4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s

抜け毛が多いから髪を洗わないほうがよいか?

そもそも洗髪しないと大変なことになるでしょう。 

20代で髪の生え際であるMがハゲてきたら誰しもが焦るあまりには『洗髪しない方が抜け毛を見てゾッとしなくて済むから洗髪したくない』という発想は薄毛に悩む方は誰しもがそう思います。 

今回は抜け毛が増えたから洗髪しないで大丈夫なのか?という事について詳しく解説したいと思います。

 

育毛には湯シャンは良いの? 

最近、少し話題にはなっている湯シャンですが、普通にシャンプーでの洗髪よりも育毛効果はあるのか薄毛に悩む方は試してみたくなる湯シャン。
普通にシャンプーするとダメなのでしょうか?

確かに過度なシャンプー洗髪は皮脂を落としすぎ毛母細胞に悪影響を与えるため薄毛の原因になりやすいと言う事は確かです。 

ですが、それよりも頭皮を不潔にする方が薄毛になるリスクは断然高いのです。 

お湯シャンがいいと進める育毛方法もありますが、お湯だけのお湯シャン方法はもう40年も前からあり、誰もが合わないとは言いません。

ただ少なくとも抜け毛で悩んでる場合には皮脂分泌が不安定な場合が多いのです。

その場合は頭皮に酸化した皮脂汚れがねっとりとこびりつき、頭皮にグリースが張ったような状態になるため、お湯だけではそれらが落ちきらない。

髪の汚れやほこりの7割はお湯で頭皮や髪をしっかり流せば確かに落ちますが残りの3割は落ちきらないのです

例えば、自転車の修理をしていてチェーンの油が手につき、水だけで落ちないので強力洗浄剤で落とそうとして苦労するようなものです。

b2c86868e1677e789b07b054f02c62ad_s

 

皮脂自体は自転車の油ほど頑固ではないかもしれませんが、何らかの洗浄剤がないと汚れた皮脂はとれずに頭皮に残留し続けます。

ですからお湯だけの洗髪を続けていたら、ほとんどの人はどんどん頭皮に痒みを覚えてことになるでしょう。 

どうしてもかゆくなる。

すると無意識に頭皮を必要以上に搔くことになり、そして頭皮に傷がつき、そこから雑菌でも入り湿疹でもできたら元も子もありません。

そうなると余計に抜け毛が増えます。

よほど頭皮の強さに自信がある方は別ですが、それゆえに一般の方に対してはお湯洗髪はあまり好ましくないかも知れません。
きれいと

 

お湯シャンの洗髪方法の正体とは?

 昔からある洗髪方法で、実はおよそ10年を周期に「画期的な洗髪法発見」と称して舞い戻ってくる洗髪方法です。

ただし、湯シャンで今まで酷かった頭皮トラブルや抜け毛が減ったなどの報告は実際にあるようです。

今まで頭皮トラブルや抜け毛に悩まされていた方はそもそも、シャンプー選びや洗髪のし過ぎで抜け毛や頭皮トラブルに悩まされていた方は少なくありません。

それで、抜け毛をこれ以上増やしたくないと考えると、お湯だけで流して抜け毛を見たくない、抜け毛を減らしたいと考えます。

そのたびに、初めて育毛考えた人たちは正しい湯シャンの知識を知らずにうっかりやってしまうようです。


そもそも、湯シャンというのは、「汚れを取り除き過ぎないで、体のバリア能力を高めましょう」という考えに基づくもの。頭皮の表面には、うるおいを守ったり、刺激の侵入を防ぐための「肌バリア」があります。

シャンプーに含まれている洗浄成分が肌に合わない場合、肌バリアにダメージを与えてしまうケースも。最悪の場合、育毛サイクルが上手に機能できず、白髪や薄毛になってしまうこともあります。

実際に野生の動物たちを見てみると、毎日シャンプーなどをしていませんが健康的な毛に覆われているように見えますし、浮浪者も髪を洗っていませんがフサフサに髪が覆われているのも目にします。シャンプーを使っていなかった昔の人は毛のトラブルが少なかったという説もあり薄毛の人は少なかったという説もあります。


しかし、髪を洗わない時の匂い周りの人にも迷惑なのでないでしょうか?
安全なシャンプー剤を使用すれば、湯シャンでなくても良いです。

まず、スタイリング剤などを付けている方は湯シャンより安全な石鹸シャンプーをお勧めします。

湯シャンのデメリットはどんなものがあるでしょうか?

湯シャンの悪い点としては、「洗い上がりがなんだかスッキリしない」「スタイリング剤をつけているときちんと落ちない。アウトバストリートメントなどの油分を洗い流すことが難しい」「皮脂量が多いため、頭皮の臭いが気になる」という声があります。


頭皮の状態でお湯だけのシャンプーが合わない人も居ます。どうしても湯シャンを実践したい方は、いきなり今日から湯シャンを始めるのではなく、まずは週に1回からスタートし、様子を見ながら回数を検討していく方がいいでしょう。

湯シャンの注意点としてお伝えします。
薄毛や白髪を改善 湯シャンの効果とやり方より引用https://allabout.co.jp/gm/gc/450965/3/

湯シャンをする際の注意点

お湯だけのシャンプーをするには、実は適した方とそうでない方がいます。

(1)乾燥肌の方には向いている
乾燥肌の方は、頭皮や髪に必要な皮脂や保湿成分が洗い流されずに残るので、適度なうるおいを残すことができます。うるおいバランスが整い、すこやかな状態を維持できます。

(2)整髪料をつけている人は不向き
ヘアワックスやヘアスプレーをしている人は、お湯だけでは汚れが落ちにくいことがあります。いつもよりシャンプー量を減らすなどをして様子を見ながらやってみるのもいいかもしれませんね。

(3)すぐには効果がでない
湯シャンは結果が出るまで時間がかかります。効果を感じるまで早くて半年、最長3年もかかるとか……。地肌が健康だと認識するまでちょっと忍耐が必要です。

(4)頭皮や髪の臭いが強い人は要注意
頭皮や髪の臭いが気になる人は、湯シャンだけでは心ともないことも。ヘアケアフレバーの力を借りる必要があるかもしれません。

湯シャンは髪や頭皮へのやさしさを考えたエコなヘアケアとも言えます。合う人と合わない人がいるケア方法ではありますが、一度試してみるのもよいかもしれませんね。

湯シャンでなく、普通にシャンプーするのではいけないのでしょうか?

ここでも疑問が出てきます。

 

  • 巷に数多くある育毛シャンプーを使えば髪は生えてくるのではないか?
  • 育毛シャンプーを使えば抜け毛は減るのではないか?

 育毛シャンプーで髪は生えるのか?

 最初にお伝えしますが育毛シャンプーだけで髪がフサフサと入るわけではありません。

もし育毛シャンプーで髪が生えると謳っている広告があれば、それは紛れもない嘘だと思って頂きたいのです。

 

まず、そうした表記があれば間違いなく『薬事法違反』になりますので日本では育毛シャンプーだとしても効果効能では髪が生える、髪が太くなるなどの表記は禁止されています髪が生えると表記しても大丈夫なのは医薬品だけになります。

こちらのサイトにも薬事法について分かりやすく解説されています。

化粧品・コスメの広告における薬事法について

 

医薬品は現在の日本国内では育毛シャンプーにはありません。医薬品ではなく、医薬部外品という部類になります。

医薬部外品の効能効果は頭皮を健康に健やかにし、ハリコシを与える。痒みを抑える。頭皮の殺菌。くらいになります。

そもそも育毛シャンプーの役目は頭皮を清潔に健やかに保つことです。
シャンプーの裏面の表示にもそう記載されています。

育毛シャンプーを使えば髪が生えると言うイメージが先行しがちなのですが、効果効能を読んでみてください。そんなこと一言も書かれていないはずです。

シャンプーの役目は、フケやかゆみや汚れなどが頭皮に発生してそこが原因で炎症になり毛根にダメージがおよんだり頭皮が硬くなったりするのを防ぐために、血行不良等を防ぎ新陳代謝を良くすることなので育毛シャンプーとはあくまで頭皮環境整えるもの。

「シャンプーでハリ、コシを与えます」と言う表示や広告をよく見かけますが実はこれは当たり前のことで、言葉のトリックなんです。

なんだかハリ、コシが出ると髪にボリュームが出たような錯覚になりますね?

洗髪前には、髪についた汚れや油で髪がペタンと髪が寝ている状態です。
そこへ洗髪すれば、髪から汚れや脂が取れます。

ですから本当はどんなシャンプーを使っても髪にかるみが出てハリやコシが戻るのです。

 育毛シャンプーを使う意味は何でしょうか?

719ef3a5ec93ac1b7007a74842638820_s

化学成分まみれの生活になれてしまっている現代では知らない間に体が化学物質まみれになっている可能性もあります。

頭皮も化学成分を多く含んだシャンプーや有害化学物質を含むシャンプーを日々使用していると、頭皮から身体内部へ吸収されてしまいます。

「経皮吸収」と呼ばれるように、頭皮からも成分は吸収されると言うことを覚えておいてください。経皮吸収とは皮膚から物質を吸収することです。

経皮毒と最も関係が深いのはこの経皮吸収によるものです。

皮膚は基本的にバリアのような構造になっていて、外部からの物質を防ぐ役割を持っています。そのため近年までは、皮膚からの物質の吸収はほとんどないと考えられていたようです。

ただ最近の研究によって、脂に溶けやすい性質(脂溶性)の物質は皮膚からでも吸収されやすいということがわかっています。

医療薬にもこの性質を生かした薬品が多くあります。湿布薬などもそうですね。

しかし、有効な成分ならいいのですが、日用品や医療薬には経皮毒性のある物質もあるため、これらの経皮毒性化学物質が経皮吸収によって体内に入るとなると問題があります。

また経口吸収の毒素排出率が90%なのに対して、経皮吸収によって取り込まれた毒素の排出率は10%程度といわれています。

湿布薬やニコチンパッチなどがあるように、すぐに洗い流すシャンプーも泡立てている間にも成分がわずかに吸収されます。
体は頭から足のつま先まで、血管で1つにつながっています。

経費吸収された成分も全身に微量とは言え回ります。
長年、積み重なっていけばやはり頭皮には影響がでます。

たかがシャンプーとは言え、リスクの高い危険成分を使っておらず、逆に育毛成分が多いものを使いたいものです。

 

薄毛の要因、間違ったヘアケア

皆さんが毎日使っているシャンプー。
実は多くのシャンプーには、あろうことか抜け毛や薄毛の要因物質が詰まっているのです。

一般的にシャンプーには合成界面活性剤や防腐剤が多く使用されています。

この合成界面活性剤は頭皮への刺激がかなり強いために、頭皮トラブルを引き起こし抜け毛の要因になるものです。

安いシャンプーには体に好ましくない成分で作られた洗浄剤が含まれています。

育毛を前提に考えられているシャンプーは、髪や頭皮、体への外も抑えられるように作られた洗浄剤が使われる事が多いです。
ですから、どうしても価格も比例して他のシャンプーよりも多少効果になってしまいます。

 

質の悪い合成界面活性剤入りの安価な石油系シャンプーで先発すると、すぐに頭皮はかゆくなります抜け毛に悩む方はシャンプー選びも重視してください「世間の認知度が高い有名メーカーで安いから」これだけでシャンプー選びが大丈夫と思うのは危険です。

 

シャンプー選びは必ず成分表を見てから購入する事が大切になります。

 

毛髪専門医師に薄毛の相談が出来て個々の薄毛対策の対処法や、育毛相談が出来ます。
クリニックに行く必要がなく自宅で毛髪専門医師に薄毛の相談をメールで送ればカウンセリングしていただけて最適な育毛アドバイスがメールでいただけるサービスがあります。

こちらも是非、ご参考にされてください。

http://hair-life.net/
 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア