頭皮マッサージはヘアケアの定番とも言える方法ですが、他にも様々な頭皮マッサージ方法があり抜け毛や薄毛に悩む人の関心の高い事でもあります。

頭皮マッサージが効果があるという説は血行がよくなれば発毛しやすいのでは?というイメージから来ているかと思いますが確かにマッサージをすれば頭皮の血行はよくなり継続的に頭皮の血行がよくなるという事が発毛しやすい頭皮環境になるのは理にかなっています。

今回は頭皮マッサージをどのように、どれだけやれば頭皮環境に効果的なのかをお伝えします。 

一時的なマッサージでは意味がない。

必死に頭皮をマッサージして血行をよくしてもあくまでそれは一時的なものでしかありません

一時的なものでしかないので直ぐに血行や血流は元の状態に戻りますから毎日30分マッサージしたとしても髪が発毛するかといえば効果はあり得ません。

頭皮マッサージは育毛サロンがよく行っている育毛方法の手段です。ですが医学的根拠はありません。

頭皮マッサージをする理由は頭皮に刺激を与え、頭皮を柔らかくし血行を良くすることです。

確かに血行が良くなれば発毛は促進されますが、頭皮マッサージで良くなるのは「一時的」なものです。一時的に血行が良くなっても大した効果はありません。

ただし、頭皮マッサージを習慣化するならば、話は変わってきます。血行が良いのが通常状態になり、育毛に効果的です。

間違ったマッサージ方法でなく 正しい方法で頭皮のマッサージをすれば、血行がよくなり、血行が良くなることにより頭皮の隅々まで栄養がいきわたります。
これによって、髪の根元までしっかりと栄養を届けてくれるので、マッサージを行うことは、髪を健やかで抜けにくい髪にする効果にもなるのです。

また、マッサージにより毛穴の汚れを浮き上がらせる役目のします。毛穴が詰まると、毛をつくる役割をもつ毛乳頭の機能が弱くなってしまうため、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのですが、マッサージを行うことで新陳代謝が活発化し、頭皮のターンオーバーが活発化されます。

すると、古い角質とともに毛穴のつまりがとれるだけでなく、毛をつくるもととなる毛母細胞のような細胞も、新たに作られていくことになりますので、頭皮のトラブルが改善され、健康な頭皮をキープできるのです。

ヘッドスパは効果があるのか? 

頭皮マッサージで代表的な施術で様々な美容室やサロンでヘッドスパがあります。

ヘッドスパはマッサージ的には気持ちのいいものですがヘッドスパの施術自体は医学的根拠はありませんがマッサージでのリラックスというのが頭皮ストレスが減り、それによって髪や頭皮にいい影響を与えるというイメージになります。

head-spa-1741846_640

 

ヘッドスパで得られる効果ですが、主に4つあります。

1、育毛効果
2、美髪効果
3、アンチエイジング効果
4、リラックス効果

ヘッドスパではツボへの刺激や頭皮には数多くのツボがあり、それが刺激されることや硬くなっていた頭皮がほぐれて、血行がよくなることで目の疲れが楽になったり、頭痛や肩こりが緩和されるという効果もあります。

ヘッドスパに通常含まれる「頭皮マッサージ」は、頭部のツボの刺激に加えて、硬くなった頭皮の筋肉のコリをほぐすことで、様々な効果が期待できます。

全身のツボの数はなんと、名所で361穴、位置で679穴、と言われており、頭部にはその約2割が集中しています。頭痛、目の疲れ、肩こり、背中の痛み、育毛、アンチエイジング、不眠症など、様々な悩みに効くツボがあります。

更に、頭部は沢山の栄養が必要であるにもかかわらず、筋肉が凝りやすい場所です。

基本的にヘッドスパが目的とするのは紹介したように4つの効果です。

髪が生えるという発毛効果はありません。
ヘッドスパの効果を実感できるのは抜け毛や髪質の低下に悩まされている方
毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを取り除き、頭皮をマッサージして刺激して血行が良くなることで、頭皮への酸素や栄養素のめぐりがよくなるため、頭皮環境が改善します。

その結果、髪の毛1本1本がしっかりしてきますし、ヘアサイクルも整えられるので、髪が太く長く丈夫に成長するようになります。

髪のダメージに悩んでいる人はもちろんですが、 年齢からくる髪質の低下や抜け毛に悩んでいる人こそよりその効果が実感できると思います。

仕事のストレス、間違ったヘアケア、偏った食生活、喫煙、寝不足など、生活習慣の乱れやカラーやパーマ、アイロンの影響は、身体の一番弱い部分である髪の毛にあらわれます。


髪のトラブルを改善したい人はもちろんですが、5年後10年後も潤いとツヤに溢れた髪を維持していたいという人にこそ利での利用価値があるのがヘッドスパです。

またヘッドスパにより頭皮のコリをとることでこのような効果もあります。
「コリ」とは、筋肉が収縮したまま凝り固まって動かなくなってしまった状態で硬くなった筋肉は、血管やリンパ管を圧迫して血行やリンパの流れを悪くします。


血液には、酸素や栄養を必要な場所に届け、老廃物を体外に排出するという役割があり、リンパにも老廃物を回収する働きがあります。

マッサージで頭皮の筋肉のコリを揉んでほぐすことで、筋肉が柔軟性を取り戻し、血管やリンパ管の詰まりが解消して、正常に機能するようになるのです。

やってはいけないマッサージ方法 

頭皮の状態をよくするためのマッサージは、血行もよくなり、新陳代謝の活性にも繋がりますし、確かに効果はあるのですが、時に逆効果になってしまう場合もあるようです。

理由は、頭皮はもともとデリケートなので、手でマッサージをした際に、手に付着していた細菌や汚れが頭皮に付着してしまう可能性があるそうです。
細菌や汚れによって、頭皮の状態が悪くなると、抜け毛・薄毛にも繋がっていきます。

さらに頭皮マッサージをやり過ぎると、毛細血管にもキズがついてしまい、これも逆効果になってしまうそうです。爪をたてての洗髪やマッサージも頭皮を痛めますのでやってはいけません

また焦るあまりについやってしまうのがマッサージでの力の込め過ぎです。

すぐにでも改善効果を実感したいがために、長時間にわたって力を込め過ぎてしまうと、爪が当たることによって傷を付けてしまう恐れがあります。
そこに育毛剤などを使用してしまうと、成分の刺激によって炎症を起こし、広範囲にわたって頭皮の炎症になるケースにもなりかねません。
こうなると、毛乳頭細胞が正常に機能しなくなり、健康な毛根にまで害を与えてしまう形となります。

たとえ爪をたてないマッサージで指の腹のみを使ってマッサージしていたとしても、力を入れ過ぎることによって、毛細血管を破壊してしまう場合も考えられます。細く繊細な管が通る頭皮であるだけに、そうした気遣いも重要となります。

ヘアブラシなどで頭を叩くようなマッサージ方法をしている方がいますが、この行為はブラシの先端で頭皮を叩くわけですから頭皮を傷付け、頭皮を鬱血させて毛細血管を傷め、毛根にストレスが加わったりして結果的に更に抜け毛を増やしてしまう可能性が高いです。

またドライヤーで髪を乾かす場合にも注意が必要です。

髪が乾いている時は髪の表面はキューティクルにより保護されていますが、髪が濡れている時はキューティクルが外側にめくれ上がっていて髪が傷みやすい状態でもあります。

そこにドライヤーの熱風は髪は傷みます。

しかし髪が傷むからと頭皮を濡れたままの状態にしておくと頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりフケやカユミのもとになってしまいますので洗髪後は頭皮繁殖乾かしておく必要があります。

hairdressing-1516345_640

どうすればいいのか?

まず大切なのは濡れた髪どおし無理な摩擦を与えない為にも髪に吸水性のいいタオルを髪に押すようにしてある程度水分を取ります。

髪が束状にならない程度まで自然乾燥させればめくれ上がっていたキューティクルはある程度閉じますから髪の内部が保護されている状態になりますのでその状態になってからドライヤーのぬるめの温風で髪と頭皮を乾かします。

こちらにもやってはいけない頭皮ケアについてやってはいけない頭皮ケアに詳しく書かれていますのでご覧ください。

効果ある頭皮マッサージ法

 

毎日のシャンプーのときにマッサージをするのもよいのですが、仕事で一息つきたいときや、家でテレビを見ているときなど、日常生活のほんの少しの空いた時間の中に、少しだけマッサージを取り入れてみるのもおすすめです。ここでは頭皮マッサージを紹介しましょう。

まずはこめかみから耳の上方にかけて両手の親指以外の四本の指をあて、耳を包み込むように親指を後頭部において固定させます。そしてそのまま親指を固定した状態で、残りの四本の指で円を描くようにマッサージしていきます。

このとき決して爪を立てず、指の腹を使って押さえる様にマッサージしましょう。

しばらく続けたら、そのまま全ての指を少しだけ上方にずらしてマッサージする場所を変えていきます。頭皮の血行は下から上へ流れていますので、マッサージも血流に沿って下から上へと行うのが効果的です。

知っておきたい頭のツボ

ヘッドマッサージの際に頭のツボをうまく刺激してあげると、より良い効果がもたらされます。薄毛や抜け毛と関係の深いツボについて、いくつか紹介しましょう

百会

百会(ひゃくえ)は「万能のツボ」と言われるツボで、頭の頂点に位置しています。頭皮の代謝を促進するだけでなく、自律神経を整えストレスを軽減してくれる効果もあるため、薄毛や抜け毛で悩む方にぜひ知っておいてほしいツボです。他にも、便秘解消や不眠解消などさまざまな効果があります。

百会の目安:左右の耳の一番高い部分を頭の頂点に向かって結んだ線の中央が百会の目安です。

神庭

神庭(しんてい)は髪の生え際の真ん中に位置するツボです。気持ちを落ち着かせる効果がありますので、ストレスが原因での薄毛には効果が期待できるでしょう。

神庭の目安:眉間の中央を上に髪の生え際に向かってのばし、生え際に到達する少し手前が神庭の目安です。

角孫

角孫(かくそん)は、耳の上の髪の生え際あたりにあるツボです。頭部の緊張をほぐし、血行もよくしてくれます。

角孫の目安:耳の一番高い部分に近い髪の生え際にある、少しくぼんでいる部分が角孫の目安です。

風府

風府(ふうふ)も頭部の緊張をほぐしてくれるツボです。これは、後頭部の出っ張りの下にあるへこんだ部分に位置しています。首の真ん中を下側から上に向かって辿っていくとわかりやすいでしょう。

風府の目安:わかりにくい場合は、首の真ん中を下から上に向かい、髪の生え際から指2本分くらい上あたりが風府の目安です。

引用 スキンケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/003962/

シャンプー時にマッサージすることによりリンパの流れを良くし、マッサージすることにより抜け毛を減らします。

洗髪の時にシャンプーをなじませる際にマッサージすることで、頭皮の血行を促し、頭皮環境を整えます。

  • 指の腹で頭皮全体をもみほぐした後、指の腹を前髪の生え際から頭頂部に向かってすべらせます。(5回程度)

  • 指の腹を側頭部の髪の生え際から頭頂部に向かってすべらせます。(5回程度)

  • 親指で首のつけ根にあるくぼみを押してから、4本の指を頭頂部に向かってすべらせます。

  • 指の腹で、リズミカルに頭皮をつかんで離すを繰り返し、頭全体をマッサージします。

  • 左右の耳の延長線の中央にあるツボ(百会(ひゃくえ))を、中指と薬指の腹で押します。

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア