ハゲ薄毛にならないためには。

頭髪が次第に薄くなってしまうのは、加齢現象の1つです

 

歳をとれば誰でもいくらかは薄くなると言っても良いでしょう。

 

ですから、50代からのある程度のハゲ、薄毛は仕方ないともいえます。

 

しかし、平均寿命も伸び続け、勤労年数も長くなっている現代では、「もういい年だからハゲても仕方ない」と言ってもいられません。

 

第一、ハゲ薄毛のために仕事や恋愛に支障が現れてはどうしようもありません。

 

それどころか、もっと若い年齢で影、薄毛に悩まなければならない人たちは悩みはいっそう深刻なものになるでしょう。

 

「ハゲはいやらしい」「はげの人はずるい」と言われるかと思えば「ハゲに悪人はいない」などギャラリーはまさに言いたい放題の世界です。

 

ハゲ、薄毛の人はその言葉を黙って聞いていなければならないのですなんとも辛い現状です。

 

そこでなぜ禿げるのか。ここではそのことについて考えてみることにしましょう。

 

効果的なシャンプー。

 

 

毎日、たくさんの脱毛に悩み、シャンプー時には生きた心地がしないと言う人は意外に多いものです。

 

だからといって、頭皮を清潔に保つためにもシャンプーは欠かせません。

 

脱毛の悩みのある人は、皮脂過剰でべたつきが気な頭皮のことが多いのですが、余分な皮脂をすっきりと洗い流すタイプのシャンプーをお使いでしょうか?

 

使用するとスーッとするメントール感覚のシャンプーや、フケ防止とうたっている硫黄分が配合されているシャンプーはかえって頭皮を刺激すぎる結果となり、リバウンド現象としてますます皮脂を出して浮気を増やしてしまうこともあります。

 

頭皮を保護するためには、安上がりでごくシンプルなケアが1番いいのです。

 

最もお勧めできるのは、ベビー用の頃刺激性シャンプーで、頭皮を傷つけないように毎日さっと洗うことです。

 

もし頭皮がパサついているようなら、シャンプー前にベビーオイルがオリーブオイルでマッサージしてから洗うようにしましょう。

 

効果的な食事。

 

ハゲ、薄毛に良いと言うので海藻類多く食べるようにしていても、たいした変化は見られなかった。

こんな経験をお持ちの方も少なくはないと思います。

 

その他にも、髪の成分であるタンパク質を多くとるのが良いと言う人思います。

 

確かに海藻等は毛髪の質を良くする効果はあるでしょう。

 

しかしそれを食べることが神が入るための重要なポイントであるとは言えません。

それよりも大切な事は体を健康に保つための基本的な方法として、バランスのとれた食生活を心がけることです。

 

特に注意する点としては、皮脂が過剰にならないように脂っこいものを多く食べすぎないようにすることです。

 

ストレスからの解放。大きなストレスは脱毛促進するだけでなく、心身全体に悪い影響もたらします。

 

毎日のリラックス法をいろいろ考えましょう。

 

ストレスの発散の方法間違うと、これもまた頭髪が抜ける原因にもなりますから注意が必要です。

普通、人はストレスが高じるとイライラして髪を掻きむしったりします。

 

また、食事、飲酒、喫煙などでストレスを発散させようとします。

 

ところが度が過ぎてしまうと、遊びの時間が長すぎて睡眠不足も考えられるでしょう。

 

これではかえって体や髪の健康に悪影響をもたらすことになります。

 

アルコールにしても適量にとどめるぐらいの心構えは大切なことです。

 

食事のバランスは前述した通りですが、過剰な飲酒は頭皮の血行を悪くしてしまい、喫煙は毛細血管を縮めますから、やはり血行を悪くしてしまいます。

 

また、髪に送られる栄養がうまく送られなくなり、脱毛はますます進むことになります。

 

髪を掻きむしったり強く引っ張ったりしたら頭皮も傷つけます。

 

いろいろな悩みで苦しんだりすると、精神だけでなく頭皮にも緊張が生まれ、やはり血行が悪くなってしまいます。

 

自分自身の心身を絶えずチェックしてストレスを溜めすぎないようにしましょう。

 

ハゲ薄毛にならないための3つのポイント

 

  • ①頭皮を清潔に保つためのシャンプーは、ベビー用の刺激の少ないシャンプー剤で頭皮を傷つけないように毎日さっと洗う。もし、頭皮がパサついているようなら、シャンプー前にベビーオイルがオリーブオイルでマッサージしてから洗う。 
  • ②バランスのとれた食生活を心がける。決して脂っこいものを多く食べすぎないようにする。
  • ③ストレスをうまく発散させ、飲酒や喫煙を控える。

 

 

市販の育毛剤は効果があるのか?

 

 

カツラにも外科手術にも頼ることなく、養毛、育毛剤ハゲや薄毛の悩みを解決させることができるものなら、これはまさに理想です。

 

現在では数多くの養毛、育毛剤が出回り、その効果効能にはなるほどと思わせる理論がつけられています。

 

しかしはっきりって、これらの育毛剤は今のところ確固たる成果をもたらすまでには至っていません

 

一般的に市販されている育毛剤にはアルコール系の血管拡張剤、殺菌剤、栄養素、香料がミックスされたものです。

 

これを頭皮にふりかけてマッサージすることによって、一般的に血行を促進させたり、毛根細胞の活性を促したりします。

 

この方法だと、確かに一時的には抜け毛を少なくすることができますが、犯人や薄毛の元凶であるDHTを退治する事は出来ません。

 

ハゲや薄毛の大きな原因として「男性ホルモン(DHT)の比率の高さ」については現代の医学ではそのDHTの作用を抑制して増毛へと向かわせる薬品は開発されていないのです。

 

言い換えればハゲ薄毛の対症療法では効果がないと言うことです。

 

擦り傷に薬を塗りこむようなわけにはいかないのがハゲ薄毛と育毛剤の関係だと言えます。

 

 

育毛剤の疑問2つのポイント

 

  • ①市販の養毛剤、育毛剤の本当の効果はまだ疑問点ではあります。
  • ②養毛剤、育毛剤で一時的に抜け毛を少なくすることができるが、はげ、薄毛の元凶であるDHTを退治することはできない。

 

現在、DHTの作用を抑制して増毛を促す育毛剤は開発されていない。

 

 

効果ある育毛液「ミノキシジル」

 

一般的に市販されている養毛、育毛剤は対症療法的なものである限りほとんど効果はないといえます。

 

ところが現在、唯一効果の高い育毛剤として統計学的に有効と世界の学会で認められ、米国FDA (食品、医療品局)が認可したミノキシジルと言う育毛液があります。

 

これはもともと米国アップジョン社が開発した血圧降下剤(血圧を下げる薬)で、この薬を継続使用した患者さんの頭髪、ヒゲ、胸毛などの体毛がどんどん濃くなる現象が起こり、一躍注目を集めました。

 

ここに着目して新しい育毛剤として開発されたのがミノキシジルだったのです。

 

このミノキシジルは、男性のハゲ、薄毛にだけ効果があるわけではありません。

 

円形脱毛性や女性の薄毛(眉の薄毛)にも有効に働くことが既に実証されています。

 

ミノキシジルがハゲ、薄毛に対して何故有効なのかというはっきりした根拠は実はまだわかっていません。

 

ただ、頭皮など髪の毛の周辺に作用するものではなく、毛髪、体毛すべての成長サイクルをコントロールする遺伝子に直接作用するものと推定されています。

だからこそ使用例の60%から80%と言う画期的な有効率が現れたのでしょう。

 

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア