90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s

 

生え際が薄くなってきた。抜け毛が最近多い気がする。
このような髪に対して気になるとまずシャンプーを変えてみたいと思う方が多いと思います。

しかし、数多くあるシャンプーのなかでどのシャンプーを使えば良いのか悩みます。
コマーシャルでよく見るシャンプーを使えば良いのか?
育毛シャンプー、薬用シャンプーを使えば良いのか?

多くの方が色々なシャンプーを使っては、効果があったりなかったりと様々です。
今回はこの育毛シャンプーについて詳しくまとめてみました。

抜け毛薄毛に悩む方は見てください。

多くの人が誤解する育毛シャンプー。

現在のシャンプー市場が拡大する一方ですが、育毛シャンプーで髪が生えたと言う人に会ったことがありません。

スカルプシャンプーと言う言葉が世の中で流行りだしてから、シャンプーで髪が生えると錯覚していないでしょうか?

つい最近もスカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーといった広告でにぎわせていた某シャンプーメーカーが、巨額の脱税で摘発されました。
それだけ市場競争が増加しています。

どのメーカーもシャンプーで髪が生えるとは一言も言ってません。

「頭皮を洗う」「男をあげる」なんとなく髪が増えそうなイメージをフレーズにしているだけなのです。

落ち着いて考えてみると言葉のウラの意味が見えてきます。

ほとんどの育毛シャンプーと言われる商品には有効成分の記載はありますが、医学的に効能が認められた成分は入っておらず、シャンプーで発毛と言う事は絶対にありえないのです。

人気タレントさんの髪量が増えたように事例で見せたりはしていますが、シャンプーで生えたと断言した場合は薬事法違反ですし、誇大広告となります。

ノンシリコンシャンプーと言うのも謎が多い。
「シリコン=悪」という先入観があるからこそだと思いますが、果たしてどこまでご存知でしょうか?

 

育毛シャンプーとシリコン。

シャンプー容器の裏面に成分表示があるので見てみましょう

そこにラウレス硫酸ラウリル硫酸など~硫酸と表示された成分はあるでしょうか?

これらは高級アルコール系界面活性剤と呼称されているのですが、実際には石油原料で製造された強い洗浄力を持つ成分で、もちろん頭皮だけでなく、体にも良くないと言われています。

ラウレス、ラウリル系の成分は合成でできた化学成分です。
しかもこれらの成分は安価なため、昔からシャンプーに使用されていますが、昔はまだ多少状況はマシだったようです。

なぜなら、昔は今ほど毎日洗髪しなかったからです。

数日おきに洗髪をする。すると髪が油っぽくなってくる。そこで洗浄力が強く、泡立つ成分を配合することで髪を洗う。それで結果的に髪を保っていたわけです。

今はどうでしょう?

朝、出かける前にも洗髪。夜にも洗髪。

しかも成分は石油系の洗浄力の強いシャンプー。これでは頭皮も髪も参ってしまいます。
髪の傷みも早くなるし、抜け毛も薄毛になる時間もどんどん早くなっていくでしょう。

薄毛が低年齢化している理由の1つが、紛れもなく洗髪のしすぎにあるのです。

116071bc81ad1331f1c4137e5c1681f2_s

入浴するときのことを考えてみてください。


肌を強いナイロンたわしでこすれば肌だって赤くなってボロボロになります頭皮はもっと敏感ですよね。

洗髪をしすぎることで、ある意味頭皮もそのような状態が起きているのです。

ところが厄介なことがあります。

 

頭皮はすぐにSOSを出してくれません。

SOSが出た頃には、もう頭皮では様々なトラブルが起きているのです。

髪も、だんだんと細くなり始めている。そしてくせ毛が増え始め、短い髪が抜けていきます。

症状は様々ですが髪のトラブルには変わりはありません。

この~硫酸と言う成分は脱脂力が非常に強いため頭皮や髪の皮脂を必要以上に取り去ってしまう性質があります。

ですから洗髪した後、頭皮や髪の油分が足りなくなる。

そこでシリコン(正確にはシリコーンと呼ばれています)の登場です。

髪や頭皮のバリア成分を持つシリコンを使うことで、髪の保護をしようとするわけですが、安価で強い洗浄力のある成分を配合することほどシリコンが大量に必要になってきます。

お分かりのようにもちろん髪の健康にとっては自然な方法ではありません。


ノンシリコンをPRしているシャンプーもたくさんあります。
ノンシリコンだからといって薄毛にならないと言う事はないです。

さらにもう一つ問題があります髪だけがコーティングされるものではなく、シャンプーと同時に頭皮もコーティングされてしまうことです。

頭皮に膜が張ったようになるので、当然、皮膚の新陳代謝も悪くなるのです。

シリコンを悪者にするな!シリコンには悪意はないとありますが、
やはりシリコンは問題ありだと思います。

使えば確かに髪がつやつやになります。

感覚としては気持ちでしょう。でも、髪に必要以上のワックスをかけ、頭皮もコーティングされる状態です。

これでは通常あるべき自然な頭皮状態ではなくなってしまいます。
シリコンを含みながら堂々と育毛シャンプーを謳うシャンプーもたくさん存在します。

果たして育毛にプラスになるのでしょうか?

まずならないでしょう。

ff8cf0066f4bf81953f4d1e096261116_s 

育毛シャンプーでノンシリコンは当た前、常識だと思うのです。

髪は毛根も大切ですが髪の毛11本表面も非常に大切なのです。

カラーリングやブリーチをしている方が、完全なノンシリコンシャンプーを使うと髪がガチガチで艶のない上仕上がってしまいます。

シリコンと言う成分は有機化合物に分類され、熱や光に強く、化学反応しにくい性質があります。
シリコンを配合すると、いくら髪を洗髪しても、すすぎの時と髪と髪との摩擦を軽減することができます。

ですから髪が絡まって抜けるといったリスクは少ないのです。

ですがもう一度初心に帰って考えてみましょう。

白髪、ツヤを失った上、ゴワゴワした上、枝毛、不健康になってしまった髪、艶があり綺麗で若々しい髪にする為に本当はどうしたら良いかを考える必要があります。


艶のある綺麗な髪はキューティクルに守られています。

キューティクルは露光上になっており、摩擦や紫外線から髪の毛の芯を保護しています。このキューティクルが剥がれると、髪にツヤがなくなり、髪の毛の芯がダメージを受け、ひどくなると切れてしまうのです。

シリコンは剥がれたキューティクルの代わりに、シリコン成分でサラサラのツヤを演出します。

しかし、このシリコンは日々しっかり洗浄力の強い成分で落とさないとどんどん蓄積されかえって髪がガサガサになってしまうのです

そもそもシリコンが必要になるなら、そんな強い洗浄成分を使わなければ良いのではないでしょうか。

シャンプーメーカーが高い洗浄成分は効果になるから使えない価格を抑え広告費を捻出するために、髪の健康犠牲にしているのなら本末転倒です。

本来であればシリコンのような人工的な成分に依存するシャンプーは不要です。髪や頭皮の健康自体を取り戻すシャンプーの方が、

育毛に良いのは明白です。

ノンシリコンシャンプーと表示されていればノンシリコンでしょう。

しかしシャンプーは確かにノンシリコンでもトリートメントシリコンたっぷりと油シャンプーとリンスのペアもたくさんあります。

石油系のシャンプーもありますが、こっちはもっと性質が悪い場合が多く、洗髪した後、髪がゴワゴワになったりし過ぎるのです。

シャンプーも使い分けできることならそれに越した事は無いのですがなかなかそうはいきません。

人間の肌はペーハー4.56(PH)で弱酸性です。

ペーハーが高いと乾燥肌になりだから本来はペーハー4.56以内のペーハー内のシャンプーを使うのが理想ではありますが、そうなると洗浄力が伴わなくなるジレンマがあります。

何でもそうですが、バランスが重要になってきます。
成分と成分は相性と言うものがあります。

育毛にも良いとされる成分だけで育毛商品を作ったとしても、
それが本当に良い商品に仕上がるかどうか別問題となります。

また無添加と言う表示をよく見かけますがしかし何が添加物として表示すべきかは薬事法には定めがないのです。

ですから製造各社が独自の自社企画だけで無添加と主張しているケースも多々見られます具体的に表示している会社はまだ優良企業だと思いますしかし中には無添加としか記載のない製品もあります。

付け加えて参考までに、

  • ラウレス硫酸ナトリウム、
  • ラウリル硫酸ナトリウム、
  • ラウリル硫酸アンモニウム、
  • ポリオキシエチレンラウリルエテール硫酸塩、
  • スルホン酸ナトリウム、

これらの成分は、育毛に関わる人たちは絶対に使いません。


食器洗剤や洗濯洗剤、ボディーソープで毎日神谷頭皮を洗っているようなものだからです。

これらはAESと言われる成分に当たります。
このAESの成分が頭皮に付着すると、頭皮のタンパク質を煮た状態にし、毛穴が潰れてしまいます。

これらの成分は薄毛を加速させる原因にもなり得ますので注意が必要です。

この回AES系の合成界面活性剤は他にもたくさんあります。
やはり信用できる美容室やショップでのシャンプー選びは重要です。

 

毛髪専門医がこだわった育毛シャンプー

こちらでは毛髪専門医がこだわって製造した育毛シャンプーをご紹介いたします。
そのシャンプーはカソリズム薬用シャンプー
様々な育毛シャンプーがある中で毛髪専門医が開発に力を入れて出来た育毛シャンプーとのことでかなり成分にこだわりが見えます。

また、このカソリズム薬用シャンプーはDHTを抑制しなければどんなに良い成分であっても意味がないとのこだわりで、DHTを抑制する成分も配合されている育毛シャンプーになります。

高の育毛シャンプーは人気美容室でも評判です。
カソリズムシャンプーはネットでも販売はされていますが、髪のプロでもある美容室でも販売されている優れもの育毛シャンプーです。

よくネットでみかける育毛シャンプーは美容室では販売されていませんよね?

このカソリズムシャンプーはプロの美容師も驚くシャンプーなんです。

プロの美容師さんもカソリズムシャンプーとカソリズムローションの説明に真剣に聞いてます。

この製品説明をプロの美容師さんに納得させることが出来れば、そのシャンプーは優れものですね。

このように美容室でも購入できます。

実はさらにこのカソリズム製品はすばらしい特典があります。

なんと、髪の悩みがある方の為にカソリズム製品をどれか一つお買上げいただいた方には毛髪専門医があなたの薄毛の悩みを無料カウンセリングしていただけます。

クリニックに来院しなくてもメールで髪の悩みを相談してあなたの髪の薄毛度合やあなたに合った育毛法をメールでアドバイスしていただける特典が付いています。

詳しくはこちらをご覧ください

画像をクリックしてください

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア