11a845a4eeb24f42ca561e8d08b881e3_s

髪が細いと薄毛になりやすい?

年齢と共にまた生活スタイルの変化で髪にもある変化に気が付く時があります。

なんだか最近、髪が細くなってきたような感じがする。
細くて髪にハリがない感じでヘアースタイルがまとまらない。
髪が細くて地肌が透けて見えてしまう。
髪が細くなるだけで様々な髪の悩みが出てきますが、今回この髪が細くなることについて、また髪が細くなると薄毛になるのかという事に関して調べてみました。 

髪の細い人が気にすることが多いのは髪の薄さです。

結論からお伝えすると髪が細いだけで薄毛になるわけではありません。
生まれつき髪が細い人は元々の体質や髪質ですし、毛が細いから薄毛になるわけではありません。
 

しかし普段の生活の中で、髪が急に細くて弱々しくなったり、抜け毛が多くなったりした場合は要注意です。
昔は剛毛だったのに最近は髪が弱々しい、その様な場合はヘアサイクルが狂い出している可能性が高いのです。

 血流が悪くなって髪に栄養が行き渡ってない可能性めたあります。
女性の薄毛にはホルモンバランスが崩れたことが原因のことも多いのです。

 ちなみに寝癖もチェックポイントです。


『若い頃は寝癖を直すだけで朝の時間がかかったのに、最近は寝癖なんて全くない。』という方は髪のハリを注意してみましょう。

 ハリがない場合は、髪が全体的に弱っている可能性もあります。

 

薄毛、抜け毛に悩む方は見てください。

薄毛になりやすい人はまず髪質からやられる

 男性の薄毛や脱毛の場合は、一般的に前頭部や頭頂部分から毛髪が少なくなります。

女性の場合は少しずつまばらに髪の量、密度が減るので抜け毛の進行度合いがなかなか分かりません。
しかし気付いた時にはつむじ部分が薄くなったりして慌てて対処を探す方も多いです。

また黒々としていた髪が茶色の髪がまばらに混じったり、全体的に薄い茶色の髪になってきたりしますがこれも注意しながら見てください。

元気な髪の毛は真っ黒に生えてきますが、髪の毛に元気がなくなるとヘアカラーで染めたようなきれいな茶色ではなく、どこか髪にハリのない薄茶色のような色になります。

しかもまばらになります。しかし、そのまま放置していてもすべての髪の毛が薄茶色になるわけではなく、あくまでもまばらなのです。

本来健康な髪の毛が正常に生え育っていれば、全体的にほぼ均等な黒色の髪の毛が生えてくるはずですが、髪の毛を育てるヘアサイクルが何かしらの理由で機能が乱れている事により発生します。

また、この事例の特徴としては「薄茶色」のようにわかりにくいため、気付かない人が多いようです。

 また脱毛症でよくあるパターンは髪が薄くなる前に髪質がパサついたような、すこし縮毛のようになるケースです。

これは寝癖とはまた違い区別が付きにくい事例と言えるかもしれません。寝癖は髪にコシがあるからこそ発生しますが、髪の異常でのウェーブは違います。

寝癖はつかないですが、でも、朝のブローなどでセットしたわけでもないのに髪にクセ毛のようなウェーブがかかってしまう事はありませんか?

湿度が高い日や雨で濡れたしまった時なども同様に毛先だけがチリチリになる感じの方もいますし、髪全体がゆるいハリのないウェーブがかかったようになります。

少し波状のパーマがかかったようなもので、そういった場合も注意が必要です。

どちらかというと髪が剛毛だったのに、なぜか急に縮れ毛になってしまう場合は、まもなく薄毛になるというパターンが非常に多いです。

髪の生成のためには、まず毛乳頭が必要な栄養素を取り入れたり、生成する信号を送ったりする必要があります。

毛乳頭は毛細血管から栄養素を受け取っています。

それで何らかの原因で血行不良になると髪の育成には大きなダメージを受けるのです。

薄毛のスタートは、昔は中年以降の場合がほとんどだったのですが、最近では生活スタイルが一変したためか、男女に関わらず劇的に低年齢化しています。

年齢に関わらず、抜け毛の量が増えだしたり、地肌が目立ってきたり、髪のコシが弱くなるなどの兆候が現れ始めたら注意が必要です。 

 

ご自身で薄毛の状態や原因が分からない場合は毛髪専門医師に薄毛の悩みや原因についてメールにて相談することが出来ます。
従来のクリニックに行く必要がなく、メールで毛髪専門医師に薄毛相談すると毛髪専門医師からあなたの薄毛の原因や対処法をカウンセリングしてもらえます。

http://hair-life.net/

 

枕に落ちている抜け毛の本数が分かりやすい目安でしょう。

健康な髪の場合、朝、それほど抜け毛は落ちていない。
抜けたとしてもある程度長い髪が5~6本程度です。

 しかし脱毛症である場合は短い髪が何十本も落ちています。発毛サイクルが短いため、伸びきれずに寿命を迎えてしまう髪の毛です。

 薄毛になると髪質も変化します
弱々しい髪質になってきた場合、毛根のほとんどは先端が尖っています。

無意識に頭を掻いている場合があります。

抜け毛・薄毛ので悩んでいる人の多くが、薄くなり始める時に頭に痒みを感じます。
頭皮の乾燥型の薄毛の人はほぼ100%感じると言ってもいいでしょう。

髪の毛が細くなったり密度が薄くなる事により、頭皮が外部の紫外線や雑菌、空気にさらされる事になります。
また、フケが発生して痒みに繋がるようです。

これはよくある事なのですが 無意識に頭皮をかいていませんか?また睡眠中に無意識に爪を立てて掻いてしまい頭皮を傷めてしまい抜け毛に繋がる方もいらっしゃいます。
頭皮の痒みの危険信号を見逃さないで下さい。

抜け毛の量も多く、抜け毛の髪の長さも短い。これはヘアサイクルが乱れている証拠になります。

女性の場合でも髪の成長は30代くらいがピークですので、そのあとは年齢とともに少しずつ髪の老化は始まります。

『おやっ?何だか最近、髪の毛のボリュームもない感じだし髪の毛が細いかな?』
そう感じ始める方は男女関わらず、年齢とともに多くなります。

髪がフワッとせず、ペチャンとする。

女性の場合は更年期に髪質が急に変わり、抜け毛が増えたり白髪が増えたりするのは更年期障害の影響を受けていることもあります。

髪はホルモンバランスの影響をまともに受けやすいのです。 

ホルモンバランスの崩れる原因は

  • 仕事のストレス
  • 生活のストレス
  • 人間関係のストレス
  • 不規則な食事
  • ダイエット目的の食事制限
  • 遅い就寝時間、睡眠不足など 

実は、現代社会はホルモンバランスが崩れやすい環境にあるといっても間違いないのです。

ホルモンバランスが崩れることで、内臓は弱り、抵抗力も弱まる。本来機能していた細胞の生まれ変わりも途端に遅くなる。

また女性特有の薄毛症状もあるのです。

更年期障害やストレス、食生活の乱れ女性ホルモンの乱れによる女性の薄毛には「FAGA」と「びまん性脱毛症」とがあります。
一般的に「AGA(男性型脱毛症)」とはコマーシャルの影響で広く知れ渡っていると思いますが、FAGAとは「Female AGA」の略で女性男性型脱毛症と呼びます。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは男性型の脱毛症状でありがちな生え際の後退などがあまり見られないなど、脱毛パターンが男性とはだいぶ異なると分かってきました。
そして、全体的に薄くなっていく「びまん性脱毛症」とは反対に、つむじ部分や分け目部分の「この部分が薄い」といえるようなはっきりした薄毛の部位があるのが特徴です。

acne-1606765_640

 

身体全体の機能に支障が出てくるのです。
そこで身体は生命に関わる器官に全力を注ぐので、髪の方の修復は後回しになるのです。
 ホルモンバランスを矯正してあげることが、特に女性の場合は初期の男性の脱毛には効果的です。

これにはプラセンタ(胎盤)が効果的です。

プラセンタには細胞分裂を適切にコントロールする成分が含まれていることが研究で分かっていますが、、、。

しかし、世の中に数多く出回っているプラセンタには肌の質を良くしても髪を生やしたり、薄毛を治したりする効果は残念なごら一切ないのが現状です。

髪を生やすのに必要な成長因子(グロスファクター)または細胞増殖因子と呼ばれています。
毛乳頭内の毛母細胞で細胞増殖因子が分裂するとこで新しい髪の毛が生まれます。

何らかの原因でこの分裂がストップしてしまうことがありますがそこへグロスファクターの成長因子を入れる事で細胞分裂を促進させ、毛髪の再生や育毛促進作用をはかります。

髪の毛の全体のおよそ90%が成長期の毛髪が占めているので、この成長期の髪が多いほど、そして成長している期間が長いほど髪の毛がフサフサな状態で保たれますし、丈夫な髪が育ちます。

グロスファクターの分泌が多いほど成長期を長く保つことが出来ます。

グロスファクターは本来、体内で生産される成分なので副作用がまるでなく、薄毛に悩む人には夢のような成分なのです。
また毛髪が薄くなる原因にはこのような原因がありました。毛髪が薄くなる原因としては、気候の乾燥などによる頭皮の損傷、食べ物、ストレス、ドラッグ、水などの塩素、または環境汚染などが考えられます。
また、人は年齢とともに、頭皮の細胞内のある種のグロースファクター(細胞成長因子)が徐々に減少してゆきます。


それと同時に、細胞の修復機能も 低下します。


その結果、頭皮細胞の活性は、徐々に失われ、頭皮を硬化させ、毛穴も細くさせてしまいます。

そこでグロスファクターとは?

science-1336663_640

・簡単にお答えすると細胞分裂をするために必要なものです。

我々の身体には数えきれないほどの細胞があります。

数百兆この細胞によって我々の体はできている、とされているのです。それらの細胞は、細胞分裂することによって増殖して数を保っているわけです。

数が減ってしまえば、体に重大な欠陥が現れてしまうかもしれません。

その細胞分裂をする時に必要な物がこの成長因子(グロースファクター)なのです

選別されたGF(グロースファクターまたは細胞成長因子)成分が、頭皮細胞に直接働きかけることによって、頭皮細胞の成長と毛穴の修復をはかり、 正常で、健康な頭髪の再生を行ないます。


この毛髪再生は現代の発毛クリニックでも主に治療として取り入られています。

つまり、頭皮と頭髪の再生に最適なグロースファクター(細胞成長因子)成分の配合により、 毛穴の修復と新しい頭髪の成長が加速されます。細くなった頭髪、抜け毛、頭皮の硬化、弱い毛髪などの修復効果があります。


世界最先端のGF (グロースファクター細胞成長因子)技術は、抜け毛の原因となっている細胞部分に直接作用し、ダメージを受けている毛穴を修復し、健康で、 新しい毛穴を再生するなど、速やかで、効果的な治療を可能にします。

 この薄毛に悩む人に有効なグロスファクター成長因子を多く含み発毛率90%の高いグロスファクター培養液が2017年の1月末~2月の間に一般発表されるようです。

最後に、あまり神経質に抜け毛に悩みすぎもかえって抜け毛不安から思わぬ精神的ストレスにより更に抜け毛を招く恐れがあります。

季節の変わり目でも抜け毛は増えます。
1日の正常範囲内の抜け毛は80~100本くらい。しかし、春先や秋口といった季節の変わり目には、200本前後に増える場合もあります。人間も冬毛と夏毛に入れ換わるので、季節の変わり目に抜け毛が増えても、あまり神経質にならないようにしましょう。

 

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア