薄毛体質を食事で改善できるのか?

薄毛、抜け毛に悩む方の食生活はあんがい乱れがちなようです。

食事の改善で少しでも、薄毛や抜け毛が軽減出来れば気持ちの余裕もでますし、体の外見から健康状態まで改善させることが出来ます。

今回は食事と薄毛について解説していきます。

 

血管回復のための食事方をご紹介します。

 

体質、体調改善するためには開始してからおよそ3ヶ月ほどはかかります。

 

ただ最初の1ヵ月はあまり変化が感じられないでしょうが、2ヶ月以降は大きな変化を実感できることでしょう。

 

体は、今まであなたが食べてきた食べ物で作られています。

 

薄毛を招く大きな原因の1つは食事なのです。

 

育毛に関して話が少しそれますが基本が大切になりますのでお伝えしたいと思います。

プロで活躍するアスリートの体脂肪率は1桁台です。

 

体脂肪だけに限って言えば、こちらはすべて運動量でそうなったのではありません。重要度で言えば食事が7割で、残り3割が運動量だと言われています。

 

よくスポーツジムの宣伝で誤解しやすいのですが、運動して後は好きなものを食べ放題では、アスリートのような体型になるどころか痩せもしません。

 

食事管理が最も大切なのです。

 

今までさんざん好きなものを食べてきた結果として太った人が、突然ダイエットをしようとして食事制限をしたとします。

 

空腹に耐え必死にランニングをする。

以前はこのようなパタンがダイエットの代表例でした。

 

しかし昨今では研究が進み意外なことがわかってきました。食事制限は帰って太ってしまう、と言うものです。

 

いわゆるリバウンドと呼ばれるものです。

 

空腹がある時間続くと、脳は「飢餓状態」が発令されたと言う危険信号キャッチします。

すると生命に危険を及ばさないよう少量の食事でも脂肪を溜め込んでしまうようになります。

ですのでダイエットのコツは、工夫が生じる時間を作らないこと。

 

そして朝、昼、夜ときちんと食べること。

 

食べるといってもカロリー制限はもちろんしないといけません。

砂糖がたっぷりの清涼飲料水は飲まず、スナック菓子などは食べないなど、とにかく口に入れるものを意識するのは最低条件となります。

 

しかし従来の辛い食事制限を伴うダイエット概念は、非効率な上に後で肥満を招くリスクも伴います。

 

ダイエットが主体ではないのでこれ以上は控えますが、育毛も同じで、これまで誤った概念が育毛の常識だと誤解されたり見落とされていたりしたことが多数あります。

 

育毛に好ましくない食事を積み重ねていると、体の栄養吸収が悪くなり、自然と頭皮も硬くなってきます。

 

さらには老廃物などの毒素が体にどんどん溜まっていきます。

 

薄毛を改善しようと本気で望むのであれば、強い意志を持って何でも実践していく意欲を持たなければならないのです。

 

例えばダイエットしたいな、砂糖たっぷりのケーキは毎日たくさん食べないと気がすまない。

それでもダイエットができる方法を教えて欲しい、と言われても無理な話となります。

 

血管回復のための食事をお伝えします。

 

便秘の人はまず大腸内にたまった腐敗便を追い出しましょう。

 

最初の1週間だけ朝食を抜いてみることをお勧めします。

 

お腹が空いて我慢できない方は、バナナとゆで卵だけを食べるようにしましょう。

 

現代食は栄養やカロリーが多すぎる食事のため、たいていの方がカロリー過多になっています。

このため、毎日毎日、腐敗便をためているケースが驚くほど多いのです。

 

ただし痩せ気味の方、理想の体重で健康だと思える方は、あえて朝食を抜く必要はありません。

 

腐敗便は大腸内に毒素をためる性質があります。さらにその毒素は血液内に溶け込みます。

 

すると体は生命維持に働き、直接生命の危険性とは関係のない末端の髪への栄養供給も閉ざし、毒消に専念してしまいます

 

この悪循環を解消するためには、食事内容を見直す必要があります。

体内の毒素を徹底的に追い出し、そして毒素をためないこと。

これができると自然に免疫力の高い体に変化していきます。

 

すると消滅していた毛細血管もみるみるよみがえってくるのです。

 

食事内容と食事時間

 

「薄毛の原因=毛細血管の消滅」

「毛細血管の回復のためには体に溜まった毒素を排出して免疫力をつけること」

 

このためには最低1週間は次のことを実行していただきたいと思います。

 

朝食は抜く(水は午前中に500ミリリットル程度は飲む)どうしても食べたい場合はバナナ、ゆで卵。

 

昼食、夕食時にはタンパク質を多くとる(糖質はご飯からの摂取で充分)いちにちを通して水は最低1.5から2リットル飲む(浄化のため)

 

*水以外は身体の浄化が出来ません。

*水以外の清涼飲料水は飲まないようにします。(お茶やブラックコーヒー、紅茶はOK)

 

タンパク質の重要性

 

栄養素の中でも、体を作るもとになるのがタンパク質です。

筋肉だけでなく、髪の毛、血管、内臓、皮膚、爪、骨に至るまでタンパク質が基になるのです。

 

摂取すべきタンパク質の目安。

 

体重50キログラムの場合、150から60グラム。

60キログラムの場合、160から70グラム。

70キログラムの場合、170から80グラム。

体重10キロあたりタンパク質約10グラム少々と覚えておきましょう。

 

お勧めの育毛食

 

タンパク質を多く含むおすすめ育毛食品です。

鶏の皮なし胸肉、もしくはささみ。マグロ、鮭、サバ、空、カツオ、エビ。納豆、豆腐、卵、豆類。

 

脂質と糖質

 

血液浄化や血流改善のためには、脂質や糖質は極力控えるのがベターです。

ただこれらはとってはいけないと言うことではありません。

 

エネルギーとして必要な栄養素ですから、完全カットは危険です。

 

特に、糖質は唯一の栄養源です。

そして紙質も脳の構成成分のうちの60%を占めています。

ただ、これらも毎日ご飯を最低2食、一膳ずつ食べれば補給できます。

 

不必要な糖質と言うのは体の害にしかならないブドウ糖、加藤が含まれる食品や飲み物です。

これらは脂肪を蓄積し育毛に不利な有害成分ですので避けて下さい。

 

人工甘味料も最近の研究では肥満や糖尿病につながることが判明しました。

 

血糖値が上がり肥満なりやすく、そしてそれが進めば血流が圧迫されるため上に十分な栄養が届きにくくなります。

 

ビタミンとミネラルを採るべき理由

 

タンパク質さえ必要量を食べれば良いと言うわけでもありません。

せっかく食べた蛋白質も、それがしっかりと体に吸収されなければ意味がありません。

 

まずは食べ物をしっかり分解し、そして吸収させる必要があります。

食物を分解し吸収する役割を担うのが消化酵素です。

 

そこで必要になるのがビタミンとミネラルです。

 

これは新鮮な野菜や果物の中に含まれています。

野菜嫌いな方、果物を食べるのが面倒と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、これがしっかりした栄養素が取れなくなる当然の理由になるのです。

 

ですから、タンパク質を取る際は「野菜+果物」のセットで摂取するようにしましょう。

 

○主食にする食べ物=できれば玄米のみ(ご飯と玄米半々でもオーケー)

 

○副食にする食べ物=鶏のささみ、魚、豆類、海藻、芋、豆、豆腐、無糖ヨーグルト、果物

 

注意とまとめ

 

野菜や果物は季節のものを選択しましょう。

 

昨今、農業技術の進歩で季節外れの野菜や果物も目にすることが多くなってきましたが、例えば冬に夏の野菜や果物を食べると体が冷えてしまいます。

これは夏にできる野菜や果物は水分が多く含まれているためです。

 

自然の摂理を外れる食生活は、思わぬ弊害を招くのです。

 

またお腹いっぱい食べないことなるべく腹八分目程度に抑えるように努力します。

 

また炭酸水(糖類無し)を飲みますとお腹が膨れやすくなります。

もともと肥満気味の方は体重も減ってきますが、これは残留便と毒素が排出されている証拠です。

 

人間は食べれば食べるほど、食物の消化のためにエネルギーを使います。

 

食べ物を制限しエネルギーを使う事で毒素排出をすることができます。

ですからまずこの食事内容で毒素排出に努めてください。

 

食べ物を消化するためには多量の消化酵素が必要となってきます。

 

野菜や果物を食べても、あまり体の負担にはなりませんが、これは多量の酵素が消化を助けるためなのです。

 

肉類を消化するには、かなりのエネルギーが使われます。

 

肉を食べ過ぎた翌日はいが持たれたり、体がだるかったり、眠かったりした経験があるかもしれませんが、これは身体が自分自身の体を休めて、食物の消化だけにエネルギーを使おうとするために、他の器官がうまく働かなくなるためです。

 

食事を少なくし、胃への負担の少ない食事ないようにすることで、栄養が足りないどころか逆に頭が冴えてくるでしょう。

 

現代食はただでさえ栄養が偏っている食品が多いため、あれこれ食べようとすると栄養過多になりがちになります。

 

栄養過多は消化しきれずに毒素をためるだけです。

 

体の毒素がどんどん取れ始めるのが2週間から3週間くらいなので、もしできるようなら一カ月程度は試してほしいと思います。

 

この頃には体の毒素が抜け細胞がどんどん活性化してくるようになるでしょう。

 

早い人は1週間目前後から脱毛が減り、少しずつ変化を感じてくるかと思います。

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア