育毛には何を食べたら効果的なのでしょう?


ワカメや昆布を食べると育毛には良いと囁かれていましたが単なる迷信なようです。

しかし、本当に育毛に効果がある育毛食があれば毎日でも摂取したいと思います。

今回は育毛に効果がある育毛食材について解説していきます。

 

育毛の基本食は何だ?

 

薄毛には唐辛子と大豆が薄毛が気になる方には効果的なようです。

薄毛の食卓の著書 岡嶋研二氏によると唐辛子を食べるとその辛味成分であるカプサイシンが胃腸の知覚神経を刺激して、その刺激情報が脳を経由して全身へ伝えられて、毛根でIGF-1が増加します。

IGF-1とはインスリン様成長因子Iの略でこの物質が血液を固めない作用の他にも組織の血流を増やす作用があります。

血流を促進作用があれば毛根に栄養分が行き渡りやすくなりますので薄毛には有効かと感じます。

 

さらに詳しくIGF-1とは?

 

毛根では、毛乳頭細胞か髪のモトとなる毛母細胞を養っています。


成長ホルモンが毛根に作用した場合や毛根の知覚神経が刺激されると毛乳頭細胞などでIGF-1が作られます。

IGF-1は毛母細胞に作用してヘアサイクルの内、毛根が活発に活動する成長期に成長を延長させて毛根が休んでいる退行期や休止期の期間を短縮させて育毛効果を発揮させます。

また、円形脱毛症の原因である毛包の炎症を抑制作用や髪のタンパク質を増やして、髪のコシや光沢を増やし髪質を改善します。

IGF-1にはこれだけの驚き効果があったわけです。
またこれは統計になりますが、カプサイシンとは唐辛子になりますが、

唐辛子を大量に食べる韓国の薄毛率は22%で日本は26%と日本よりも唐辛子を大量に食べる韓国には薄毛率が低いようです。

しかし、辛すぎるくらいの舌が痺れる刺激は知覚神経機能の麻痺を意味し、IGF-1を減らしてしまいます。

これは刺激があまりに強いために知覚神経から放出され、IGF-1を増やす作用を持ったカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質が枯渇して起こります。適度な辛さが効果的です。

CGRPの枯渇を防ぐには、カプサイシンで知覚神経を適度に刺激して知覚神経内でCGRPを増やす必要があります。

 

またこのCGRPには頭痛を治す効果もあります。

女性の片頭痛の有病率は男性の2倍以上に達する。月経前後に発作が頻発する月経関連片頭痛 (menstrually related migraine: MRM)は女性特有の病型であり一般に難治性である。エストロゲン離脱は片頭痛発作の誘因として知られているため、エストロゲンは片頭痛病態で重要な役割を担っていると考えられている。片頭痛発作時には、三叉神経血管系が活性化され、カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide: CGRP)が放出されることが知られている。CGRPは頭痛発現自体に大きな役割を果たしていると考えられているが、片頭痛病態におけるエストロゲンとCGRPとの正確な関連性は現時点においても明らかにされていない。CGRPには血管拡張作用があるため、血管拡張の程度を観察することによって、CGRPの作用を定量的に測定することが可能である。本研究では、CGRPで誘発される前額部の皮膚血管拡張作用に月経周期がどのような影響を与えるかについて検討している。さらに、閉経前の健常者・閉経後の健常者・MRM患者で得られた皮膚血流変化のデータ比較も行われている。

 引用 日本頭痛学会より http://www.jhsnet.org/zutu_topics_51.html

 

CGRPを増やす食べ物は何でしょう?

 

CGRPを身体の中で増やす作用を持っているのが女性ホルモンであるエストロゲンです。

エストロゲンが低下すると様々な体の不調が起こります。更年期に見られる女性の脱毛IGF-1の低下が原因の場合もあります。

薬などでエストロゲンを増やすのは副作用のリスクが常に付きまといます。

毎日食べれて安全にCGRPを増やす事が出来れば良いのです。

 

 

そこで選ばれたのが大豆です。

 

大豆には植物エストロゲンと呼ばれる物質があります。 これは大豆に含まれるイソフラボンがこれにあたります。

イソフラボンの作用はエストロゲンに似ている事から植物エストロゲンとつけられています。

岡嶋博士の実験ではイソフラボンにはCGRPを増やす作用が認められました。
そしてカプサイシン単独投与よりも、カプサイシンとイソフラボンを一緒に与えた方が毛根のIGF-1の増加と育毛効果があることがわかりました。

唐辛子(カプサイシン)と大豆(イソフラボン)を一緒に食べると胃の知覚神経のCGRPを放出させながら、その産生を増やし最も効率よく毛根のIGF-1を増やせることが出来ます。

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果は驚きの効果でモニター実験では64.5%に育毛効果が認められたようです。

 

カプサイシンとイソフラボンを摂取すると皮膚のIGF-1が増えて、育毛効果以外にもシワやたるみの改善が期待でき、また血圧を正常化する作用も持っていて数ヶ月で血液中のIGF-1濃度が増加して血圧が正常化する働きもあるようです。

他にも胃の知覚神経を刺激すると、脳の認知機能の中枢である海馬のIGF-1が増加して海馬のIGF-1が増えると、認知機能が改善する以外にも、うつ症状も改善する事が知られています。

唐辛子と大豆には育毛効果もあり、体を正常化にする働きがあるようです。

唐辛子と大豆を育毛の基本食として、そこに加えて髪に良い食材を更に摂取する事によって更に育毛効果がプラス作用に働きます。

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア