赤い食べ物には育毛効果があるのは良く聞く話ですが、この赤い食べ物は何が一番育毛には良いのでしょうか?

今回は育毛に効果的な食材について解説していきます。

アスタキサンチンのパワーはこんなに凄い。

βカロテンの約10倍
ビタミンEや、老化防止効果の
コエンザイムQ10の約1000倍
ビタミンCの約6000倍
レスベラトロールの約3000倍と素晴らしい成分です。


アスタキサンチンには育毛効果があります。

 

皆さんがよく食べられている朝食の定番の魚であるですが、鮭にも多くのアスタキサンチンが含まれていますがアスタキサンチンは鮭だけではなくエビカニなどの甲殻類も
含まれています。

甲殻類は調理しないと赤くはなりませんがなぜ?

これはアスタキサンチンがタンパク質と結合して存在しているためで、海老や蟹を茹でるとその熱でアスタキサンチンと結合しているタンパク質が変性し、アスタキサンチンが遊離し本来の赤い色になります。

 

アスタキサンチンは、もともと藻類含まれており藻類に紫外線が当たるとその量が増加します。

これはアスタキサンチンが紫外線の酸化ストレスを軽減する作用を持つためで、藻類が自らを紫外線の街から守るために、アスタキサンチンを増やします。

 

鮭は数年後に産まれた川に帰りますが最初は海で藻類やエビやカニなどの甲殻類を食べ、アスタキサンチンを摂取します。

 鮭はアスタキサンチンを取り込む事により、本来藻類が持ち合わせているアスタキサンチンの効果である抗ストレス作用を川を遡ってくる時の様々な難関をアスタキサンチンの持つ抗ストレス作用によりストレスを軽減させるのに利用していると
言われています。

アスタリフト スカルプフォーカス エッセンス

あの川を遡る鮭を見てもお分かりいただけるように、アスタキサンチンには細胞の老化を防ぐ強い抗酸化力があります。

その力はビタミンEの500~1,000倍、
ベータカロテンでは約40倍と言われています。


その抗酸化力で活性酸素を除去するため、頭皮の老化や髪の毛の成長を阻害するのを防ぎ、育毛をサポートすることで薄毛の予防にも役立つようになっています。

 

また、アスタキサンチン成分を含むサプリメントの服用を行なった実験では増毛効果が認められた実験結果もあるようです。

 

アスタキサンチンは強い抗ストレス作用により多忙な仕事や人間関係、ストレスにより抜け毛で悩んでいる方には鮭のアスタキサンチンパワーは育毛には良いと言えます。

 

他にもアスタキサンチンは強力な抗酸化力を持っているため、頭皮への紫外線照射による活性酸素除去にも大きな効果を発揮します。

年齢とともに体内の抗酸化酵素は減りますから、同じように生活をしていても、髪や肌へのダメージは若いころよりも蓄積しやすくなります。

肌への紫外線対策は積極的にしている人でも、髪の毛は二の次という方も実際少なくありません。

紫外線によるダメージの修復、髪のアンチエイジングにもアスタキサンチンは非常に有効で高い効果を持っています。

また、インスリン様成長因子であるIGF-1の産出を増やし、これが毛母細胞を刺激することで育毛・発毛を促進する働きがあります。

男性の薄毛と女性の薄毛はそれぞれ原因やメカニズムが異なっていますが、両者に共通するものとしての原因として、ヘアサイクルの崩れがあります。

アスタキサンチンは毛母細胞への刺激を高め、ヘアサイクルを正常にさせます。

 

海藻には育毛効果はあるのか?

 

 

他にも気になるのは、ワカメや昆布などの海藻類には育毛効果がはたしてあるのか?
という事も長年髪には良いとされていますが、

果たしてどうなのでしょうか?

海藻は髪の毛の成長に良いとされる代表的な食材です。

昔から海藻類は、髪を黒くさせる、育毛効果があるなど、髪に良い食材として有名です。
では、一体海藻類の何が髪に良いのでしょうか?

その秘密は、海藻類に多く含まれるミネラルに理由が隠されています。

ミネラルは、髪の主成分であるタンパク質「ケラチン」の合成を促進し、発毛効果をもたらすとされていますがしかし、そのメカニズムが不明で育毛効果が認められたと言う
臨床研究もないようです。

しかし、こんぶやわかめに含まれているあの粘り成分であるフコイダンを研究で調べたところフランスの研究家たちは、実験でフコイダンを投与すると血管が増えるという
実験結果を報告しています。

日本の研究ではフコイダンの投与では傷の治りがはやいという実験結果もあるようです。

またフコダインは昆布やモズク、ワカメの海藻類のネバネバ部分に多く含まれている食物繊維で、この成分が含まれている食品を食べたり、外用薬を頭皮に塗布すると、成長因子FGF-7(ヒトオリゴペプチド-5)と呼ばれるタンパク質の産生を促す効果があります。


FGF-7は成長因子で発毛促進因子とも呼ばれており、毛乳頭細胞で生成されます。


フコダインの成分でFGF-7が増加すると毛乳頭細胞の働きが活発になります。


毛乳頭細胞の動きを活発にさせることは、毛母細胞の細胞分裂の動きを活発化させることにつながります。


それが毛母細胞の活性化は発毛の促進につながります。


これがフコイダンが育毛に効果的とされる理由です。

 

このほかにもフコイダンには免疫力を高める効果もあります。

引用

フコイダンには、免疫機能において重要な役割を担う「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」や「マクロファージ」といった免疫細胞を活性化する作用があることが動物を使った実験で明らかになりました。中でもガゴメ昆布由来のフコイダンは、ヒト試験でもNK細胞の活性を高める働きが確認できたと報告されています。

NK細胞は、人間の免疫システムをつかさどる重要な免疫細胞です。
体内にウイルスや病原体が入り込んだり、異常な細胞が発生した際に、まっさきにそれらに攻撃を始めるのがこのNK細胞。

さらに、NK細胞は常に体内をパトロールしており、このような異常細胞を見つけては攻撃することで、病気の発生や悪化を防いでいるのです。
つまり、フコイダンによるNK細胞の活性化は、免疫力を高めて健康を保つには非常に有効なのです。

また、食物繊維であるフコイダンは、免疫細胞がもっとも多く集まり、免疫機能に大きく関わる腸の状態を整える作用もあるとされています。

フコイダン(ふこいだん)に期待される健康効果・効能より
http://www.skincare-univ.com/article/006730/

 

この他に海藻は大豆に匹敵する量のタンパク質を多く含んでいます。

このタンパク質が胃の消化酵素の作用によって分解されアミノ酸がつながったペプチドと呼ばれる物質ができます。

こうしてできた海藻ペプチドは実験により知覚神経を刺激して体内でIGF-1を増やすことがわかりました。

IGF-1が増えれば育毛効果も期待できますので長年言われていた、ワカメを食べれば髪が増えるというのはまんざら迷信でもないようです。

昆布、もずく、ワカメなどの海藻類には育毛効果も期待出来ます。

 

冷たい食べ物は育毛に良くない。

 

育毛には海藻やアスタキサンチンを多く含む鮭などが効果的である、とわかりましたが温かくして食べたほうが効果が高いようです。 

冷たい食べ物を食べ過ぎると毛が抜ける。

このような事は聞いたことないでしょうか?

 

胃の知覚神経は、温度が高いほど刺激されやすいので暖かいものを食べたり、飲んだりする方が髪や頭皮には良いようです。

温かい食べ物が育毛効果アップ

 

胃の知覚神経は温度が高いと刺激されますので育毛効果を増やすには冷たい飲み物や食べ物より温かい食べ物や飲み物が育毛効果には効果的です。

暑い夏などは冷たいものが美味しいですし、冬でもアイスクリームが好きで食べてしまうという方もいるでしょう。


絶対に冷たいものを食べてはいけないという訳ではないのですが、冷やすものばかりを食べていると血行不良になり結果、薄毛の
原因になってしまいます。


体を冷やしやすい食材ばかりを食べるのも薄毛に繋がるので、温める食材と一緒にバランス良く摂るようにしましょう

また温かい飲み物はコーヒーよりもホットココアがカカオマスポリフェノールを豊富に含んでいるので育毛効果には良いと言えます。

 

 

 
アスタリフト スカルプフォーカス エッセンス

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア