最近多いAGAの治療の情報にどのような方法があるのでしょうか?
また、その効果とは薄毛に悩む方の薄毛進行部位のすべてに効果的なのでしょうか?

今回はAGAの治療についてご説明いたします。

育毛剤の根拠となる作用は大きく5つに分けられます。

  • 5αリダクターゼ阻害プロペシア、男性ホルモンの抑制女性ホルモン
  • ②血行促進、血管拡張….酢酸αトコフェノール、塩化カルプロニウム、ニンニク、センブリエキス、メントールなど
  • ③毛細胞へのエネルギー活性促進 ….ペンタデカン酸グリセリド
  • ④毛細胞の分裂促進….パントテン酸カルシウム
  • ⑤毛の成長期延長、促進….ミノキシジル

この他にも巷で言われている発毛環境因子の整備として、頭皮の清潔維持、ストレス軽減、毛髪生成成分の補給などが加味されて現在の育毛と言われています。

確かに、髪に良い成分を補給すればいいかも知れません。

育毛を研究されている方には成分内容を外部に向けて説明し発信すれば納得させられるレベルかも知れません。
しかし、健常毛の育成発毛は単純ではありません。
一般的に医学で長期経過とみなされる6ヶ月程度は将来に期待が持てる結果が出たとしてもせいぜい1年~2年をピーク効果が衰退していくものです。

ご存知の方も多いと思いますが、プロペシアは元来、男性特有の病気である前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

その副作用で発毛効果が認められたため、育毛用に改良されました。

男性ホルモンのテストステロンが男性型脱毛性の原因であるジヒドロテストステロン(DAT)変換するのを阻害する作用があり、その結果、薄毛の症状が改善されます。毎日1ミリグラム内服すると半年から1年後には育毛効果が現れます。60%70%の方に効果があると言われてます。

アメリカの臨床試験では、軽度及び中程度の頭頂部及び前頭部の男性型脱毛性の方の半数が、35ヶ月服用を続けたところで効果が認められたと言う結果が出ています。そして2年間服用を続けたところ、83%の方は薄毛の進行が止まり、そのうちの67%の方はけが濃くなったと報告されています。

確かに太い髪が若干増えますが、全部の髪が正常の太さに戻るわけではありません。フィナステリドの効果は、アジア人の場合、毛の直径を平均で約10%太くする程度になります。
日本人の毛髪の太さは平均8085マイクロメートルで薄毛の方は30マイクロメートルより細くなっているため、たとえ平均10%太くなったとしても残念ながらもとのの髪の太さに戻るわけではありません。

またプロペシアの効果は年齢や薄毛の部位によっても異なります。20代~40の若い方の方が効果も現れやすく、薄毛が始まって間もない方の方がよく効くとされています。

特に産毛にまで進行してしまった薄毛の場合はあまり効果がないと言われています。

薄毛部位では頭頂部には比較的よく効きますが、生え際や死体の両側のM字部分にはあまり育毛効果が期待できないようです。

一般的にアンドロゲン依存型の薄毛に効果があると言われています。

プロペシアは副作用もわずかですので効果がなければ服用を止めればいいです。
しかし、効果があらわれても効果を維持するのは2年くらいを境に効果が薄れます。

またミノキシジルは本来高血圧の薬として開発されたものでプロペシア同様、副作用として発毛が認められました。

一般的には血管拡張効果が主な薬理作用と思われがちですが、毛髪の成長期延長の促進、休止期短縮作用があるようです。やはり2年くらいを境に効果が薄れます。

またアメリカやヨーロッパでは、自毛植毛を行った後も植毛の効果をより高めて、脱毛の進行予防することを目的として、ミノキシジルの塗布とプロペシアの内服を併用する方法が一般的に推奨されているようです。
しかしミノキシジルで育毛効果が現れるまでに46ヶ月かかり、その効果は薄毛の進行を遅らせたり、抜け毛を減らして現状維持する程度で長年使っても髪の毛が濃くなる方はあまりいません。

さらに効果があるのは頭の中央部分や頭頂部分に効きやすく生え際には効きにくいことがわかっています。

ミノキシジルに限らず、すべての育毛剤に言えることですが、育毛剤の効果は一時的なもので一生使い続けないと効果が持続しません。やめれば効果が消えてしまい36月後にはもとの薄毛状態に戻ってしまいます。

 

環境因子として偏食は改善した方が良いでしょう。

ミノキシジルやフィナステリドのほかに日常の生活環境での食生活、特に肉食に偏るとコレステロール増大から薄毛の最大原因と言われる男性ホルモン(5 α DHT)に類似したステロイドホルモン過剰生産の危険にもつながるからです。

また睡眠の重要性を解くのは、1日のストレスをリセットするのに約6時間の睡眠(レム、ノンレム睡眠3クールに要する時間)で対処できるとされているからです。ストレスがかかるときには、それを和らげようとして副腎皮質ホルモンが過剰生産されます。

のホルモンがやはり、男性ホルモン(5 α DHT)に類似しているので、毛髪のレセプターが脱毛命令と勘違いを起こし、薄毛に拍車をかけることにつながりかねないからです。
他にもいろいろ育毛に良いと言われるものがありますが、いずれも推量の域を出していないものです。

 

薄毛の遺伝子検査

最近の研究で、男性型脱毛性(AGA)に関する様々な情報が、遺伝子レベルで予測できるようになりました。

毛髪の遺伝子配列を解析することによって、AGAの発症リスク、およびフィナステリド(プロペシア)の効果が予測できる検査が実地されています。
AGA発症の原因は、5 αリダクターゼによってテストして論が作られるジヒドロテストステロン(DHT)と言う男性ホルモンが、毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体遺伝子と結合することによることが解明されています。

毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体遺伝子は、X染色体上に存在し、その中にCAGリピートと言う特徴的な延期配列部分を持っています。

このCHGリピート数が短いとDHTが男性ホルモン受容体に結合しやすく、AGAになりやすいということが最近の研究でわかってきました。そしてCHGリピート数の長さによって、AGA発症リスクはもとより期待されるフィナステリドの効果の関係も異なることが証明されてきました。

育毛剤プロペシアの使用成分であるフィナステリドはこの5 αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を少なくすることによってAGAに対する効果を発揮します。

こちらにCGAについて分かりやすく記載されていますので引用させていただきます。

CAGリピート領域

DHTが生成されるまでは前述の通りですが、生成されたDHTの一部は『男性ホルモン受容体(Androgen receptor)』に作用します。
『男性ホルモン受容体』自体は男性であれば誰でも持っているものなのです。そして『男性ホルモン受容体』の遺伝子の中に『CAGリピート領域』と呼ばれる箇所があります。

この『CAGリピート領域』はDHTが男性ホルモン受容体に作用するのを阻害する働きをしているのですが、人によっては『CAGリピート領域』が短く、DHTを阻害しきれずに男性ホルモン受容体にDHTが作用し、脱毛遺伝子を活性化させてAGAを引き起こしてしまいます。

この『CAGリピート領域』の長さを遺伝子診断で検査するのが『AGAチェック検査』です。

https://www.s-kyoritsu.com/treatment/hair/aga/medicine.html

共立美容外科仙台院より引用

 

なぜ育毛では効果がないのか?

毛髪の再生、特に高等動物における毛髪再生は非常に難しく、毛髪の組織、構造分析さらには遺伝、ホルモンなどによる脱毛の機序理論がかなりの程度まで解明されているにもかかわらず、保存的療法(育毛剤、飲み薬、刺激療法など)では、多少の改善があっても期間限定で、またもとの薄毛に戻ってしまいせいぜい進行を遅らせることのできると言うのが現状になります。

現在の時点で医学的に発毛効果が実証されているものは皆さんご存知のミノキシジル、プロペシアの2薬品です。他の物ではケトコナゾールも医学的は多少なりとも有効と言われています。

いずれも2年ほどは毛髪を太くしたり、発毛を促すことがわかっております。

しかし、健常毛と同じにすることができないので、使用開始当初は期待感にワクワクしても数ヶ月たってもそれ以上のことがないのでがっかりすると言う方が大半のようです。

また約2年を境に効果が弱くなるというのが現状です。またいずれの医薬品も中断するとともに効果がなくなります。

 

人工毛の植毛はどうなのか?

人工毛植毛は頭皮内に直接差し入れて固定しますので理にかなっているようにも思います。
また素材も良くなっているのも事実です。

しかし生体に刺した場合は異物反応起こし皮膚も硬くなって頭皮の近隣部位の影響を最小限に抑えようとすることになります。

使用当初は素材の良さもあり、整体は本当に自分に悪いものかどうかもわからず異物反応もありませんが時を得るに従ってはっきりと異物とみなし攻撃するようになります。それはかゆみだったり、不正出血であったり、膿であったり、さらには深刻な頭皮崩壊へと進みます。自分の髪を途中から切って植毛しても同じことが起こりえます。

それではなぜ、生きた自毛にはそれが起こらないのか?

生毛には毛根鞘と言う鞘があり、体内から体表を突き抜け体外に突出する毛髪と皮下組織が敵対しないように仲を取り持っていると考えていただければと思います。

また、人口毛を植毛された方が抜けてしまうということがありますが頭皮内に入り込んだ人口毛が抜けけてしまうのであればそれに越した事は無いのですが1番問題なのは外表とつながりがあった人工毛の埋入部分が封入体として体内に残ってしまい、頭皮に不利益な状況を次々に累積してしまうことなのです。

人工毛を繰り返して硬くなったり頭皮から膿排出繰り返すようになった頭皮では植毛しても定着は難しいです。ですので注意が必要になります。

 

まとめ

毛髪は心臓や家などと同じ臓器の1つになります。しかし毛髪だけが他の臓器とは全く違うところがあります。それは毛髪が組織の再生と退行を繰り返すサイクルを持っている点です。ヘアサイクルといった仕組みを持つ臓器は他にはありません。

AGA(男性型脱毛性)の主な原因は男性ホルモン、酵素、遺伝、年齢4つで思春期から壮年期以降に遺伝的要素と男性ホルモンが原因となって、AGA(男性型脱毛性)が始まります。
個人差はあるものの3040代はAGAによる薄毛が始まる「適齢期」と言えるでしょう。

それに3040代は第一線でバリバリと仕事をしたり交友関係も多い年代ですから、仕事先の方などに与える自分の印象が非常に重要な年代でもあります。

そのため薄毛を何とか改善したいと言う切実な悩みがありますそういった方のために「薄毛は気になるけど、薄毛治療なんて恥ずかしい相談に行く時間もないし、まだ早い」と考える方も多いのではないでしょうか?

しかし若い世代の方から方こそ精力的に薄毛治療を行っていく必要があると思います。

 こちらのサイトでは毛髪専門医による無料カウンセリングもおこなっていますので、AGAクリニックには恥ずかしい、時間がない、お金が心配がという方にはお薦めのサービスです。

画像をクリックしてください。

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア