200px-trichotillomania_1

ストレスで薄毛になるのか? 

ストレスと薄毛には密接な関係があります。
ストレスがもとで円形脱毛症が起きたりすることでもストレスと抜け毛は大きく関係
しますまた男性型脱毛症にもこのストレスは関係してきます。

またストレスは目に見えなく知らない間に体に影響を及ぼします。

心身がストレスを抱えてしまっている場合、精神的なものから肉体的なものまで様々な症状が起こりうる可能性があります。
初期に現れる症状は、目の疲れや食欲不振、立ちくらみなど人によって様々な異常が症状として出たりします。

しかし、ほとんどの人はストレスではなく軽い風邪や貧血によるものだと勘違いしてしまうので根本的な解消をできずに長期間にわたって悩まされるケースもあります。
慢性化してしまうと、体の一部が麻痺してしまったり、少しのことでイライラしてしまう性格になってしまうこともあります。

ストレスで薄毛が進行してしまう原因は複合的で全てが明らかになっているわけではありませんがこの中でもストレスと薄毛について大きく関係してくる原因をお伝えしたいと思います。

ストレスと男性ホルモンの関与による説 

まず薄毛の原因でも大きな原因の一つであるホルモンの関係について解説したいと思います。

薄毛の原因でもある毛乳頭や皮脂腺にある5αリダクターゼという悪玉酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合してDHT(ジヒドロテストロン)に変化してこのDHTが毛根の下にある毛母細胞の活動を停止させて脱毛が起こると考えられています。

5αリダクターゼとはどのような成分なのかがこちらで分かりやすく解説してあります。 

5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素です。
1型と2型があり、2型5αリダクターゼがより強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を生成すると言われています。
AGAは、テストステロンが5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのが原因で起こります。
生成されたジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです

湘南美容外科クリニックルネッサンスより引用
https://www.rs-clinic.com/menu/aga_5a.html

ではなぜジヒドロテストステロンは増えるのでしょうか?
実はテストステロンの量には大きな個人差はないと言われています。
そのため、原因は5αリダクターゼにあると考えられるのです。5αリダクターゼの分泌量は個人差が大きく、5αリダクターゼの量が多い人ほどジヒドロテストステロンも多くなる傾向にあります。
  また、5αリダクターゼには1型と2型がありますが、特に2型5αリダクターゼの方がジヒドロテストステロンを多く生成すると言われています。

男性ホルモン自体は薄毛の原因となる悪いホルモンではありません。

男性ホルモンと5αリダクターゼと結合するとジヒドロテストステロンというDHTと言われる悪玉ホルモンに変わり髪に悪さします。

このテストステロンは男性の生殖器の発達にかかわるホルモンで男性全員にこのホルモンがあり男性が大人に成長するときに現れる声変わりや筋肉量にも深く関係しています。 

身体は強いストレスの高い状況におかれると身体の代謝機能が低下して、血流が悪くなる事が知られています。
これにより末梢神経の血行も悪くなり、前頭部や頭頂部の血流量が減ります。


体は血流量を増やすためにその血流量を増やす効果も兼ね備えるテストステロンの分泌量を増やすのです。

テストステロンの分泌が増えると男性ホルモンと結合してDHTが増加してそれが原因て薄毛が進行してしまうと研究されています 

 

ストレスにて薄毛になってきたのか?
もしくはAGAが原因で薄毛になってきているのか見極めが個人では判断できない事が殆どです。

そのような場合には一人で判断するのではなく、毛髪専門医に相談してカウンセリングしてもらう事が大切ですし、何より毛髪専門医によるアドバイスは一人で悩み色々な育毛法を試して効果が出ない方には最適です。

個々の薄毛症状にあわせた育毛法が相談できアドバイスしていただけます。

詳しくはこちら

加曾利医師と発毛診断士による育毛プロジェクト

 

ストレスがなくなると髪は生えるのか? 

結論からお伝えしますとストレスによる円形脱毛症に関しては強いストレスが取りさられると自然に髪が生えてきます。
ストレスの原因を取り除いたり、ストレスを溜めない生活を送ったりすることで、一度抜けてしまっても、また再び新しい髪が生えてきます。

しかし男性型の薄毛AGA)とストレスによる薄毛が関与しているとストレスが軽減されても発毛には結びつきにくいです
今の世の中ではストレス社会で全てのストレスを無くすという事は無理があります。

また最近では男性だけでなく女性の抜け毛の悩みが多くなっています。女性の抜け毛の原因として増えているのが、ストレスによるものです。

では、どうしてストレスによって抜け毛が起こるのでしょうか。

adult-1850268_640

人は、強いストレスを受けると、自律神経が乱れます。
自律神経が乱れることで、交感神経が優位な状態になり、身体は緊張状態、血管が収縮し、血流が悪くなってしまいます。

これは、頭皮にも影響を与え、頭皮を固く、そして、血流が悪い状態にしてしまうのです。すると、頭皮に十分な血液が送られず、栄養不足になります。

また、このストレスは、髪の成長に欠かせない亜鉛を大量に消費してしまいます。これも、髪を弱らせ、抜けやすくしてしまうのです。
さらに、自律神経の乱れによって、ホルモンバランスを崩してしまう恐れもあります。

男性ホルモンが増えることで女性はホルモンバランスが崩れ、より抜け毛を増やしてしまうのです。

例えば、男性の場合ではなんらかのストレスが原因で抜け毛が多くなる場合は、ホルモンバランスが崩れてしまうケースがあります。
これはAGA男性型脱毛症と呼ばれる症状で、頭の頭頂部や前髪部分が抜け毛になってしまうと言う状態です。いわゆる男性に多くある薄毛状態がこれになります。

女性の場合の場合では、髪の毛に過度なストレス状態を与えると抜け毛になることがあります。特に、女性は偏ったトリートメント剤やパーマヘア、カラーリングなどのヘアケアをする傾向があるので、シャンプーやリンス、トリートメントに有害な強い成分が含まれていたり、カラーリングやパーマを繰り返すと健全な育毛が出来なくなります。

これは、粃糠性脱毛症・脂漏性脱毛症という過剰な皮脂分泌により頭皮トラブルにもなりやすく、抜け毛の原因になります。

強いストレスにより薄毛になる事がわかりますからストレスとの向き合い方やストレスから守る日々の気持ちの持ち方も必要となります。 

ストレスを解消する睡眠 

髪が生えたり成長するにはしっかりした睡眠が大切です。


また睡眠不足は脳の疲労や体の疲労にも大きく関係してきます。眠れない、夜中に起きてしまう、昼間に急激な眠気が襲ってくるなどの不眠症状を始めとする睡眠障害。

日本では、成人のうち5人に1人の約21%が不眠に悩んでいるともいわれています。

この問題の背景には、ライフスタイルの多様化や、人間関係や長時間労働など生活スタイルの変化、ストレスなどが関係しているとされています。

このストレスがホルモンバランスを崩しやすくしますのでホルモンバランスの修復には睡眠が一番です。

人間の成長ホルモンは20歳を境に年々減少していきますので成長ホルモンの分泌を増やす事で髪が成長しやすくなります。
肌や内臓の修復を行う成長ホルモンは、入眠後の初めの3時間の間に多く分泌されるので、この時間の睡眠が深くて良質なことが大切。

寝る前のスマホやパソコンの光は、体が活動するときに働く交換神経を優位にし、睡眠を誘発するホルモン「メラトニン」の分泌を抑制してしまうので、眠りの質を悪くしてしまいます。

成長ホルモンは睡眠している時に分泌されます
この成長ホルモンの分泌が沢山分泌される時間のゴールデンタイムは22時から2時になります。

この時間は脳の副交感神経が活発に働いていて成長ホルモンがたくさん分泌されていますので髪の修復にも成長も促進に結びつきます。

睡眠とストレスは深い関係にあります。

常にストレスの多い状態だと夜遅い時間になも緊張状態が収まらず眠れないことが多くなります。
眠りにつく前にする行動によって自然な睡眠を取ることが出来て睡眠の質も良くなります。


出来るだけ寝る前は気持ちをリラックスさせてストレスを極力減らし体温を上げる事により自然な眠気を感じるように寝床に入る前の1時間から2時間前にゆっくりとのんびり入浴する事が気持ちのリラックスと体の体温を上げる事が出来ます。

 このゴールデンタイムに睡眠をとるかによって髪の成長や成長ホルモンの分泌によりサーカディアンリズムも整います。

 サーカディアンリズムとは何か?

地球上の生物には全てサーカディアンリズムといわれる24時間繰り返し行なわれる生理現象があります。人間の生活にはリズムがあり、睡眠は、この「体内時計(サーカディアンリズム)」によってコントロールされています。


動物や人間ならば睡眠や朝に目覚めるという自然な現象ですが体温やホルモン分泌などをサーカディアンリズムにより保たれています。

bed-945881_640

サーカディアンリズムについては独立行政法人理化学研究所
独立行政法人科学技術振興機構でも詳しく研究されています。http://www.jst.go.jp/pr/announce/20121017/

このサーカディアンリズムか乱れると体が不調を出します


海外旅行に行くとなる時差ボケもサーカディアンリズムが乱れた事による体調不調の一種です。
長くこの乱れが続く生活をしていると不眠症やうつ病を引き起こす可能性もあります。

このサーカディアンリズムが強いストレスなどにより睡眠不足、夜ふかしにより乱れるとリズムの調整が出来なくなり髪にも影響が出やすくなります。
サーカディアンリズムの乱れを無くすのは規則正しい生活でゴールデンタイムに質の良い睡眠をとる事が重要です。 

まず睡眠ホルモンそのものであるメラトニンの分泌を促進させる。メラトニンは良質な睡眠には欠かせない成分の一つです。
メラトニンは、朝日を浴びてから約14~16時間後に分泌を開始するといわれています。朝8時に起きれば、だいたい夜の10時から12時ごろにメラトニンが分泌されます。
そういう習性があるのです。そのため毎日、同じ時間に眠気が出てきて、眠ることができるのです。

週末などに寝だめと称して、朝の太陽の光を浴びないでいると、もともとの体内時計のリズムである25時間が修正されないことに。そうなると、そのぶん夜に寝る時間が遅くなります。

こうして朝寝坊が習慣になると、ますますリズムが夜中にずれこんでいき、明け方にならないと寝付けない夜型リズムになります。この場合の睡眠改善のポイントは、とにかく眠くても早起きし、太陽の光を浴びること それによって、その日から寝つけるようになっていきます。

睡眠ホルモンであるメラトニンは、体温と反比例の関係にあります。
昼間、体温が高いときは、メラトニンの分泌量は少なくなります。反対に、夜間、体温が下がってくると、メラトニンの分泌量が多くなってくるのです。

睡眠前に控えた方がいいのは? 

まずカフェインの入ったコーヒーや緑茶はカフェインの覚せい作用で眠気が覚めますので寝つきが悪くなります。

お酒などぬはなアルコール類は適量が体の血行も良くなり緊張状態もほぐれやすくなりますがアルコールが体の中で分解されてしまうと眠りが浅くなる傾向がありますので出来るだけアルコールに頼らない睡眠を心掛けるようにしテレビやパソコンなどの光は睡眠に必要なメラニンの分泌を抑制させてしまい自然な睡眠と寝つきを悪くしますから夜のパソコン作業は就寝1時間前には終わらせるようにしましょう。

 

 

 

 

 

Deeper チャップアップサプリ(ハゲない) FAGA 1 フィンジア