10代からの抜け毛は安全か?

18歳頃から季節の変わり目に抜け毛が増えると心配になる若者が多くなっている。

なぜ、10代から抜け毛に悩むのか?

  1. 過度な洗髪による抜け毛
  2. DHTによる影響での抜け毛
  3. ストレス性による抜け毛

過度な洗髪は頭皮を傷めて抜け毛を誘発させます。

まだ頭皮が柔軟な内は髪の太さも太く、また抜け毛の髪の根元をみても先端が細くならずにしっかり太いままの抜け毛であれば自然な髪のサイクルによる脱毛なので全く問題はありません。

しかし、頭皮が柔らかく柔軟だからと洗髪時に爪を立てるように頭皮を洗髪すると確かに爪を立てて洗髪するとスッキリしたような髪や頭皮が綺麗になる感じがするがこれは大きな間違いで頭皮を傷めて弱らせている。

この洗髪方法をずっと続けていると年々、頭皮が硬くなりそれにより頭皮の血行が悪くなり抜け毛を招きやすくなります。

また、シャンプー剤やトリートメント剤による頭皮の環境毛細血管悪くなりそれによる抜け毛を増やす結果にもなります。20年前より近年さらに若年層の深刻な抜け毛による悩みは増えて来ています。これは、シャンプー剤に含まれる化学物質が頭皮に悪影響を及ぼし頭皮を弱らせます。

ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムなどの成分が入ったシャンプー剤は控えるようにして石鹸系のシャンプーが最初は髪が洗いたてはゴワつきますがしばらく使用する事で髪や頭皮にも馴染み抜け毛が減り、髪もイキイキしてきます。

DHTによる抜け毛の影響

10代後半から性器の発達が成熟してくるとDHTは徐々になくなります。DHTは抜け毛を誘発する悪性男性ホルモンと思われがちですがそうではありません。

性器の発達にDHTの男性ホルモンが必要とされこれにより発達されます。成熟期からこの男性ホルモンが普通は徐々の少なるなるのですが何らかの原因でこの男性ホルモンが悪性男性ホルモンになり抜け毛を誘発する原因に変化してしまいます。

DHTは男性は全て持ち合わせていて70%以上は誰でも薄毛になる要素を兼ね備えています。この薄毛になる悪性男性ホルモンが活発になる原因は解明されていませんが、遺伝や過度なストレスによるものも原因とされ考えられています。

両親や近親者に薄毛の人がいれば遺伝による脱毛因子は通常の健康な髪の人よりは高くなりますが遺伝だからと悲観的にならなくても大丈夫です。現在ではこの薄毛因子を少なくする効果的な治療法もありますので早めのケアが薄毛になるのを防ぎます。

ストレス性による脱毛

最近は過度なストレスで円形脱毛症から徐々に頭全体に脱毛症が広がり脱毛部分が大きくなる方も多くいらっしゃいます。ストレスは頭皮や髪の健康状態には影響を受けやすい部分です。10代から抜け毛が増えてくるとその抜け毛だけでかなりのストレスになる方も多く、それにより抜け毛を見るのが嫌で洗髪をしたがらない若年層も増えています。

洗髪は頭皮を清潔に保ち余分な皮脂汚れを取り、髪の成長を助けます。湯シャン育毛とかありますが湯シャンでなく石鹸系のシャンプーで頭皮をマッサージしながら洗髪するのが頭皮をストレスから軽減させて、ストレスにより硬くなりつつあった頭皮を柔らかくするのに効果的です。

Young Man Washing Hair with Massage of Head isolated on white background

Young Man Washing Hair with Massage of Head isolated on white background

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア