薄毛になる原因には様々な説がありますが、一番薄毛の原因としてささやかれているのはホルモンと薄毛の関係ではないでしょうか?

  • 親が薄毛だったら子も薄毛になる確率は?
  • ホルモンは髪にどのような作用をあたえるのか?

遺伝と薄毛について今回は解説していきます。

 

これがハゲる原因。ホルモン原因説。

 

人はなぜハゲるのでしょうか?

 

これについてはいくつかの原因説がありますのでそれらを紹介していきます。

まずホルモン悪人説です。

私たち人間の毛髪は、性別を問わず、男性ホルモンを始めとする数々のホルモンの影響受けています。

 

薄毛は男女ともに見かけますが、比率から言うと男性が圧倒的に多く、ハゲと言えば男性しか思い浮かばないのが一般的です。

 

 

頭髪と男性ホルモンの関係

 

ハゲ、薄毛には男性ホルモンが関わっているらしい事は、医学や薬学に興味のない人でも知っていることです。

 

たくましいヒゲや胸毛などを蓄えていても、頭髪は輝くばかりの影と言うケースはそれほど珍しいことではありません。

 

男性であることと、薄毛に悩む事は、そのままイコールではありませんが、やはり男性であることが1つの要素になっている事は確かなようです。

 

人間の毛髪に影響及ぼすホルモンには次のようなものがあります。

 

1、男性ホルモン(テストステロン)私たちの体の中にある男性ホルモンは、テストステロンとその還元型の5αーデヒドロテストステロン(DHT)の2種類です。

 

テストステロンは、筋肉の増強を促し、男らしい体つきをつくります。一方DHTはヒゲ、胸毛、わき毛、陰毛を始めとする体毛や皮脂腺に作用します。

 

頭髪以外の体毛には多毛化を促しながら、頭髪だけにはその成長を抑制するため、ハゲ、薄毛へと導くことになります。

また皮脂腺の増大にも関与し、頭髪に関しては決して良い方向には作用しないと言っても良いでしょう。

 

2、女性ホルモン(エストロジェン)頭髪の成長期における成長速度を多少遅くする代わりに、成長し続ける期間を長くする作用があります。

 

全体から見れば、頭髪の成長にはプラスに働いているといえます。

このため男性の頭髪成長期よりも、女性のそれのほうが時間的に長く、女性は腰のあたりまで髪を伸ばすことが可能なのです。

 

3、甲状腺ホルモン(サイロキシン) 休止期にある頭髪の成長開始を早くするように催促する役目を持っています。

 

4、副腎皮質ホルモン(コルチゾン)甲状腺ホルモンとは逆に頭髪成長期の改質私を遅くします。しかし分泌が過剰になると全身多毛と言うことになります。

 

このように頭髪にはいろいろなホルモンが複雑に関係し、毛髪の成長をコントロールしています。

 

その中でもハゲ薄毛に対して大きく関わってくるのは男性ホルモンであることに間違いは無いのです。頭髪の中で休止期毛は、前頭部から頭頂部に多く分布します。

 

そこには男性ホルモンの1つである5 αデヒドロテストステロンの受容体が蜜に分布していて、男性ホルモン(DHT)に影響しやすくなっているからです。

 

また同じ頭部でも、側頭部や後頭部は甲状腺ホルモンの支配を受けているためハゲにくいといえます。

 

ハゲる原因3つのポイント

 

1、ハゲ、薄毛には男性ホルモンが関わっている。

 

2、人間の毛髪に影響を及ぼ子男性ホルモンは「テストステロン」「DHT」の2種類ですがDHTはハゲ薄毛の引き金となる怖いホルモンです。

 

3、前頭部から頭頂部に多く分布する休止期毛は、男性ホルモンが強く影響しています。同じ頭部でも側頭部や後頭部は甲状腺ホルモンの支配を受けるためはげにくい。

 

 

これがハゲる原因 遺伝説

若い頃からはげてしまう若ハゲ(若年性脱毛症)は、男性ホルモンの中のテストステロンとDHTの中で、DHTの割合が多い人に起こると言われています。

 

DHTは、毛根にある5 αリダクターゼと言う還元酵素からテストステロンが変身したものです。

変身したDHTは、皮脂腺や毛嚢に作用して皮脂の分泌を促進します。

皮脂は多すぎると、頭皮や毛穴に負担をかけるだけでなく、5 αリダクターゼを刺激して、さらにDHTを増加させてしまいます。

実際に頭髪の悩みを持つ人にはべたつきがちな頭皮を持っていることが多いものです。

 

また、他の体毛の毛根には成長に必要なタンパク質合成を促進させるのに、頭髪の毛根には逆にタンパク質合成を抑制してしまいます。

 

このようにDHTは、ひげや胸毛は濃くするのに、頭髪の部分はハゲに導くと言う誠に困った働きがあります。

DHTが生み出す悪循環は若ハゲを助長していると言っても決して過言ではありません。

 

若年性脱毛症は、遺伝であることが非常に高く、それも家計の中で男性のみ現れる遺伝で受付つがれています。

私たちは両親から1個ずつの毛髪遺伝子を貰います。その遺伝子の組み合わせは、

 

1、正常な遺伝子と正常な遺伝子。

 

2、ハゲ、薄毛の遺伝子と正常な遺伝子。

 

3、ハゲ、薄毛の遺伝子とハゲ、薄毛の遺伝子。

 

この三つが考えられます。

 

ちなみに男性は優性遺伝の為、ハゲ薄毛の遺伝子が1つでもあればはげてしまう確率は高いと言うわけですその確率は次の通りです。

 

a、父親にはげ、薄毛の遺伝子が1つでもある→ 50パーセント。

 

b、母親にもハゲ、薄毛の遺伝子がある→ 75%。

 

これに比べて、両親ともに正常な遺伝子を持っていた場合、子供にハゲ、薄毛が現れる事は遺伝子学的にはありません。

 

ただし、食生活や生活環境の乱れ、ストレスなどで薄着になることもありますので注意しましょう。

 

さて、ハゲ薄毛の体質を親から受け継いでしまった男性は、男性ホルモン活性の高まり始める思春期からDHTが多く作られることにより、毛根の成長低下や毛嚢の縮小が進んで脱毛症が現れることになります。

 

ちなみに女性にハゲが少なく、あっても薄毛程度なのは、頭髪の成長にプラスに働く女性ホルモンがいつも男性ホルモンより優位にあることのほかに、脱毛の仕方に違いがあるからです。

 

毛髪は、通常1つの毛根から2本から3本生えています。

脱毛の時、女性は2本から3本の中から1本だけが抜けますが、男性は1つの毛根から生えている全ての毛髪が一度に抜けてしまいます。

ですから、女性の薄毛は目立ちにくく、男性の薄毛は一つの毛根から一気に髪が全て抜けてしまうので薄毛が短期間で目立ってしまうのです。

早めの抜け毛防止のためのケアが必要になります。

この抜け毛防止ケアに最適な方法は今後ブログに載せていきますので期待していてください。

こちらも参考にご覧ください。

毛髪専門医師に薄毛や抜け毛の悩みをメールにて無料相談出来、医師から個々にの薄毛状態にあったカウンセリングアドバイスがメールで届きます。

http://hair-life.net/

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア