女性の薄毛が増えている。
年々、分け目とつむじが気になる女性の薄毛が急増しています。

RiJUN -リジュン-

基本的に女性は、妊娠、出産などの強いストレスに耐えられるようにできているので、これまでは薄毛に悩むのは男性だけの問題で女性は薄毛の悩みは必要もありませんでした。
ところが、近年では女性も外で働くことが多くなった現代社会ではストレスの多い人間関係、環境の中で女性の薄毛、脱毛症が年々増え続けています。

女性の薄毛は男性と違って、生え際や頭頂部が薄くなる男性型脱毛症とは違い、頭髪全体が均等に薄くなっていくという場合が多く見られます。

  • 男性の場合の脱毛は一つの毛穴に通常23本の毛が生えていますが、男性の脱毛の場合はこれが一度に抜けてしまいますので薄毛が目立ってしまいます。

  • 女性の場合は一つの毛穴から23本毛が生えていたらその内抜けるのは1本程度ですので長い期間薄毛に気づかなく気づいた時には頭全体が薄毛になってしまいます。

今回は女性の薄毛について解説していきます。

 

女性の薄毛の特徴 

35歳頃を境に髪の毛が細くなってきて「前髪のセットが決まらない」「分け目とつむじの頭皮が透けて気になる」「特に後髪のボリュームがなくなった」などの自覚症状が特徴です。

薄毛、脱毛により、大手カツラメーカーや毛髪クリニックなどを訪れる女性はいわゆる更年期前後の年代が中心ですが、実は20歳代を始めとする若い方も最近では少なくありません。若年層の薄毛については後で解説します。

女性の脱毛はライフサイクルによる一時的なものも多いので、焦りは禁物です。

表面に出ている髪の毛ばかりに気を取られず隠れた毛根の状態を改善するように心がけましょう。

また女性の薄毛や脱毛の原因のほとんどは生活習慣やストレスなどによる血行障害による血流不足が原因で脱毛を引き起こす原因にもなります。

血流不足を促進させるには、アミノ酸を多く含む食生活をすると良いでしょう。

数多くある育毛製品で何を使って良いか?どの育毛製品を使えば効果があるか?悩みます。無理なく女性の薄毛や脱毛を治すには毛髪専門医の開発したシャンプーや育毛剤も効果的です。

 

 

更年期が薄毛を進行させる

更年期前後と言えば、40歳代~50歳代。男性がこの年齢で薄毛になっていくのはある程度年齢だから仕方がない、
周りの人もハゲてきていると諦めがつきますが、
髪は女性の命。髪の毛があって当たり前と自分も周囲も思い込んでいる女性の場合はかなり深刻になります。

しかも共働きの現代では40歳~49歳の女性の就業率は75.8%(平成22年度総務省統計局労働力調査による)と、25歳~27歳の77.1%にも迫る勢いです。

日々職場や通勤間で様々な年齢の男女と接している現代の女性は、常に人目にさらされ外見へのこだわりも化粧やおしゃれの努力も20歳代の女性とかわりません。

脱毛の原因がストレスである事は繰り返し強調していますが、女性は鏡に向き合う回数も男性とは比較的にならないほど多く、女性の場合は薄毛の状態に焦りやイライラ、薄毛や抜け毛が男性と比べてかなり気になってしまいます。

これがますます薄毛の原因となるストレスとなり血流を悪くさせて血流不足から毛根に栄養が行かない事による栄養不足となり脱毛に拍車をかけてしまうのです。

 

 

20代の女性になぜ薄毛が増えるか?

1020歳代の若年女性に広がる薄毛の悩みは無視できない勢いで大きくなっています。

ヘアカラーやパーマによる髪や頭皮のダメージ、ホームカラーによる手軽さからか強い薬剤による頭皮トラブルでの脱毛もあります。

ブリーチや傷んだ髪へのパーマやカラーリングは自分で判断せずに髪のプロでもある美容室に相談しましょう。

また薄毛の知識不足から親や夫の育毛剤を使ってみて頭皮の刺激や薬剤が頭皮に合わなくトラブルを大きくすることもあります。

若い女性の場合は若さを過信した生活習慣の乱れと髪の美しさが健康の上に成り立っていることを理解できない未熟性薄毛の原因となっています。

具体的には夜更かし、睡眠不足、偏食、極端なダイエット、過剰なヘアカラーと言うところです。中でも極端なダイエットが髪や頭皮にもたらす影響は、ヘアサイクルとの関係で遅れてやってくることが多く、抜け毛が増えだしてから慌てて髪や頭皮をケアするという事が多いです。

また朝シャンが脱毛原因とに悪者と挙げられることもあります。

しかし洗髪をして頭皮を綺麗に保つこと自体は朝シャンでも夜シャンでもいつ行っても良い行為です。頭皮を爪などで傷つけない洗い方をして、皮脂を落としすぎない洗髪を心がけてすすぎは充分にすすぐ事をしましょう。

また外出前の短時間の処理とシャンプー剤の選び方が重要になります。
朝に急いでシャンプーをする時などすすぎのお湯の温度が高すぎたり、すすぎをおろそかにしてしまったりします。

どちらにせよシャンプー剤が髪や頭皮に残るのは髪や頭皮にはよくない行為になります。

また高い温度でドライヤーで一気に乾かすのも頭皮や髪には良くありません。髪の外側のうろこ状に守るキューティクルが剥がれて浮き上がり髪がボロボロになりやすいのです。

もう一つ重要な事は過度なダイエットは髪には非常にダメージを与えますので基本的な食生活を心がけていく事が大切です。

 

女性の円形脱毛性。

10円玉のように丸く脱毛が起きる円形脱毛症は年齢を問いません。実は円形脱毛性の患者数は女性の方が1.5倍多いと言われ女性を悩ませる毛髪のトラブルです。

円形脱毛性に悩む患者さんは、性格的に几帳面で真面目な人が多く見られ、ストレスが大きな引き金となっています。

女性の社会進出が急増し晩婚化が進んでいることでストレスにさらされる機会が増えてきたことも要因と言われます。

またよく似た症状の1つに抜毛症と言うのがあり、寝ている間やストレスを感じた時に、無意識に自分で自分の髪の毛を抜いてしまいます。
10歳前後の子供の頃から起こる一種の癖で、爪を噛む癖と似たものです。この癖は現在では20から30歳代の若い女性にも増えています抜毛症は、髪の毛を抜くのをやめると元通りに入ってくるので心のケアが大切です。

 

女性のライフサイクルと毛髪。

成熟期(18歳から40歳代前半)

女性が最も性的に成熟する時期であり結婚、出産、子育てなど人生の大きな出来事を迎えると同時に仕事等の責任も大きくなります。
出産を終えた後、授乳期間中には抜きが増えたり薄毛が目立つことがあります。

これは妊娠中と出産後のホルモンバランスの違いによるものです。通常は半年ぐらい経つと徐々に回復し始めますしかし脱毛を気にしすぎるとそのまま脱毛が続くので良くありません。
30歳代半ば過ぎから増えてくる昔年生更年期障害は、卵巣の衰えが早くから進むものでその原因は、心身に対する強いストレスだと言われています。

この場合も抜け毛、薄毛が起こりがちですが、むしろ婦人科の治療を優先した方が良いでしょう。この時期は食生活など基本的な生活習慣が大切になります。

無理なダイエットをせずに生活習慣や食生活を改めると脱毛を予防できます。

更年期(45から60歳ごろ)

更年期とは、女性が閉経を迎える前後約5年間のことをいいます。
日本人の平均年齢は平均51歳と言われていますが個人差があります。

育児から解放されて新しい生きがいを模索する人もいますが家族の介護に関わるなど、環境の変化に伴い、イライラやクヨクヨと不安定になりがちな時期でもあり、抜け毛トラブルも増えやすい時期でもあります。

薄毛になることで人に見られるのが嫌で外出もしたくない家事も手につかないとふさぎ込んでしまい、初老期うつ病などに移行する人までいます。

引きこもりよりどんなことにも楽しみに帰るポジティブさが、髪にも頭皮にも体にも必要になります。

まとめ

女性の薄毛は、全体に薄くなっていくタイプが多い。ライフサイクルによる1時的な脱毛も多いのであせらず毛根の状態を良くする改善に取り組むことにより脱毛抑制し髪を生やすことができます。

更年期世代の女性の薄毛は、不安やイライラなどのストレスが薄毛に拍車をかけます。また円形脱毛症は女性に多い病気です。ストレスが大きな引き金になっていますので自分で髪の毛を抜いてしまう抜毛症の場合も心のケアが大切になります。

また思春期に多い髪のトラブルは、無理な減量やダイエットによるものです。
ポニーテールなどの髪型によって脱毛が進む場合もありますので髪を引っ張る同じ髪型でなくヘアスタイルを変えたりするのも脱毛予防にもなります。

成熟期の女性では、産後の1時的な脱毛があります30代半ばから卵巣の衰えにより若年性更年期障害として脱毛が起こる方もいらっしゃいます。

更年期は抜け毛トラブルも多発する年代です。中年太りをされてタンパク質をとらないでいると上にも体にも逆効果になるので良質なタンパク質の摂取は必要になります。
こちらの記事も参考にしてみてください。

女性の薄毛は、男性型脱毛症よりも治りやすく根本的な原因を解明することにより発毛しやすいといえます。
まずは生活環境の改善、食生活、睡眠のリズムを正常にして毛髪専門医のオススメするシャンプーや育毛剤を使用するのがよい結果につながります。

 

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア