様々な育毛剤があるなかで育毛効果が認められている育毛剤はミノキシジルになります。多くの髪に悩む方はご存知かとは思いますがミノキシジルとはそもそもどのような育毛効果があるのか、副作用はあるのかについて解説していきます。

ミノキシジル育毛効果

男性型脱毛性の治療薬として米国皮膚科学会や国際毛髪学会が効果を認め薄毛治療の診療ガイドラインで強く勧めている塗る育毛剤は「ミノキシジル」だけです。

他の育毛剤については十分な根拠がないと言う評価になっています。

薬品の取り扱いに厳しいアメリカ食品医薬品局(FDA)が、薬品分類で唯一育毛剤として認めているのもミノキシジル及びミノキシジルを使った商品のみです。

アメリカでは「ロゲイン」日本ではコマーシャルでお馴染みの「リアップ」と言う商品名で販売されています。

元々、ミノキシジルには血管拡張作用があり、長年、高血圧の治療薬として使われてきました。

ところが服用すると髪の毛や手の甲の毛が太くなると言う患者が多く、髪を太くする副作用があることがわかり、その後、育毛効果が認められました。

血圧降下剤ですので血管が拡張するほかに、毛を作る毛根細胞や毛乳頭を活性化し、薄毛を改善する作用があると考えられています。

特に、女性の方が男性よりも効果が得られやすい傾向があります。

アメリカの商品は男性用が5%溶液、女性用が2%溶液で日本では男性男が5%溶液、女性用が1%溶液となっています。

濃度が5倍濃いからといって5倍効果が高くなるくわけではありません。濃度が濃くなると頭皮がかぶれやすくなります。泡状の製品の(日本では未発売)ロゲインフォーム(泡状タイプ)はプロピレングリコールを成分に含んでいないのでかぶれにくいです。

ロゲインフォームは女性が使っても効果がありますが、女性が5%溶液を使うと体毛も濃くなる場合があるので、女性には2%溶液が進められています。

アメリカやヨーロッパでは、自毛植毛を行った後も植毛の効果をより高めて、脱毛の進行を予防することを目的として、ミノキシジルの塗布とプロペシアの内服を併用する方法が、一般的に推奨されています。

また日本でも毛髪専門クリニックでは自毛植毛の定着率を安定させる為に、植毛後にミノキシジルローションで植毛効果を高めているクリニックはあります。

ミノキシジルで育毛効果が現れるまでに4ヶ月~6ヶ月かかり、その効果は薄毛の進行を遅らせたり、抜け毛を減らしたりして現状維持する程度で、長年使っても髪の毛が濃くなる方はあまりいません。

さらに、頭の中を部分や頭頂部に効きやすく生え際部分には効きにくいことも報告されています。

またミノキシジルに限らず、すべての育毛剤に言えることですが、育毛剤の効果は1時的なもので、一生使い続けないと効果が持続しません。使用やめれば効果が消えて3ヶ月~6ヶ月後には元の状態に戻ってしまいます。

ミノキシジルを使った育毛剤は比較的求めやすい価格です。アメリカのドラッグストアやインターネット等でかなり安く買えますので、継続して使う場合には便利で良いでしょう。

しかしいくら手ごろな価格でも一生分のコストを考えると結構な金額になってしまうのは拝めません。

またミノキシジルを塗布して動悸や目まい等も報告されていますので万一、ご自身の身体に合わない場合の使用は控えるべきです。

また人間の身体は耐性がつきますので最初ロゲインローションを使用してかなり発毛効果が高く喜んでいても身体に耐性がつき、次第に同じ量を塗布しても効果がなくなる場合もあります。

その場合は容量の配合量を多いパーセンテージのものを使い続けなくてはならなくなるので容量のパーセンテージが多いミノキシジルを使用する場合には毛髪専門医に一度相談すると良いでしょう。

他にもこんな注意点

ミノキシジルの持つ血管拡張の効果による血圧低下、心拍数の増加やむくみ、吐き気などが主な副作用でした。元々が高血圧患者のための薬ですから血圧低下の作用は大きく、高血圧の人が医師から降圧剤などを処方されて服用している場合は、ミノキシジルと併用することで血圧が下がりすぎることもあります

またミノキシジルを外用薬として使用した場合に多く見られる副作用ですが使い始めて間もなく症状が出るので、一番分かりやすいかもしれません。

主な症状にはかゆみ、発疹、フケなどが挙げられます。

こちらでは副作用が心配な方、副作用に悩まれている方、どんな育毛方法が自分に合っているかわからないという方の為に毛髪専門医による髪の悩みのカウンセリングを行っています。

また毛髪専門医がこだわった育毛製品もございます。

 

フィナステリドの効果

フィナステリドは内服する薄毛治療薬です。

こちらも先ほどと同じく米国皮膚科学会の男性型脱毛性診療ガイドラインや国際毛髪外科学会の指針では、ミノキシジルとともに強く推奨されており、アメリカ食品医薬品局(FDA)を内服して薄毛を改善する薬として唯一有効性を認めています。

商品名は「プロペシア」です。

もともとは前立腺肥大症の治療薬で、副作用として毛が濃くなることから、育毛剤として使用されるようになりました。

男性ホルモンのテストステロンが男性型脱毛性の原因であるジヒドロテストステロンとして(DHT)変換するの阻害する作用があり、その結果、薄毛の症状が改善されます。

服用は毎日1ミリグラム内服すると半年から1年後には育毛効果が現れます。

60%70%の方に効果があると言われています。

アメリカでの臨床試験では、軽度及び中程度の頭頂部及び前頭部の男性型脱毛性の方の半数が、3ヶ月~5ヶ月服用を続けたところで効果が認められたと言う結果が出ています。そして2年間服用を続けたところ83%の方は薄毛の進行が止まり、そのうちの67%は毛が濃くなったと報告されています。

確かに太い髪が若干増えますが、全部の髪が正常の太さに戻るわけではありません。 

フィナステリドの薬効は、アジア人の場合、毛の直径を平均で約10%太くする程度です。日本人の毛髪の太さは平均8085マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001ミリ)で薄毛の方は30マイクロメートルより細くなっているためたとえ平均10%太くなったとしても、もとの髪の太さに戻るわけではありません。

また、効果は年齢や薄毛の部位によって異なります。年配者より2040代の若い方の方が効果も現れやすく、薄毛が始まって間もない方の方がよく効くとされています。

特に、ヘアサイクル周期が早まり産毛にまで進行してしまった薄毛の場合はあまり効果がないと言われています。

部位では頭頂部には比較的よく効きますが、生え際や額の両側のコメカミ部分(M)にはあまり育毛効果が期待できないようです。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドは男性ホルモンを抑制する薬のため、性欲減退、インポテンツ、胃部不快感、腹痛、肝機能障害等の副作用が報告されています。とはいっても副作用が発生する頻度は低く万一副作用が出た場合も服用をやめれば元に戻ります。

しかし、男性ホルモンに直接作用すると言う薬の性質上、女性や子供への使用は禁止されています。

特に妊娠中の女性が服用し、胎児が男の子だった場合は性器が奇形になる恐れがあるため、妊婦や妊娠の可能性がある女性は厳禁です。

また前立腺がんの血液マーカーであるPSA測定結果が低めの値になるので注意が必要です。

ミノキシジル同様服用を止めると数ヶ月から半年で効果が消失します。薬の効果によって薄毛の進行を止めたい、現状キープしたいと思うなら一生飲み続ける必要がありますし服用量も増えてきてしまいます医師の診療と処方箋がないと購入できないためドラッグストアなどで気軽に手に入れることはできません。

最近では海外の個人輸入代行によって海外薬品のミノキシジルやフィナステリドを購入する方が多いですが偽物が多く出回っていますまたその中身も成分が何か不明なものが入ってる場合もありますので注意が必要です。

こちらにも育毛についての注意点がありますのでご参考にされてください。

育毛シャンプーや育毛剤で髪は生えない。

週プレニュースより

http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/29/47096/

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア