面に薄い膜ができ、日中の紫外線などの刺激から髪を守ってくれます。
先程も少し解説しましたが、いわゆる薄いバリアを作ってくれる役割が皮脂にはあり、この皮脂が適度に頭皮にある事で髪や頭皮を守り、髪や頭皮の栄養分にもなります。

しかし朝シャンは髪の皮脂が洗い落とされたまま紫外線などの刺激にさらされることになり、余計に髪が傷みやすくなります。ですので洗髪は夜がオススメです。

また、シャンプーの洗髪は2度洗いがお勧めです。
最初に髪の汚れを洗い流し、次に頭皮をマッサージしながら頭皮の血行良くすると同時に、毛穴の汚れを落とします。

2度洗いは2 3日おきに1度で充分です。毎日シャンプーする方は最初にシャワーのお湯だけでしっかり汚れを落としましょう。これだけでほとんど髪や頭皮についた汚れが落ちます。そのあとにシャンプー剤で洗髪して1度洗いで終わらせるようにしましょう。

ちなみに、シャンプーによる髪の痛みが薄毛や脱毛の原因になる事はありませんが、強い化学合成成分のシャンプーを使い髪を洗っていると洗浄成分が強いために薄毛の方などは頭皮が乾燥しやすかったり、頭皮が痒くなりやすい状態の方が多くいらっしゃいますので、洗浄成分の強いシャンプーを使って洗髪するのは避けた方が良いでしょう。

こちらも参考にご覧ください。
東洋経済オンラインより
http://toyokeizai.net/articles/-/126996

育毛剤はどれを使えばいいか?


テレビCMなどやインターネットで盛んに育毛剤のCMが流れドラッグストアにも多くの育毛剤が並べられています。

どれも効果がありそうな宣伝文句ですが、育毛剤を使って髪がフサフサに生える事はありません。

育毛剤は抜け毛を減らしたり、薄毛の進行を遅らせたりする程度の効果しか実はないのです。現状の髪の維持ができれば大成功と言う程度です。

育毛剤の効果はどれも医薬部外品育毛剤は国の医薬部外品指定成分を配合しなくてはならないので効果としてはどれも大差は無いので購入予算とメーカー好みでお選びください。
チャップアップ
医学的に効果が確認されている育毛剤はミノキシジルフィナステリド2種類のみです。
医薬部外品育毛剤は金額的には1ヶ月に5,000円前後から10,000円程度のものが多くあります。
仮に値段が高くても特別に髪が生えるなどの効果が高まる事はありません。

また育毛剤は使用をやめたら効果が消え元の状態に戻ってしまいます。さらに育毛剤を使い始めて半年以上たたないと本当に効果があるのかを判断することは難しいですですので頻繁に育毛剤の種類を変えるのはやめましょう。

 

人口毛植毛の危険性

人工毛植毛は、頭皮内に直接人工毛を差し込んで固定しますので理にかなっているように思います。

また最近では素材も良くなっているのも事実です。
しかし生体に差し入れた場合は体は異物反応起こし皮膚も硬くなって近隣部位への影響を最小限に抑えようとすることになります。

人工毛植毛の使用当初は素材の良さもあり生体は本当に自分に悪いものかどうかわからず、反応も緩いですが時を得るに従って、はっきりと異物であるとみなし攻撃するようになります。

それはかゆみであったり、不正出血であったり、膿であったり、さらには頭皮崩壊へと進みます。

また人工毛植毛には様々なデメリットがあります。人間の体には、体内への侵入を図る細菌やウィルスなどの異物を排除するための免疫システムが備わっています。リンパ球などの免疫担当細胞は人口面を病原体と同じ異物と認識し、先にも書きましたが体内に追い出そうと働きます。

その結果、せっかく植毛した人工毛が少しずつ抜け落ち、1年後には60%から80%も脱毛してしまうことになります。抜けた分を補うには、年に1回から2回のペースで植毛を繰り返さないければならず、経済的な負担も相当になります。

まとめ

正しい育毛の常識はネットではなかなか正しい育毛知識を得るのは難しい場合があります。
自分にあった育毛方法脱毛原因は個人により違いますので、本来ならば毛髪専門のクリニックに行き、毛髪専門医に治療方法を診察していただくのが最善の薄毛治療の近道になるかと思います。

しかし、金銭的な事情や近くに毛髪専門クリニックがない等で専門的な治療が受けれない場合もあります。
その場合は、やはり自分自身で正しい育毛方法や使用して自分の髪の薄毛進行度を抑える必要があります。

その場合どうしたらいいのか?

薄毛に悩むあまりに色々な育毛製品に手を出しがちになります。
そんな時に、

毛髪専門医が開発した育毛シャンプーや育毛剤があるならば安心して日々の髪のケアができるはずです。
育毛シャンプーに関しては少量で泡立ちもよく、きめ細かな泡が、髪と頭皮を包む感じが使っていて気持ちがいいです。


 

 

髪も頭皮も気持ちよく洗えて頭皮育毛に適した状態にしてくれます。
この育毛剤に関しても頭皮に栄養が行き届き、毛髪や頭皮に栄養がしみわたる感じと、今までの育毛剤の常識をくつがえす程の育毛成分と配合バランスです。

育毛研究を長くしている私もこの製品はさすがに毛髪専門医がこだわって開発した自信の育毛製品だという事が納得できます。


様々な育毛に効果のある成分を毛髪専門医が他にはない成分配合の黄金バランスで研究され成分配合された一品です。
クリニックでも実際に毛髪専門医の開発した製品としてクリニックでも販売されています。

 

薄毛や脱毛に悩む方にはこちらにさらに詳しく記載されていますのでご覧ください。
画像をクリックしてください

 

 

こちらもスカルプケアとしては髪にも頭皮にもおすすめ育毛剤です

また今回、すごく育毛業界の常識を変えると感じた事があります。
キャピシルという成分ですが、
私もこの成分は非常に有効な成分だと感じますのでご紹介いたします。

今の育毛業界で最近では注目の成分としてキャピシルという成分が育毛業界では注目されています。
キャピシルという成分は非常に高額な成分で成分配合が難しかったのですが、様々な育毛メーカーでも最近では効果のある育毛成分としてこのキャピシルが配合されて注目されています。
こちらは新成分として育毛剤の部類ではなくスカルプケアとして髪や頭皮のケアに優れている製品です。

医薬品の部類ではミノキシジル成分として日本では大正製薬のリアップのみが発毛薬として日本では認可されています。

ミノキシジル成分の大正製薬のリアップ以外では日本では発毛薬としては存在しませんのでミノキシジルの構造がよく似ていてミノキシジルよりも優れた成分構造でしかも、 ミノキシジルのような副作用もなく安全性に優れていて女性でもお使いいただける育毛製品になります。

  
フィンジア

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア