e4e9c51a-20a3-4bb6-97d3-4b21b361f21a

まだ20代だけど最近抜け毛が多くなってきて、何だかそりこみ部分のM字部分の髪がなくなってきている感じがする。
もしくは、だんだん剃り込み部分が大きくなってきた。

20代から薄毛、抜け毛の悩みやM字ハゲは始まります。

今回はこの20代からのM字の薄毛に陥りやすい動脈吻合生活習慣について詳しく解説していきます。

生活習慣が悪いと毛細血管が消滅してしまう。

例えばおでこ付近の発毛状態が悪いと言う場合は、生活習慣が悪いために血液が縮小し分岐してしまいます。

そのためおでこ付近の毛根まで、発毛するのに十分な血液が届いてない状態になっているのです。血液が途絶えたり、分岐したりするというのが医学用語で(動脈吻合)またはAVAと呼ばれています。

AVA(動静脈吻合)とは

AVAは動脈と静脈を結ぶバイパスのような血管のことで、毛細血管と比較すると太さが10倍で血流量が1万倍にもなると言われています。
したがって、このAVA(動静脈吻合)が開くと体幹部で温められた血が大量に末端に流れ込んでいくので末端冷え性の改善につながります。

これは血管が本来のルートを通らず迂回ルートを作ってしまう状態なのです。

 なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

根は、血液が最後に流れる末端の場所に存在します。

つまり髪が無くなったとしても直ちに生命の危機にはつながらず、重要度が低いと言う意味もあります。

何かが原因で体の状態が崩れると体は自然と生命維持のために優先順位わつけて、末端から栄養供給をカットしようとします。

ここで真っ先に犠牲になるのが、頭皮下の血管なのです生活習慣が乱れてくると体は栄養分を生命維持に必要な期間だけ優先的に回そうとします。

そして栄養分が回らない頭皮下の血管は徐々に縮小していくのです。

それが続くと最終的には血管の道が閉ざされ他の迂回ルートを作ってしまうと言う訳なのです。

M字や生え際の回復が遅いと言う方もいらっしゃいますが、こうした方の場合、前途の通りもともとおでこ付近の血流ネットワークが細くて少ないため、DHTをどんなに抑えたところでダメなのです
髪の母体となる体の方をなんとか矯正して体調回復しない限り髪の育毛はなかなか望めません。

薄毛、抜け毛に悩む方は見てください。

動脈吻合を起こして充分な血液が毛根に届いてないのでは?

 抜け落ちた髪を調べてみましょう。

自分の抜け毛を使って調べてみましょう
健康な抜け毛の場合、毛根が楕円形になっています。
け毛をチェックして、毛根が丸く膨らんでいる場合は自然脱毛です。これは通常のヘアサイクルで起きる現象なので気にする必要はありません。ここで重要なのは、通常の毛根の状態をしっかりと覚えておくことです。

自然脱毛で膨らんでいる毛根以外の場合は異常脱毛が考えられますので、しっかりと確認しておきましょう。

白い球根のようなイメージです。
一方、不健康な抜け毛の場合は植物の根っ子のような細い根が伸びているだけで、球根のような形ではありません。

球根の様な膨らみの少ない毛根は、毛根組織が活性化しておらず髪の寿命が短くなっていることを示しています。

また、形が悪い場合に毛根も注意が必要です。通常であれば毛根は綺麗な楕円形をしています。毛根の形が崩れている場合も毛根組織が弱っていることが考えられますので、十分注意しましょう。

根っこも黒っぽい色だと

通常、毛根は透明な色をしています。しかしストレスが溜まると毛根は黒く変色してしまいます。ですから、毛根の色にも注意をしましょう。ストレスが溜まると、血の巡りが悪くなるため、毛根の色が徐々に黒くなってしまいます。

あまりストレスをためない生活をし、ストレスを発散するようにしましょう。

毛根が黒くなった髪はある時期を境に稀に一気に髪が抜けおちる場合がありますので、早めの対策を取りましょう。
また栄養が偏り、血きれいでなくドロドロ。また血流が低くなると萎縮毛の抜け毛が出やすくなります。

一方、毛根に皮脂が付着している場合は脂漏性皮膚炎脂漏性脱毛症である可能性があります。

皮脂の過剰分泌が原因です。

皮脂の過剰分泌が起こると洗髪しても、少しすると直ぐに頭皮がベタつき、髪も抜けやすくなります。

さらに湿疹が伴う場合は症状が悪化している証拠なので皮膚科での治療をする必要があります。

皮脂の過剰分泌はなぜ起きるか?

どうして頭皮の皮脂の分泌量が、過剰にに増えすぎてしまうのでしょうか?まず第一に考えられるのは、髪の洗いすぎです。
ベタつきや臭いが気になると思うと、とにかく皮脂を落としてしまおううと、1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりしてしまいがちです。

しかし、皮脂は頭皮にとって必要なものなので、逆に皮脂を落としすぎると、頭皮を守るために、体は皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。

皮脂分泌が過剰になるのは食事の乱れ、過剰な洗髪、また生活の乱れでホルモンバランスが崩れるために起こります。
皮脂そのものは適量が分泌されることで髪や頭皮を保護しますが、過剰に分泌されると抜け毛が誘発され薄毛につながります。

毛根がない状態の抜け毛。

これは円形脱毛性や、びまん性脱毛症の可能性があります。円形脱毛症で非常に多く見られる毛根の状態です。また綺麗な楕円形ではなく、ガタガタとした形状の場合は毛根が非常にダメージを受けている証拠です。

円形脱毛性の場合、アレルギー性と非アレルギー性に分かれますが、いずれも免疫疾患が原因と考えられています。
こちらも病院で円形脱毛性の治療を受ける必要があります。

このタイプは男性型脱毛症(AGA)とは異なりますので、心配な方は病院で診断してもらうのが賢明です。

びまん性脱毛症は女性に特に多い脱毛症です。これは生活習慣を正すことで治りやすい脱毛症です。

毛根の先から尻尾のようなものが出ている場合、びまん性脱毛症、もしくは粃糠性(ひこうせい)脱毛症の可能性があります。


粃糠性脱毛症(ひこう)と言うのは、乾燥フケが毛穴を塞いでしまい脱毛が引き起こされます。

頭皮からのフケは誰にでもできるものですが、
粃糠性脱毛症の場合は、頭皮が白く見えるほど多量のフケが発生し
カサブタのような状態になって毛穴を塞いでしまいます。

そのため、皮脂や老廃物の排出がうまくいかなくなり、
フケと皮脂を栄養に細菌(皮膚常在菌)やダニなどが繁殖して
炎症を起こしてしまう、というのが粃糠性脱毛症のメカニズムです。

粃糠性脱毛の対策法

この症状が出た場合は、
まず皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

炎症を抑える外用薬、内服薬を処方してもらえるので、
症状を沈静化させ、脱毛の進行を食い止めることができます。

フケが発生する原因を完治させるには、
根気よく治療とケアを続けていく必要があります。

脂漏性脱毛症とは逆に乾燥性の頭皮で発症します。

た目や指で頭皮を触っても頭皮が皮脂でべたべたしており、毛穴にまでびっしりと皮脂がつまってしまっているのが分かります。
洗髪などでキレイに皮脂を取っても、すぐに新しく皮脂が分泌されてしまうのも特徴です。また毛穴の奥まで炎症を引き起こしているため、脱毛が多くなり、頭皮の色が赤くなります。悪化すると痒みなどの症状が出て来ます。

これも原因は、脂漏性脱毛症と同じく過度な先発、頭皮に合わないシャンプー、生活習慣の乱れが原因です。

脂漏性脱毛の対策法

脂漏性脱毛による抜け毛は、皮膚科へ行きステロイドによる炎症の緩和、抗真菌剤によるマラセチアの殺菌といった、皮脂の除去を行うことが有効的な治療法だと言えます。
しかしそれだけでは不十分であり、ビタミンB群や食物繊維を多く含む食品を積極的に摂取し、脂肪分の多く含む食品は避けるようにするなど生活習慣の改善や食生活の改善が必要です。

そのほかにも様々な薄毛の原因は考えられます。
薄毛が気になるとどうしても自分の考えで育毛方法を色々試したり、自分の薄毛具合が他人からはどう見られているかなど気になってしまい仕事にも集中できない状態が多くなります。

M字の薄毛は治るのか? またはAGA治療を受診した方がいいのか?
自分の薄毛にあった育毛法があるのかなど自宅にいながら毛髪専門医に相談できます。

こちらのサイトでは毛髪専門医があなたの薄毛の悩みを解決いたします。

有名毛髪専門医と発毛診断士による育毛プロジェクト

画像をクリックしてください。

朝の正座、そしてふくらはぎを鍛える

 それでは動脈吻合を改善するために何をしていけばよいか説明していきましょう。

起床直後、正座をしましょう。起きたらすぐに布団もしくはベッドの上で30秒間正座するだけです。

足は第二の心臓と呼ばれています。

legs-434918_640

足は体の血流ポンプであり、中でもふくらはぎの部分は最重要ポンプに当たります。ふくらはぎは歩行時、筋肉が収縮しますがこの筋肉が血液を循環させる働きがあります。

この筋肉が血液を循環させる働きがありますだから第二の心臓なのです。
ところがふくらはぎを使わなければ使わないほど、この血流を循環させるポンプは機能しないため下半身の血液が停滞しやすくなってしまいます。

具体的なトレーニング方法は通勤時間の工夫です。

つま先立ち』20秒~30秒を3セット、またエスカレーターをなるべく使わなく階段でを実行する事で血流が良くなります。


首や体幹部を温める
体幹部には冷たさを感じるセンサーがいくつかあり、その中で「首の後ろ」が最も敏感に反応します。つまり、体幹部はもちろんのこと首をマフラーやストールで温めて熱が逃げないようにすることがポイントです。

そして熱が逃げにくくなると、血管を収縮して熱を体幹部に留めようという働きが緩やかになるので動脈吻合(AVA)が開きやすくなります。

リラックスする
規則正しい生活をする
また、AVAは血管ですから自律神経にコントロールされています。ストレスを感じると交感神経の働きが強くなって血管を収縮するようになりますので、AVAを開くためにはリラックすることや規則正しい生活を送り自律神経を整えることが大切です。

たんぱく質を多く摂る

milk-1385548_640
食事を摂ると消化のために胃や肝臓が活動をするので熱が生まれます。たんぱく質はこの熱生産量が多いので肉、魚介類、豆類、卵、乳製品などを食べるといいでしょう。時間帯は交感神経の働きが活発になる朝の方が熱生産量は多くなると考えられています。

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア