これまで育毛においては様々な育毛製品が世の中に出てきていますが効果はあるのでしょうか?

最近の研究では自然には再生できない組織や臓器を再生させ、機能を回復させようとする「再生医療」。このような医療は、すでに実用化が進んでいます。

そして、そのカギを握っているのは、「幹細胞」という特殊な細胞。医療だけでなく、育毛の分野、美容の分野でも大きな可能性を秘めた幹細胞について解説していきます。

薄毛、抜け毛に悩む方はみてください。

ヒト幹細胞培養液とは何か?

 

数年前は植物幹細胞が主流で多くの美容メーカーが植物幹細胞に着目して商品が発表されましたが実は植物幹細胞は人間の持つ細胞とは違いますので実際の効果としては、植物幹細胞よりヒト幹細胞に効果があると研究されています。

幹細胞を培養する際に、幹細胞から分泌されるたんぱく質成分がこの「ヒト幹細胞培養液」です。
500種類以上のたんぱく質が含まれていて、幹細胞自体は入っていないので、倫理的や遺伝子的な問題はなく、最近の研究では最も安全性の高い「次世代アンチエイジング成分」と言われています。
「ヒト幹細胞培養液」には、細胞の活性を促す生理的活性の強いタンパク質成分などが豊富に含まれていて、年齢とともに成分が鈍くなってしまった細胞を呼びさまします。
タンパク質成分には、細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれていて、レセプターとリカンドという具合にジグゾーパズルを細胞に例えると、パズルのピースが開いた部分の細胞を埋める働きをします。

肌の美白、育毛 など アンチエイジングに多様な効果を促進する、高機能性生物素材です。
「ヒト幹細胞培養液」には、育毛・増毛に有効なグロースファクターが豊富に含まれていて、髪の成長には欠かせない毛母細胞を促進し、髪の太さ、ハリを増大させる効果を発揮します。

また近年、増えている女性の薄毛、抜け毛の悩みをかかえている女性にもヒト幹細胞培養液は注目されています。

 

こちらのプロジェクトではヒト幹細胞培養液だけでは発毛したとしても髪が抜けやすいという観点からヒト幹細胞培養液にプラスして独自にハーブMIXすることにより更に髪へのアプローチがされる成分配合がプラスされています。

 

あなたの髪を蘇らせるために、育毛プロジェクト

 

ヒト幹細胞と植物幹細胞の違いは?

 

細胞活性という言葉を育毛の分野でも最近よく目にしますが、そもそも細胞の表面には、様々な特定の形をしたカギ穴(レセプター)があり、そのカギ穴にピッタリ合うカギ(リガンド)となる物質が結びついて、はじめて活性が始まります。
つまり、カギ穴にピタリと当てはまるカギをさしてあげないと車のエンジンが掛からないのと同じなのです。

植物由来の幹細胞化粧品類には、肌や頭皮への抗酸化作用やうるおいを与える効果があるといわれています。しかし、そもそも植物の細胞には人の細胞の様なレセプターとリガンドの仕組みはありません。

レセプターとリガンドの関係であるかぎ穴やジグゾーパズルのような仕組みは動物特有の情報伝達手段で、植物の場合は細胞膜のマイクロチャンネルという経路を通じて命令物質が出入りする仕組みです。

このように、植物の細胞と人の細胞では、仕組みがまったく異なるので、人の細胞のカギ穴(レセプター)にピッタリ合うカギ(リガンド)を持っているわけではないのです。

このため、植物の幹細胞由来の成分が人の細胞に対してどのように作用するのかは、植物幹細胞において明らかではない点も多いのです。

それに対して、ヒト脂肪由来幹細胞培養液には、細胞のカギ穴(レセプター)に一致するカギ(リガンド)となる様々な成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)そのものが豊富に含まれていることがわかっています。

このため、細胞組織の再生効果があるとされ、再生美容の分野や育毛分野での発毛という観点に有効成分としての可能性があるのではないかと大いに期待されています。

 

主な植物幹細胞

リンゴ幹細胞エキス
「ウトビラー・スパトラウバー」というスイス産のリンゴの幹細胞エキスです。このリンゴは、収穫後4か月経っても腐らないことから、「奇跡のリンゴ」といわれていて、実から幹細胞だけを取り出して培養し、大量に得る技術が開発されました。

実際にシャンプーなどにこのリンゴ幹細胞エキス配合、育毛ローションにもリンゴ幹細胞エキス配合の製品があります。

アルガン幹細胞エキス
「アルガンツリー」という樹木の芽の幹細胞エキスです。アルガンツリーは、サハラ砂漠の北西に位置するモロッコ南西部の砂漠地帯に生息する樹木で、砂漠の極度な乾燥や高温にも耐えられる強靭な生命力を持っています。

アルガンオイルは育毛に必要なビタミンBが多く含まれていますので頭皮のオイルマッサージに頭皮環境を整え、頭皮に栄養を与えるのに適しています。

 

ヒト幹細胞培養液についてはこちらも参考にされてください。

ヒト幹細胞培養エキス

 

ヒト由来幹細胞培養液に含まれる主な成長因子

育毛において重要な成長因子ですが 多くの成長因子を取り込めば育毛に良いとは言えません。

実際に取り込むことで逆に脱毛を促す成長因子もありますので育毛にいいとされる成長因子はこちらになります。

EGF (表皮細胞成長因子)

    肌のターンオーバーを促進してシミやくすみを改善します。

FGF (維芽細胞成長因子)

    コラーゲンヒアルロン酸などを増やし、肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを改善します。

PDGF 血小板由来成長因子)

    線維芽細胞の増殖を促進します。

TGF-B(トランスフォーミング成長因子)

    抗炎症効果などがあり、敏感肌などを改善します。

VEGF (血管内皮細胞成長因子)

    新しい血管を形成するために大きな役割を果たします。

チャップアップ

 

コチラも人気の発毛方法です。
【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア