こちらもおすすめ記事になります。

まだまだ間に合う!早めの育毛対策
あなたの薄毛は治療できる!
発毛治療の【AGAスキンクリニック】

なぜ髪は抜けるのか。

抜け毛、薄毛が気になる方に見ていただきたい

毛髪は人体の臓器の1つです。髪以外の臓器は完成すれば一生変わりませんが、毛髪は組織の退行と再生を規則的なサイクルで繰り返し、髪は何度も生まれ変わります。

しかし、それにもかかわらず、薄毛で悩む男性が大勢います。最近では女性の脱毛症も年々増加しています。
再生できるはずの髪がなぜ少なくなるのでしょうか?
多くの男性の薄毛の原因はAGA(男性型脱毛性)と呼ばれるもので、主な原因は男性ホルモン、酵素、遺伝、年齢の4つがあります。

思春期から壮年期以降に遺伝的要素と男性ホルモンが原因となりAGA(男性型脱毛性)がまず始まります。
男性は思春期以降、体の成長と共に急激に男性ホルモンが増えますが、この男性ホルモンが薄毛に大きな影響与えています。

髪の毛根には5 αリダクターゼと言う酵素が存在しており、血液中に流れてきた男性ホルモンのテストステロンはこの酵素の作用によって強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。

テストステロンには毛を太くする作用があり、実はこれ自体が薄毛の原因になる事はありません。
ところが、DHTはテストステロンよりもなんとホルモンの活性が10倍~30も強いため毛を作り出す毛母細胞の働きを弱めてしまいます。

DHTは毛母細胞に『髪を生産するな』と指令をだしてしまっている状態なんですね。
ですから、毛母細胞は髪の生産を活発にする事が出来ずに、その結果薄毛を引き起こしますのです。

5 αリダクターゼはIII型の2種類あります

Ⅰ型は頭髪、ヒゲ、陰毛、わき毛などけが生えている部分にまんべんなく存在しておりII型は前頭部から頭頂部とヒゲのみに集中しています。

頭髪の毛根を弱めて薄毛の原因となるDHTを作るのはIIであると言うのが最近の研究で明らかになっています。
頭髪でII型の酵素を持っているのは前頭部から頭頂部の毛根です。

それなので薄毛の方は前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのが納得出来ます。
後頭部から側頭部の毛根はII型の酵素を持っていないのでDHTを作りませんどんなに薄毛が進んでも側頭部や後頭部の髪が残っているのはこのためです。

実は男性はみんなテストステロンを持っていますが、若いうちから薄毛になる方もいれば、中高年になっても髪フサフサと生えている方もいます。

この違いは5 αリダクターゼの働き方の強さと、男性ホルモンに対する感受性の強さが異なるからです。

II型の5 αリダクターゼの働きが強いほどDHTは大量に作り出され、さらにその作用を受けやすい性質の人ほど薄毛は進行しやすくなります。

薄毛の原因に遺伝が含まれるのは、こういった性質から親から子供へと遺伝するからです。

例えば少量のお酒で顔が真っ赤になって酔ってしまう人と多量のお酒を飲んでも酔わない人がいるようなものです。とはいっても実際に薄毛になるにはストレス、食生活、頭皮トラブル、他にも様々な要因が関係してくるため、『親がハゲだから自分もハゲる』といった遺伝的要素は薄毛の原因の25%程度だと言われています。

薄毛の遺伝子は誰しもが持っていて遺伝的要素が働いて薄毛スイッチがONになる方は25%という感じですね。

AGA (男性型脱毛性)のイメージからも薄毛が進むと髪が抜け、いずれはツルツルの頭になると思う方も多いでしょう。

実はこれは半分間違っているようです。

見た目には禿げ上がっている部分を顕微鏡で見ると毛穴からけが生えているのが確認できます。それは直径30マイクロメートル以下の産毛です。
目に見える普通の毛は直径が8085マイクロメートルのため産毛は非常に細いものですが髪には違いありません。

薄毛が進んでかなり地肌が目立っている方も実は、髪の総数は薄毛が始まる前とほとんど変わっていないのです。

昔、あるコマーシャルにもありましたが髪がフサフサな人と薄毛の人の髪の本数は実はあまり変わらない。なんてコマーシャルがありましたが薄毛になる前と薄毛になってからでも髪の本数は変わらないのであれば何とか産毛を黒く太く育てたいものです。

こちらのヘアサイクルでご説明したように髪は成長期→退行期→休止期→替毛期と言う成長サイクルを繰り返しています。

正常なヘアサイクルの髪は抜けてもまた太い髪に成長します。

男性の髪の成長期は4年~6年ですが、AGAの場合は、数ヶ月にまで短くなることがあります。

つまり十分に成長する前に退行期に突入するため、産毛より先の状態に成長することができなくなります。

その結果、毛が細く短くなり色も薄くなり、髪の隙間から地肌が透けて見えるようになります。女性の身体の中にも男性ホルモンが流れているので男性と同じ仕組みで薄毛が進行します。

しかし、女性の頭皮の場合は様々な酵素の活性や分布が男性とは異なるため生え際の後から前頭部にかけての範囲で髪の間が虫食い状にまばらに脱毛し生え際は脱毛しにくい特徴です。

 

また最近では注目の成分としてキャピシルという成分が育毛業界では注目されています。キャピシルという成分は非常に高額な成分で様々な育毛メーカーにも最近ではこのキャピシルが配合されて注目されています。
医薬品の部類ではミノキシジル成分として日本では大正製薬のリアップのみが発毛薬として日本では認可されています。

ミノキシジル成分の大正製薬のリアップ以外では日本では発毛薬としては存在しませんのでミノキシジルの構造がよく似ていてミノキシジルよりも優れた成分構造でしかも ミノキシジルのような副作用もなく安全性に優れていて女性でもお使いいただける育毛製品になります。
フィンジア
 

髪を抜けにくくするには

 

まず、日頃の生活スタイルを見直すことは大切になります。

また、日常で何気なく使っているシャンプーや洗髪の仕方にも注意する必要があります。

こちらでも詳しく記載していますが、シャンプーの成分は抜け毛に悩む前は全く拘らなかったのに、髪がどんどん痩せて、くせ毛のようにフニャフニャになり、抜け毛が多くなってくると殆んどの方は今まで使用していたシャンプーを変える事を頻繁にします。

  • 『自分に合ったシャンプーはどれだろう?』
  • 『抜け毛が治るシャンプーはどれだろう?』

このような切実な思いをしながら薄毛に悩み始めると考えだします。

しかし、抜け毛が増え始めてからでは遅いのです。

日頃から薄毛の家系、自分も少し薄毛になる確率があるかもと思う型、髪が前と比べて細くなってきたと感じる方は今からでもシャンプーに少し比重を置いても良いです。

抜け毛が増えてきた時に自分に合わないシャンプーを使っていると余計に頭皮が荒れて抜け毛をさらに誘発しやすくしますので

化学成分の多いシャンプー剤は極力避けるのが一番です。

そこで今回、こちらのシャンプーはかなりオススメで育毛シャンプーでは他にはない拘りのあるシャンプーです。

その名も【カソリズムスカルプシャンプー】です。

育毛シャンプーとして国の認可を受けていて、しかも有名毛髪専門医が育毛シャンプー開発に拘って作った正真正銘の育毛シャンプーになります。

  • DHTの抑制効果を高める為の成分配合とこだわり成分。
  • ●頭皮を最適な育毛環境に導く為の成分配合

 

ご覧の通り、ネットやドラッグストアで安く購入出来るシャンプーではありません。

髪のプロでもある美容師さん達もカソリズム製品に関しての成分説明や他にない育毛シャンプーや育毛について講習を受けられています。

他の育毛シャンプーでこの様なプロの美容師相手に育毛の説明や成分の説明、育毛にいかにこのシャンプーが良いかを講習しているメーカーは見たことがありません。

 

それだけ製品に拘りと開発した毛髪専門医が育毛、発毛のプロフェッショナルという点でも効果が期待出来るシャンプーです。

また、ご購入していただいた方には毛髪専門医に薄毛、抜け毛の悩みがメールで相談できるカウンセリングサービスが受けることが出来ます。

AGAクリニックに行くことなく、自宅にいながら毛髪専門医に自分の髪の悩みが相談できるのは嬉しい限りです。

シャンプーの詳しい成分内容、効果などはこちらをご覧ください。
他にもこだわりの育毛剤やヒト幹細胞培養液ローションも育毛には非常にオススメです。

こちらの画像をクリックしてください

 

この機会に見てみてください。

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア