毎日、カップラーメンやコンビニ弁当での食生活でに良いはずはないのはわかります。

食生活の乱れは薄毛になるのでしょうか?

またサプリメントを服用すると薄毛にはならないのでしょうか?

今回は食生活とサプリメントについて解説していきます。

 

食生活は薄毛に関係するのでしょうか?

 

髪はケラチンというタンパク質でできていて、それが18種類アミノ酸と結合しています。

さらにアミノ酸シスチンが多く含まれていて、タンパク質が不足すると抜け毛が多くなりやすく亜鉛や銅やミネラルが不足しても抜け毛の原因になります

現代は本当に多彩なおいしい食べ物で溢れています。

しかし、おいしいものだけを食べていたら、健康に必要な栄養がとれずに偏ってしまいがちになります。

 

現代人の食事は気をつけて食べないと薄毛を招く食事スタイルにもなりやすいと言うことです。

ミネラル分など、特定の栄養素をどうしても取りづらい場合、サプリメントで補ってしまえば良いでしょう。

摂取しないよりは摂取したほうがベターなのです。

現代の日本に出回っている多くの農作物は、化学肥料を用いて作られており、昔のように肥えた土壌で育てられていません。

昔食べたあのおいしいトマトの味、さぞ栄養も豊富だったことでしょう。

化学肥料で育てたトマトは美味しくなく、栄養価も低い。

しかし今のトマトのほとんどはおいしくなくなっただけでなく栄養価も昔よりずっと低下しています。

ほとんどの農作物がそうなのかもしれません。

今の日本の生活では、バランスのとれた食事をしているつもりでも、実際には十分な栄養素をとること自体が困難になってきています。

 

それがサプリメントの普及し始めたもともとの理由です。

 

十分な栄養素が取れない場合、毛根に供給される栄養素も足りず体が十分に機能しなくなるのは自然の道理とも言えます。

また女性の場合は、サプリメントの影響はホルモンバランスがかかわる場合があります。

そのため、足りない成分を過剰に摂取することで、思わぬトラブルの原因になる可能性もあります。
足りない成分を多くサプリメントの服用で補おうとしてもバランスが大切です。

また過剰に摂取した成分は尿として排出されてしまいます。

 

きちんとした食事をとらずに、「今日もごはん食べなかったけど、サプリメントをいろいろ飲めばいいか」などといった案意な考えで、サプリメントだけを大量に飲むことだけは絶対にしないようにしましょう。

サプリメントは主食ではなく、毎日しっかり食事をする中で、どうしても不足しがちなものだけサプリで補うことを意識することが大切です。

足りない部分を適切に補うためには、自分には今、何が足りていて何が足りていないかを知ることが非常に重要なことです。


肉ばかりの食生活、野菜を食べない変食など見直すことが大切になります。

またインスタント食品の食べ過ぎも注意が必要です。

 

 

先ほどの例にあげたトマトのように、食品に含まれる成分などに注意をして、自分が口にするものにはどんな成分が含まれているのかを、まずは少しでもいいので、気にかけるようにしましょう。

 

サプリメントは薬ではありません。

 

 

 

むしろ病気を予防するためや、体調を保つために必要な栄養補助食品です。

薬とサプリメントの違いは、薬が治療効果を厚生労働省から認められているのに対し、サプリメントは健康維持のために栄養補給するものと言う定義です。

 

美容、育毛の補助として取り入れられている様々なサプリメントがありますが“栄養補助食品という位置づけをされているため、基本的にはすべて食べ物という扱いです。

そのため、効果・効能が調べられていないものがほとんど。

飲み合わせやタイミングなど、処方薬にとってはあたりまえに存在するスペックが、サプリメントでははっきりしていないのです。

あくまでも栄養補助食品なのです。

 

「サプリメント」は「医薬品」と違って、「効果」「効能」を表記することが許されませんし、具体的な「服用時期」や「服用量」を表示することもできません。

医薬品のように飲むタイミングや服用に適したタイミングなどの記載されているサプリメントは医薬品と違いサプリメントは食品ですから、薬事法違反になる可能性もありますので注意が必要です。

そのような記載のあるサプリメント会社のサプリメントはもう一度、本当に安心なのかを考えてみましょう。

また、サプリメントとは逆に医薬品に関しては、 

薬は抗病気対策としての医薬品ですから取り扱いは資格のある医師や薬剤師しか許可されていません。

 

つまり薬は取り扱いを誤ると体に悪影響があるということです。

こちらにも詳しく記載されていますので参考にされてください。

 

サプリメントと薬の違い

医薬品は効果・効能だけでなく、それを飲むことで起きる可能性がある副作用も、実験と統計によって明らかにされています。摂取量、時間帯、体の状態など、科学的な裏づけがあるのです。食後3回飲む、1日2回まで、熱が出たら飲む…など、処方薬を渡されるときに薬剤師から詳しい説明があるのはこのためです。

対してサプリメントは、効果・効能や副作用などを科学的に立証する実験や考察が行われているかは疑問です。あくまで“食品”なので、メーカー側にすべて託されているのが現状。そのため「食品だから安全」というイメージからリスクが隠され、“予想される効果・効能”が前面に押し出されているのです。ヤセる、肌が若返る、貧血にいい…などの売り文句を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。サプリメントにも公表されていないだけで副作用は存在します。

http://www.skincare-univ.com/article/000548/

スキンケア大学
処方薬との併用はNG!危険なサプリの飲み合わせより引用

 

サプリメント厚生労働省が抗病気対策としての効果を認めた薬ではないので服用方法も曖昧なのが現状です。

 

ちなみに、日本のサプリメントは法規制も製造技術も米国よりも10年から20年以上遅れていると言われています。

 

良質なサプリメントを選ぶにはまず成分表示を確認しましょう。

 

日本製のサプリメントの場合、規制が曖昧なため、表示に都合の良い栄養素しか記載していない場合もあります。

さらには安価なサプリメントには栄養素以外に粗悪な原料も含まれている可能性も多々あるのです。

 

栄養素のタイプ。

 

サプリメントに含まれる栄養素には「合成タイプ」「天然タイプ」があります。

 

  • 「天然タイプ」は体内に吸収される力が格段に高いのです。
  • 「合成タイプ」は大抵白っぽく、天然タイプは複雑な色合いをしています。

 

合成タイプは天然タイプの半分程度の吸収力しかありません。ただしビタミンCに限っては、タイプを気にしなくても大差はありません。

 

安価に大量生産しているサプリメントには注意するべきです。

逆に体調壊すこともあります。合成タイプの場合、吸収する時体内の栄養素を消費してしまいます。

合成タイプのサプリメントを摂取することで、逆に身体の調子が悪くなることもあるのです。

また処方薬との組み合わせでの服用も注意が必要です。

 

特に危険!処方薬との飲み合わせ

サプリメントの成分によっては、薬の成分の吸収や作用をさまたげてしまう場合があります。たとえば強心薬を飲んでいるときにカルシウムのサプリを摂取するのはNG。強心薬はカルシウムを補給する薬なので、カルシウムをさらに体にいれることはいいことのように思われます。けれど、カルシウムの過剰摂取により腎臓に石ができる可能性もあるのです。

体のために…と思っても悪影響!?

処方薬はドクターが処方した後、薬剤師がそろえて飲み方や使い方の説明をしてくれます。薬は効果・効能や副作用が調べられているため、いくつか飲み合わせたときに想定される効果もリスクも専門家が把握しています。

一方サプリメントは実態がよくわからないものなので、飲み合わせた場合に起こりうる状況が想定しにくいのです。「体のために」と思って摂取したサプリメントが、悪影響をおよぼしてしまっては元も子もありません。処方薬を出されているということは、体が正常だとは言えない状態。

”風邪薬とコラーゲン”という、一見影響が及びそうにないものでも、健康でない体には合わないことも考えられます。処方薬を飲む期間だけでも、サプリメントは控えたほうがいいでしょう。

http://www.skincare-univ.com/article/000548/

処方薬との併用はNG!危険なサプリの飲み合わせより引用

 

天然タイプのモノは一般的に粒が大きくて色が複雑で匂いの強いものが多いようです。

穀物から作ったサプリメント「ナチュラル成分」などの言葉で巧妙にごまかしているものも数多く存在しますが、原料が天然と書いてあっても、結局は化学合成されたものは、あくまで合成タイプですので気をつけたいところです。

 

添加物について

 

添加物がないサプリメントはほとんどありません。

なぜなら錠剤にした時点で増粘剤や光沢剤が必要になるからです。

ただ気をつけなければいけないのは、安価なサプリメントにはまるで添加物だけの塊とも言えるものも多々あります。

表示に乳化剤としか記載されていない場合は要注意が必要かもしれません。石油が原料だったりする場合もあります。

 

サプリメントを摂取するときに注意すること。

 

水道水で飲むのはあまりお勧めしません。水道中に含まれている塩素がビタミンを壊すからです

できればミネラルウォーターが好ましいと思います。

 

育毛に良いサプリメント

 

育毛にお勧めできるサプリメントもあるのは事実です。

しかし基本的には自身の体で不足している栄養素をメディカルチェックしてから、必要な栄養素を補給するのが理にかなってやり方です。

そのことを前提として、育毛に有効な栄養素だけを挙げてみましょう。

 

ビタミンB2 ・・・・髪の毛や皮膚の再生、動脈硬化白内障の予防。

 

ビオチン ・・・・白髪、はげ予防、疲労回復、脂肪の代謝不全、脱毛、白髪の予防。

 

パントテン酸 ・・・・細胞の成長、神経中枢の発達、血液、皮膚障害、白髪の予防。

 

ミネラル ・・・・髪、皮膚の色を保つ、鉄分の働きを助ける。

 

他にもの為には良い成分がありますが、髪の為に役立つサプリメント成分は大まかにわけるとこんなところでしょうか、もう少し深く掘り下げていくと、これらの栄養素を吸収させるためには、他の栄養素も必要になってきます。

 

しかし、ここがサプリメント摂取で効能を得ることができるかどうかの難しいところなのです。

いずれにしても、一般にサプリメント適当に選んで服用しても、期待したような効果は得られにくいかも知れません。

 

面倒かも知れませんが、購入前に一度、薬剤師の方や栄養士の方など、専門家に相談するのが効率的には良いでしょう。

 

まとめ

 

サプリメントを推奨するのは日常生活で補えない栄養分を補給できるからです。

ですからサプリメントだけに依存するのはいけません。

基本となるのは、栄養価もありバランスが取れた食事、そして睡眠、運動、休養です。

添加物が山盛りのファーストフードやコンビニ弁当を食べるのは、病気になりやすい体を作るので避けた方がいいです。

人間の細胞は毎日生まれ変わっています。

3年達つと人体の細胞の実に80パーセントが入れ替わります。

あなたが食べたもの。睡眠時間中に休息して回復させた細胞。運動で増やした筋肉。

あなたの生活次第であなたの体がつくられてきます。

ですから不摂生な食事や生活が続くと、確実に「薄着になりやすい体質」や「病気体質」にどんどん変化していってしまいます。

サプリメントだけに頼らない食生活が育毛には大切になります。 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア