急増する女性の薄毛 

女性の薄毛も年々増加しているようです。男性の薄毛よりも女性の薄毛化は深刻です。

今回は女性の薄毛について解説していきます。

 

分け目とつむじが気になる女性の脱毛。

 

基本的に女性は、妊娠出産などの強いストレスに耐えられるようにできているので、これまでは薄毛に悩む必要はありませんでした。

ところが、女性も外で働くことが多くなった現代社会では、ストレスの多い人間関係、環境の中で細目や脱毛症が増え続けています。

 

女性の薄毛は男性と違って頭髪全体が均等に薄くなっていく場合が多く見られます。大体35歳ごろ境に髪の毛が細くなってきて

「前髪のセットが決まらない」

「分け目とつむじが気になる」

「特に後のボリュームがなくなった」などの自覚症状が特徴です。

 

クリニックなどを訪れる女性はいわゆる更年期前後の年代が中心ですが、20代を始めとする若い方も少なくありません。

 

女性の脱毛はライフサイクルによる1時的なものが多いので、焦りは禁物です。

表面に出ている髪の毛にばかり気を取られず隠れた毛根の状態を改善するように心がけましょう。

 

更年期だから深刻さが拍車をかけます。

 

更年期前後と言えば40代から50代。

男性がこの年齢で薄毛になっていくのはある程度年相応に貫禄がついてるといったあきらめがつきますが髪の毛があって当たり前と自分も周囲も思い込んでいる女性の場合はかなり深刻になります。

 

しかも40代から49歳の女性の就業率は70.8% (平成22年度総務省統計局労働力調査による)25歳から29歳の77.1%にも迫る勢いです。

日々職場や通勤圏で様々な年齢の男女と接している現代の女性は、常に人目にさらされ外見へのこだわりもおしゃれの努力も20代の女性とかわりません。

 

脱毛の原因がストレスである事は繰り返し強調してきましたが、鏡に向き合うかいつも男性とは比較にならないほど多い女性の場合「薄くなったかしら?」と言う気がかり焦りイライラはますます脱毛に拍車をかけていくのです。

 

20代女性になぜ薄毛が増える?

 

10代から20歳代の若年女性に広がる薄毛の悩みは、無視できない位大きくなっています。

 

知識不足から親や夫の育毛剤を使ってみてトラブルを大きくする例も多々あります。女性の場合若さを過信した生活習慣の乱れと美が健康の上に成り立っていることを理解できない未熟性が薄毛の原因となっています。

 

具体的な原因には夜更かし、睡眠不足、変色や極端なダイエットそして過剰なヘアケアやヘアメイクと言うことです。

中でも極端なダイエットが上にもたらす影響は部屋サイクルとの関係上少し遅れてやってくることが多く、抜け毛の多さに慌てる頃には後の祭りが多いようです。

 

また朝シャンがかなり問題に挙げられることもありますがしかし先発をして頭皮を保つことに自体はいつ行っても良い行為なのです。

 

むしろ短時間の処理とシャンプー剤の選び方が重要となります。

外出前慌ててシャンプーする時ほどお湯温度が高すぎたり洗髪のすすぎが不足したりします。

 

どちらも髪や頭皮にはよくない行為です。高温のドライヤーで一気に乾かすのも禁物で上の外側をうろこ状に守るキューティクルが部分的に剥がれて浮き上がりボロボロになってしまいます。

シャンプーでも先発は正しい温度と正しいすすぎ方が重要となります。

 

ヘアーカラーとパーマどちらが問題?

 

女性に増えた薄毛抜け毛についてヘアカラーやパーマを繰り返すのが原因と言われることがあります。

結論から申しますとヘアカラーは問題ですがパーマは行きつけの美容サロンで良心的な美容師さんとカウンセリングをしながら適度な間隔をおいて施術している場合それほど問題はありません。

 

好みのヘアスタイルを作るには、健康な髪の毛でなければなりません。

いつも髪の状態を気にかけてくれる美容師さんなら顧客の頭皮と髪の状態と変化を本人以上に把握しています。

 

薬剤がどの程度髪や頭皮を痛めるかについても長年の経験を重ねているのが美容師さんです。

ヘアカラーがなぜ問題なのかと言うと薬剤自身の毒性よりも髪のデトックス機能を損なってしまう点が挙げられます。

 

髪の中心では大気からの窒素の吸収や余分なミネラルの排出をつかさどっています。

 

髪の中心に詰まっているメラニン色素を追い出して代わりにジアミン型の酸化染料をを詰め込んでしまうとミネラルの排出はほぼ不可能になります。

 

さらに現在では毛髪のカルシウム濃度分析によりガンのリスクが調べられるようになってきたのですが、毛染めをされている方の場合は正確な数値が得られません。

 

アメリカで発表された論文では、毛染めをしている方、毎日サロンで空材を扱っている美容師さんには膀胱癌が多いと言う指摘もなされています。

 

女性にお勧めの髪の為に良い食事

 

栄養バランスがとれた食生活は髪に良いのは間違いありません。

 

急激なダイエットは先にもお伝えしたように脱毛を引き起こしたりします。

脂質、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルをまんべんなく摂取することが必要です。

 

不足しがちなミネラル分を吸収するには亜鉛(イワシ、カキ)はタンパク質の合成に働きかけ髪の毛をつくります。

(ナッツ類、胡麻)は髪を黒くし、血流を良くします。

セレン(カツオ、レバー、マグロ)は髪のツヤを出し、更年期障害にも効果があると言われています。

 

このように綺麗な髪を作るのは食生活の栄養バランスが重要になります。

 

毎日の頭皮ケアブラッシング

 

ブラッシングは、髪のもつれを解き、頭皮にたまっている汚れや頭髪の中にあるゴミなどを浮き上がらせてシャンプーでより洗い流しやすくするためのものです。

 

また、正しいブラッシングにより髪全体に皮脂が均一に行き渡り、ツヤや潤いが出る効果もあります。

美容師さんがブローをすると髪全体にツヤのある髪に変身するのはやはりプロのなせる技であり、ブラッシング効果でもあります。

 

脱毛部分には髪のある部分よりも体温が低く毛穴が閉じていますがブラッシングによる発熱効果で毛穴を開きながら清潔に保つことができます。

 

シャンプー前には毛穴の皮脂を掃き出すようにブラッシングをし特に頭髪の少ない部分はブラッシングを避けがちになりますが頭皮の温度が低めなのでブラッシングで頭皮を温めましょう。

 

また部分ケアとして健康な部分と気になる部分の境界線を重点的にブラッシングすることもお勧めです。

ヘアブラシの選び方は重要です。動物毛のような髪と同じケラチン質のものが良いです。

 

シャンプーについて

 

まずぬるま湯で頭皮をマッサージしながら髪と頭皮の汚れを洗い流します。

 

顔を洗う位の温度でないとケラチンを痛める結果になりますので十分にお湯を使って洗い髪や頭皮の汚れを落とします。

 

ぬるま湯で洗い流すだけで髪や頭皮の汚れの70%位まで落ちると言われています。

 

シャンプーは2度洗いが最適です。

いずれもシャンプー剤は両手でよく泡立てながら頭皮のマッサージをするように行います。すすぎも充分にぬるま湯をたっぷり使いきれいに洗い流します。

 

まとめ

このように女性の薄毛は日常の生活スタイルの改善で治る場合が多いのです。

女性の薄毛は80%が生活環境の影響でのホルモンバランスの崩れや血流不足により頭皮に栄養がいきわたらなくなることにより髪がどんどん痩せて、頭皮も硬くなり抜け毛が増えて薄毛になります。

生活スタイルの改善でも薄毛が治らない場合、また早く薄毛を治したいと思う方はこちらも参考にされてみてください。

http://hair-life.net/

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア